« 賢人、暑さで暴走する | トップページ | なぜ許容が出来ないのだろう? »

2010年8月 8日 (日)

革製品の色味を合わせる難しさ(その2)

先日アップした革製品の色味の記事、別の色を合わせてみました。とはいっても持っているものを組み合わせているだけなんですけどね。
P8070195
やはりトイカメラモードで、ってちょっと色飛んでますけどね。

これ、素材が微妙に違うんですなあ。

P8070198
これが通常モードでの撮影、やっぱ難しいなあ、カメラは。

バーガンディーという色で統一させたつもりです。が、ベルトと時計ベルトはコードバン、靴はカーフと材質が違います。まあ色味自体は前回紹介したライトブラウンよりも合ってるんじゃないかな?とは思います。

このバーガンディーって色は結構重宝する色で、スーツでもグレー・ネイビー・ブラウンどれでも合わせやすいし、カジュアルでもフォーマルでも行ける。私自身この組み合わせは結構なヘビロテになっています。

相変わらず着てる奴はデブですが(涙)。

|

« 賢人、暑さで暴走する | トップページ | なぜ許容が出来ないのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49093841

この記事へのトラックバック一覧です: 革製品の色味を合わせる難しさ(その2):

« 賢人、暑さで暴走する | トップページ | なぜ許容が出来ないのだろう? »