« 準備完了:もう一つのジョンロブ | トップページ | やはり褒めることがマネージメントの一環なのか? »

2010年6月 9日 (水)

アメリカで働いていたのかも知れない?

何かまた中国って、それはそれで疲れるんですね。正直空気悪いし、人多いし。

で、その前ということで上司がベルギーから来て一日打ち合わせ。というかだべり。そこで何かアホな話が出てきましてね。

今の会社、アメリカに本社があるとても古い(100年以上の歴史)会社なんですが、ある製品でアメリカでの製品拡大の話が出ているんですな。ところがその製品はアメリカに足場が無く、まずは誰かがアメリカ市場を開拓する必要が出ているんだそうです。で、上司曰く、

「実はお前が候補だったんだけど、アジアで忙しくなっちゃったからその話が無くなった」

らしい。

アメリカの会社で、アメリカ市場開拓ならアメリカ人がやりゃいいじゃねえの!

ほんと、何考えてるんだか…(既に不要人員か?)。でも、もし今の仕事がそんなに忙しくなかったらアメリカに行っていたかもしれないわけで、それはそれで面白いかもしれない。オールデンの靴は買えるし、バンドは色々と見ることが出来るかも知れないし、でもなあ、金髪には興味ないし。

仕事だっての。

|

« 準備完了:もう一つのジョンロブ | トップページ | やはり褒めることがマネージメントの一環なのか? »

コメント

一瞬アフリカに見えました。(笑)

投稿: elmar35 | 2010年6月12日 (土) 18時31分

elmar35さん、

時節柄いいんじゃないですかね、アフリカ。エジプトしか行ったことないし、行ってみたいですが働きたかあないですなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年6月14日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/48585791

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで働いていたのかも知れない?:

« 準備完了:もう一つのジョンロブ | トップページ | やはり褒めることがマネージメントの一環なのか? »