« 徹頭徹尾無駄な買い物をしますた(涙) ヴィニームーアなんてできるかよ! | トップページ | 一番辛かったのは誰なのか、それが大事なんじゃないか? »

2010年8月 4日 (水)

トンカツ名店に挟まれたところにあえて出撃:熟かつ亭(東京・蒲田)

この猛暑にも関わらずライトブリンガー・Fuki嬢祭りは続いているわけですが、今日は営業の関係で蒲田に。蒲田と言えばトンカツの名店である丸一と鈴文があるわけで、「こりゃ行かなきゃ」と行ってみると

二軒とも休み…

ぐおるあああああ
!!!!

となると、どうしてもトンカツを食わなきゃ仕方ないわけです(なんで?)。ということで、蒲田の駅ビルを覗くと、一軒ありましたよ、トンカツ屋。
Sn3e0281
とりあえずの突撃です。

このトンカツ屋、熟成肉の「やまと豚」というのを使用しているのがウリのようです。当然その肉で行きましたよ。中の定食で1650円とちと高めかな?
Sn3e0280 Sn3e0278
ご飯とキャベツはお替りできます。肉も標準的な量ですかね。

さて、さくっといきますか。
Sn3e0279

ん?

これはまた初めてな食感。なんというかかなりジューシーな柔らかさ。正直なところ「え、脂?」という歯応えなんですが、ちゃんと肉になっていて、この柔らかさは未体験。

最初は塩で食べて、その後にソースで頂きました。いや、これはかなりいい肉だと思います。が、こういう柔らかい肉であればもう少し揚げを固めにした方がいい気がします。しつこくなりすぎるんですね。あと、ずっと塩で食べた方が良かったかも知れない。

私はどちらかと言うと「ガツン」という歯応えのトンカツが好きなんで少し好みからは外れています。が、この肉が良い!という人もいると思いますし、変な話、少し冷えて柔らかさが取れた部分を食べると美味いんですね。いやあほんとに良い肉だと思う。上品なタイプ(成城の「椿」とかに近いのか?)ですな。

恐らく蒲田の二大名店に挟まれて店をやるためには、こういう個性を出していく必要があるんでしょうね。

こういう店にもちゃんと足を運んでおきたいと思う今日はメタボ上等!な日です。

やまと豚 熟かつ亭
東京都大田区西蒲田7-68 グランディオ西館7F
Phone 03-5856-0002

|

« 徹頭徹尾無駄な買い物をしますた(涙) ヴィニームーアなんてできるかよ! | トップページ | 一番辛かったのは誰なのか、それが大事なんじゃないか? »

コメント

トンカツ1枚にこれだけの表現能力を駆使して惜しむところなしのドイツさん。潔し。
やまと豚の食感はよーく伝わりましたよ。
しかし、トンカツほんとに好きなんですね。

投稿: トネリコ | 2010年8月 5日 (木) 04時53分

トネリコさん、

いやあ、「性愛と食事は表現が限られる」という話がありますが、ほんとに難しいですよね。しかも100人いれば100人の感覚があるわけで。

私の感覚が正しいのか、それは分からないですねえ。ただ、好きなことを好きなように書いているだけなんで。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年8月 5日 (木) 19時58分

「好きなことを好きなように書いている」

それが凄いンですよ!
本当に難しいのは、そういうことではないでしょうか。

感じたままを、そのまま書く。

有名な話で恐縮ですが、最晩年のピカソは「この歳になってやっと子供らしい絵が描けるようになった」と言ったそうですよ。

投稿: トネリコ | 2010年8月 6日 (金) 19時02分

トネリコさん、

そうは言いながら、色々と気に掛ける表現とかはありますね。全く自由な書き方は中々できないですし。ピカソとは違います、ずーっと子供ですから(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年8月 7日 (土) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49061849

この記事へのトラックバック一覧です: トンカツ名店に挟まれたところにあえて出撃:熟かつ亭(東京・蒲田):

« 徹頭徹尾無駄な買い物をしますた(涙) ヴィニームーアなんてできるかよ! | トップページ | 一番辛かったのは誰なのか、それが大事なんじゃないか? »