« 落ち着け、俺!(Light Bringerのライブなんですって) | トップページ | 青い鳥は居ないと心得る(マーケットの現場から) »

2010年11月18日 (木)

英語を話すということ=まずこの辺を目標に=

今や英語というのはどうも必須なことになっているようです。何の因果か私も欧州暮らしをしたり、仕事相手が海外だったり、挙句の果ては外資系で働いたりということで、この悩ましくも憎きものと格闘が日々続いています。

でも、「じゃあどの程度できたら良いの?目標はどの辺なのよ?」という話はあろうと思います。私もそれは今でも悩んでいます。

その中で最近、「とりあえずはこの辺まで使える英語を目標にして良いんじゃないか?」というものに出会いました。

(別に言語学的な考察やらはありません、あくまで私の感覚なのであしからず)

それは、名古屋グランパスのストイコビッチ監督。ちょっと画像を貼り付けます。

どうですか?

決してネイティブのような流暢さはないですが、ちゃんとしているし、文法的な破綻もない。質問に対しての回答も過不足はないですね。恐らく彼の回答は、英語力で言いたいことが少し狭くなっているかもしれないですが、それも含め「このくらいまず話せれば、充分意思疎通はできるよね」と感じています。少し繰り返すと彼の英語に関しては、こんなことを感じています。

1.難しい単語は使っていない
恐らくは語彙的にはかなり限られたものだと思いますが、それでもきちんと単語を選べば通訳の内容程度の会話は出来るわけです。
2.文法の大きな破綻がない
多少、時制について現在形になったりしているところはありますが、文脈を壊すような破綻はありません。
3.発音がはっきりしている
しっかり一音一音を話しています。伝えようという意思が分かる発音だと思いますね。

何故この辺りを目指せば、と考えたかといえば、

1.単語としては中学~高校初期の単語でまとまっている
2.その単語でも充分に(サッカーとしてですが)内容のある回答になっている
3.外資系の非ネイティブは、この位の英語でマネージャーの仕事をしている


ということでしょうか。特に3.については、別にみんながペラペラでもなく、例えば中国人やインド人のビジネスでの英語はこの位より少し上の水準、という人が主流じゃないでしょうか。あと、この程度の英語力があれば、少し頑張ればネイティブとの会話も問題ない。そりゃネイティブ同士が会話すると訳分からん、ということはありますが、彼らとて非ネイティブに話すときは多少は配慮しますから。

もう少し言うと、「話す」「読む」「聞く」「書く」で言えば、本来「話す」が一番楽なはずなんです。何故かと言えば、「読む」「聞く」というのは相手の土俵に入っていくことで、自分が相手に合わせなければならないところがある。「書く」については、やはりそれなりのフォームがあるので、それを覚える必要がある。それに比べて(あくまでとりあえず、ですが)「話す」というのは、自分が言いたいことを言えば良いし、言いたくなきゃ多少無口、と思われておけば良いわけです。よく、「中国人やアメリカ人は自己主張ばかり」という話を聞きますが、別にみんながみんなそうじゃないし、じゃあ喋らない奴が無視されるか、といえばそれはタイミングの問題で、四六時中だらだら喋っている奴より説得力があったりします。

いきなりCNNやEconomistと言われたら尻込みするし、中学英語ではねえ、という時でも、この位をまずは目標にする、というのは結構現実的で良いんじゃないか?と思います。当然アメリカの会社で中核のマネージメントとか言い出したらこれでは駄目でしょうが、まずはの目標ということで、ね。

と言いながら、日々英語で苦闘しているわけですなあ、私。

|

« 落ち着け、俺!(Light Bringerのライブなんですって) | トップページ | 青い鳥は居ないと心得る(マーケットの現場から) »

コメント

ここのところ息子の英語の特訓を買って出てますが、中学英語ってかなり奥が深いことに気付かされました。
高校英語って、実のところ構文が追加されてるだけで、基本は全て中学で習っているはずなんですよね。
要は子供時代の英語に対する動機付けが一番の問題じゃないかなと感じてる次第です。
・・そういう自分もロクに喋れませんが。(汗)

投稿: elmar35 | 2010年11月20日 (土) 19時44分

elmar35さん、

そうなんですよ、学校英語が物凄く否定されているんですが、私自身はあまりそうは感じていなくて、むしろ良く出来た教材だと思っていました。まあ当時英語が好きだったということもありますけど、やっぱり教材で嫌いなものを好きにするのは無理があるかもしれません。

ほんと、英語は年中悩みです。

投稿: ドイツ特派員 | 2010年11月20日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/50065768

この記事へのトラックバック一覧です: 英語を話すということ=まずこの辺を目標に=:

« 落ち着け、俺!(Light Bringerのライブなんですって) | トップページ | 青い鳥は居ないと心得る(マーケットの現場から) »