« Light Bringerのチケットが来た | トップページ | YouTube恐るべし、でIron Maidenデモテープ »

2010年9月26日 (日)

中国とのこじれた関係について

現在大問題になっている日中の尖閣諸島問題、私には更に色々なことを考える機会になっています。

私が全く分からないのは、あのタイミングで中国側に取調べで捕まっているフジタの社員の件を、何故交渉の手立てとして使わなかったのか?ということ。「交渉」という点については、実際に社員の方に失礼な言い方であるのは重々承知で、更に実際にはそれほど重篤な法に触れていないという前提ですが。だって考えてみれば、軍事施設がそんなに簡単に写真撮影できるとすれば、その管理の方が問題であって、普通はそんなところに易々と立ち入れないですって。むしろこの点を考えると、もしかして今回の釈放、本当に検察が何も分からず独自で判断したんじゃないか?という気さえします。ま、だったら政府が検察に「そんな判断は政府でする。勝手な判断で釈放などするんじゃない」と怒るのが筋なんですが。

一時期レアアースの輸出停止か?で騒ぎましたよね。これもよくよく考えてみれば、あの報道が出たときには中国は中秋節で休みなんですよ。更に直ぐ国慶節を迎える時期ですから、只でさえ税関は混み合っているわけで、そりゃ多少の遅れは出るでしょう。「冷静な判断」というのは、そういうところで少し様子を見る、ということではないか、と思うんですがね。実際悲願の一つとしてWTOに加盟した中国が、その条約内容に違反する行為を目に見えて行なうというのは考えにくい。それは、別の形でやってくるんじゃないか、と思うんですね。また、「領土問題を国際司法裁判所に申し立てたい」という話もあるんですが、元々あそこは米国支配下の沖縄で米国が統治していた地域ですから、そこに出れば寧ろアメリカの正統性に問題が出てくるわけで、むしろ中国には不利になるんじゃないか、と思っています。

アメリカはこの件を歓迎している、という報道がありますが、そりゃそうですね。不要な火種はいらないし、これで終われば寧ろシーレーン防衛で軍事強化に持っていけるわけで、沖縄基地問題も寧ろ良い方向に持っていけるかもしれない、くらいには思っているんじゃないかな?もう一つ、中国大使の丹羽宇一朗氏の話が出てこないことが気になります。もう関係ないとはいえ、彼は経済で食ってきた人ですから、そちらに余り引っ張られた発言は困るな。

この問題については、いくつかのアメリカ関連の記事を読んでみました。

日本、中国人船長を釈放(VOA)
中国、船長釈放後に謝罪要求(AFP-Yahoo!)

少し面白いな、と思ったのはVOAの記事。後半でいくつか挙げられているんですが、今回の行動が余りにも幼稚じゃないのか、更に他のアジア諸国にも良い印象を与えないんじゃないか、という点が指摘されています。この点は私が感じていることと結構近くて、中国だってそういう印象を与えるとロシアやインドとの関係が悪くなるんじゃないか、と思うんですよ。特にインドは核をいう懐がありますし、下手すりゃロシアだって敵に回しかねない。その関係をレアアースという武器だけで何とかする、というのには無理があるんじゃないかと思うんです。中東も石油だけで何とかなっているわけじゃないのと同じ。ただ、昨年読んだ「The new silk road」という本であったように、中国が中東と手を結んで行くと、かなりの部分は支配的になる可能性がある。

これからどうなるのか、予断を許しませんが、我々に出来ることって何かな?ということを考えています。別にまとまってはないのですが、個人レベルへの反感などに落とし込まないことは最低やらなきゃならないことですね。あと、やはり日本以外でも働ける能力は持たなきゃいけない。結局どこに行っても何らかの問題はあるわけで、それに立ち向かうのも一つですが、そこから上手く逃げて立ち回る、というのもアリだと思いますし、このような国際政治で事が起きたら個人で何かしようと思っても無理。後は中華圏での知人友人は作っておいたほうがいいでしょう。彼らは二層三層で事を動かすでしょうから、表とは別のことが分かってくることも多い。

少し分からないのは、良く評論家なんかが、「冷静な対応を」って言うじゃないですか。それってどういう対応をすれば良いんですかね?穏便に?対話と圧力?本当に分からないですね。

後世がこの事件をどう位置づけるのか分かりません。ドリュフュス事件のようになるのか、盧溝橋事件のようになるのか、はたまた忘れ去られた事件になるのか。正直、忘れ去られた状態になって欲しいというのが希望ですが。

|

« Light Bringerのチケットが来た | トップページ | YouTube恐るべし、でIron Maidenデモテープ »

コメント

尖閣諸島における船長逮捕問題は、下記の解釈がなされています。

この事件は突発的な事件ではなく、外交戦略の欠如した日本に対して仕組まれた事件です。

まず第一に、船員がビデオを携帯し、撮影まで行っていた点です。
ビデオは漁民にとっては決して安くない製品です。そのようなビデオを、壊れる危険の高い漁に持って行くことはありません。

