« そろそろ毒が出てきた:「蔦からまるQの惑星」(筋肉少女帯) | トップページ | 夏の色味を考えた »

2010年8月19日 (木)

週に二回英語でネタ探し…ってか?

もし駄目だったらごめんなさい、と先に言っておこうと思います。

自分で「本当に俺は英語で15年も仕事してきたのか?」というくらいひどい英語力なわけで、これではまずい、といつも思っているわけですが、中々出来ないのが英語の勉強。

んでもって、「何か強制的なものを考えないとなあ」ということで、タイトルのようなことを考えた今日はデブには厳しい残暑の季節。

なあ、大丈夫か?俺?

これには一つ理由があって、最近よく読んでいるysjournalさんの記事を見て、「発信するものが違うなあ」というなんとも大きな差を感じたわけでして、せめて自分が興味を持ったり仕事で関係あることをもうちっとアウトプットしたいな、という思いに駆られたこと。いや、たいしたことを考えているわけじゃないし、英語ったって日本語で結構読めたりするんですが、まあそこは「気は心」ということで。

挫折しても怒らないで下さい。多分Fuki嬢の歌声が他のことを進めないかもしれないし…。

完全に言い訳モードですね、まだやってもないのにwww

|

« そろそろ毒が出てきた:「蔦からまるQの惑星」(筋肉少女帯) | トップページ | 夏の色味を考えた »

コメント

ドイツ特派員様
最近、貴ブログでいろいろと取り上げてもらって、感謝しております。

私は語学の才能が無く、アメリカに住んでいる事で日本語を覚える様に時間を掛けて学習してきました。(自分のブログのどこかで書いたのですが、日本の受験勉強は非常に役に立っています。)読むことは好きなので、英語を読めだしてからは、日本語と同じ感覚(量も)で読んでます。

日本に居る頃、TimeとかNewsweekとかカッコつけて購読していた事があるのですが、お金の無駄でした。今は、インターネットがあるので便利ですね。(只ですし)

日本人は、なぜか勘違いして英語で書かれたものは全て正しいと思う事が多いので、情報源を厳選する事をお勧めします。(英語ネイティブの英語Eメール(当たり前ですが)で、論理が滅茶苦茶、意味不明のものが多々あると言えば、雰囲気を分かっていただけるでしょうか?)

支離滅裂ながら、一応頑張ってくださいと言っているつもりです。健闘を祈ります。

投稿: ysjournal | 2010年8月20日 (金) 02時43分

ysjournalさん、

ご指導有難うございます。私の場合、語学系大学を出たにも関わらず、本当に語学が嫌いで困ったものです。

英語についてはまた色々言いたいことがあるのですが、英語であれ日本語であれ、理屈が付かないものはあります。楽天の三木谷社長が、「英語のほうが理論的だから」と言ったのには、「あなたほどの教育を受けた人が…」と唖然としました。日本人だから日本語がみんな上手いわけではないのと同じでしょう。

後押し有難うございます。支離滅裂どころか、非常に有用です。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年8月20日 (金) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49193577

この記事へのトラックバック一覧です: 週に二回英語でネタ探し…ってか?:

« そろそろ毒が出てきた:「蔦からまるQの惑星」(筋肉少女帯) | トップページ | 夏の色味を考えた »