« 戦略オタク | トップページ | 漢の休息は多少の甘みが必要で »

2011年1月19日 (水)

手を変え品を変え、しかも意味不明

さて、最近展示会に行くと、行き帰りに若い人が寄ってきて、

「すいません、新人の研修で名刺を集めて来い、と言われているので名刺を下さい」

とお願いされます。ま、この名刺を集めること自体は本当に新人研修かもしれませんが、結局はマンションや不動産の勧誘電話に繋がるだけで、鬱陶しいことこの上ない。さすがに最近は主催者も「そういう輩は無視してください」と言っていますが、今日ブースで新たなやり口が出てきました。

私がブースに立っているととある女性がいきなりやってきて、こんなことを言い出すわけです。

1.私はフランス人上司の付き添いでここにいる
2.実はそのフランス人は英語が殆どできない
3.だが、日本の企業と話をしないといけない
4.そのフランス人から「英語の出来る日本人の名刺を集めて来い」と言われてここにきた

......


もう爆笑に近い意味不明(笑)。実話ですよ、実話。しかも断ったら偉く怖い顔して立ち去りました。

一体何がしたいんだろう?ただどうも名刺を集めているのははっきりしているわけで、だったらもう少し上手い手を考えればいいのに、と思うのは私だけ?

展示会って実はその展示に関係のない連中(例えば人材を探しているヘッドハンターとか)が結構います。いや、それも飯の種だからいいんですけど、もうちょっと考えてやったらいいのに、と思うのは私だけじゃないと思います。

可愛い女性だったら考えてもいいけど(笑)。


|

« 戦略オタク | トップページ | 漢の休息は多少の甘みが必要で »

コメント

古典的ですが、私も展示会に代理店発掘とセールスのために出没してた頃があります。

ブース持つより、安上がりで、気楽でした。成果は怪しかったのですが、コストパーフォーマンスは抜群。北米の地方都市、言った事のない街にいけるのが楽しみでした。

投稿: ysjournal | 2011年1月20日 (木) 10時08分

ysjournalさん、

結構展示会出没は私もやりました。大義名分が立ちやすいんですね、「いや、史上開発ですから」とかいってどちらかと言うと開催される都市に行きたいかどうかが優先でした。成果は適当にでっち上げていました。一番楽しかったのがワルシャワで、展示会が小さくて一時間で終わったのに予定を2泊3日にしていたため、たっぷりワルシャワ見学していました。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年1月21日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/50631035

この記事へのトラックバック一覧です: 手を変え品を変え、しかも意味不明:

« 戦略オタク | トップページ | 漢の休息は多少の甘みが必要で »