第二に船長が衝突したことだけを認めて、その後黙秘を貫いた点です。逃げるだけであれば船を体当たりさせる必要はありません。また船を体当たりさせると、自分の船にも大きな損害が発生します。その損害を知りつつ感情的な行為に走るほど短気な漁師が、法治国家でのみ認められている黙秘権を使うことはできません。

本事件の狙いは、中国政府と日本政府との間で尖閣諸島の領有権(国境線)を明確にしてもらうことです。国境線が明確にならなくても、中国企業の活動が制限されないような状態にすることが目的です。

黒幕は、当然ながらそれにより利益を得る者であり、それは国境周辺における営利活動に制限を受けている企業関係者(その企業から利益を受ける権力者)です。

黒幕は上記の目的を達成するために、中国政府に尖閣諸島の領有権を主張してもらう必要があり、このような事件を仕組む必要があったのです。

日本の海上保安庁としては、故意に体当たりしてきた船長を逮捕するしかありません。

中国政府としては、尖閣諸島を自国の領土だと主張している以上、船長逮捕に対して日本政府に異議を訴えるしかありません。
そして、中国政府の異議に対して無視する日本政府に対して何らかの対抗策を取るしかありません。
この問題を放置すれば中国国内の不満が爆発します。中国政府が内部分裂を抑えるために進めている愛国心教育が無駄になってしまします。

漁船による体当たり以降、原理原則を貫く中国政府と外交戦略のない日本政府の間で、このような話の流れになることは、黒幕は容易に予測できたと思われます。

中国政府のトップが黒幕となることはありません。中国が尖閣諸島周辺を実効支配することによって得られる利益と失う利益(中国政府への不信感)を比べると、現時点で尖閣諸島周辺を実効支配することが得策ではないことを知っています。

尖閣諸島問題に対して強硬な姿勢を貫くと、"Xday"の噂が絶えない中国経済においては、一気に海外からの投資が減るリスクを抱えています。一旦、経済成長率が低迷すれば、タイのような経済危機まで陥らなくとも、投資資金は中国から流れ出してブラジルやインドなどの他の国へ向かうでしょう。その結果、深刻な不況から抜け出せなくなります。

中国には、国民体の利益を優先する政治家と自己の利益のみを優先する政治家が混在しています。国民体の利益を優先する政治家は、国民の生活水準を向上させるために、海外からの投資を活発化させるための政策を望み、自己の利益のみを優先する政治家は大きな権益が得られる政策を望みます。

今後、原理原則を貫くため、また時には国民の不満を解消するために、中国政府は海外の人から見れば首を傾げるような発言や政策もあるでしょう。だからといって全ての中国人が同じ考えではありません。将来の歴史書において、胸を張って自慢できる行動を目指している中国人リーダーも多いのです。

投稿: 尖閣諸島 | 2010年9月26日 (日) 14時58分

尖閣列島様、

正直当方では中々にこれ以上突っ込める問題でもなく、当然説明頂いた筋書きは可能性として留保すべき内容と思います。

まだまだ分からないことが多いのですが、自分なりの判断が何かを考えると、立ちすくむことも多い今日この頃です。が、結局は自分の頭で考えるしかない、という結論に至っています。

その一助としての詳しい説明を頂き有難う御座います。


投稿: ドイツ特派員 | 2010年9月26日 (日) 17時34分

 何だか嫌な気分だけが残る事件でしたねえ。私は世間の水準で言うとややリベラル寄りかな? という頭の中身だと思うんですが、それでも今回の駄々っ子みたいな中国の対応には腹が立ちました。

 「結局まだ民主的な近代国家というには程遠い国なんだなあ」というイメージを世界に露呈したことになるんじゃないかと思うんですが、中国のちゃんと良識ある人はその辺をどう考えているんだろう。

 前の大きな戦争から60年しかたってないのに、まだ領土とか領海で国同士がもめるのか、と思うと、人類って全然進歩しないな、と暗い気持ちになります。こんなに狭い地球に大勢でひしめきあって暮らしてて、地球そのものが駄目になりそうだ、って時代になってるのに。

投稿: しまうま | 2010年9月27日 (月) 11時36分

しまうまさん、

そうですねえ、私はやはりそういう後進性を露呈した中国、それに対して交渉もない日本、という両国にとっての恥さらしのような感じがしてなりません。しまうまさんと同じで、恐らくそれほど保守的でもない私ですが、今回の出方は、ねえ。

ただ、中国からすると、「たった60年しか経っていない」前の戦争という意識なんでしょうね。

その先にある世界って何なんだろう、ということを考えてしまい、暗澹となってしまいます。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年9月27日 (月) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49566310

この記事へのトラックバック一覧です: 中国とのこじれた関係について:

« Light Bringerのチケットが来た | トップページ | YouTube恐るべし、でIron Maidenデモテープ »