« 帰国、そして西方より新たに客人(モノ)あり | トップページ | イタリア食い倒れ日記=その2、トリノ回廊編= »

2010年11月 8日 (月)

イタリア食い倒れ日記=その1、ミラノ裏通り編=

さて、今回の欧州出張、仕事は仕事として、中にイタリア旅行を入れました。元々11月1日は全ヨーロッパ的に休みでして、それが土日に繋がる月曜日で三連休。で、火曜日まで勝手に休みを入れて行ってきましたミラノとトリノ。

Pa300592

で、イタリアといえばそりゃイタリア料理。食ってやるぜ!


ミラノにはいつも泊まっている定宿的なホテルが二つあるんですが、それがどちらも中央駅に近いところなんです。で、観光ガイドなんかにも中央駅付近のホテルやレストランは余り書かれていない。実際ショップがあるわけじゃないし、確かに中央駅は大きいんだけど、あれは確かムッソリーニが自分の権力を示すために作った比較的新しい建物。

ですが、実はこの中央駅から少し入ったホテル(ちなみに定宿の一つがHilton)の裏には、小さいながらもいくつも中々なレストランが並んでいる通りがあるんですね。

Pb020659

こんないかした車もまだ現役。

Pa300558

この店は、ミラノに行くと必ず行くトスカーナ料理の店。まあ別に地方料理だけど美味しいから良いや、という感じ。本当にこじんまりしたトラットリア。

Pa300552

ホワイトバランスと取る、ということをこの後学んだ馬鹿野郎ですが、まあこんな感じ。で、おひとり様で酒が飲めないもんで、前菜とリゾットで。

Pa300544

このハム盛り合わせが800円くらい。正直これだけでもいいくらい。で、どのくらいかというと、こんな感じ。

Pa300550

なんすか、この厚みは?

Pa300555

ま、これくらいサフランが効いている黄色ということで(笑)。それにしても美味い!これにパンと水とちょっとした揚げせんべいみたいなクラッカーが付いて2500円くらい。

Pa300541

ミラノというのは、市場にイタリア中の食材が集まるので、非常にレストランの質が高いのだ、というのを現地のイタリア人から聞いたことがあります。内陸であっても魚は集まるから魚介料理もいける、ということだそうです。

もしミラノに行く方がいらっしゃって、ぷらっと中央駅辺りに居る、ということならHiltonホテルから入ったVia Generale Faraという通りにレストランが集まっていて、結構良いですよ。

ということで、次回はもう一軒のミラノ料理行きます。

と思ったけど面倒なんでトリノに行きますww


|

« 帰国、そして西方より新たに客人(モノ)あり | トップページ | イタリア食い倒れ日記=その2、トリノ回廊編= »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/49974152

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア食い倒れ日記=その1、ミラノ裏通り編=:

« 帰国、そして西方より新たに客人(モノ)あり | トップページ | イタリア食い倒れ日記=その2、トリノ回廊編= »