« そんなに日本は悪いのか?(一般化の危険その2) | トップページ | やはり中国恐るべし:風力発電ですって »

2010年8月21日 (土)

さてさて、作曲ソフト

何とか新しいマシンもそれなりに軌道に乗ってきたわけですが、一つまだ手をつけていないものがあって、それが音楽ソフト。今まで使って(というほど使ってないが)いたAcidはWindows2000の頃からだからあっさりあきらめて、心機一転新しくしようと思っています。

ところがここで問題が。

うちのWindows 7、64ビットバージョンなんですが、どうも音源系のドライバーはまだまだ64ビットに対応していないようなんですね。いや、ちゃんとショップの店員にも確認したんですが、やはり駄目ですねえ、自分で調べておかないと。

今はCubaseにするかAcidにするかなんですが、とあるプロの方から、「Cubaseの方が使いやすい」という情報があり、Cubaseに傾いています。その方曰く、「どのソフトもプロフェッショナル版とライト版があるが、サントラ作るわけじゃないんならライト版で十分」だそうです。

しかし恐ろしい世界だな、と思うのは、今から10年ちょい前に音楽制作の現場に入って、「これぞ高価だがプロユース」といわれたProtoolsが、もう数万円で我々が手に出来る、ということ。テクノロジーの進化というのはかくも早いわけです。ですが、音楽が進化したりしているのかはまた別の問題ですがね。

それ以前に己の実力だっての(涙)。

|

« そんなに日本は悪いのか?(一般化の危険その2) | トップページ | やはり中国恐るべし:風力発電ですって »

コメント

どこまでやるかによるんだろうけど>音楽ソフト。
昔凝って飽きて放置、そしてまた今手を付けようか、などと思ってみてもよくわからん(笑)。Midiどこまで使う?サンプリングどこまで?結局Mac使いはGaragebandあればできるだろ?って感じかな。インターフェースだけ揃えればギター弾きまくれればいいか、と(笑)。

投稿: フレ | 2010年8月21日 (土) 21時51分

フレさん、

最後の一文ですべて言い当てられている気が(笑)。結局ギター弾きだし、Fuki嬢が歌ってくれるわけではなしww。バンドの連中と同じソフトで交換しながら作り上げる、というのはありかも知れないですね。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年8月22日 (日) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49211893

この記事へのトラックバック一覧です: さてさて、作曲ソフト:

« そんなに日本は悪いのか?(一般化の危険その2) | トップページ | やはり中国恐るべし:風力発電ですって »