« 本日、散財 | トップページ | ニールショーンはハードロッカーである:「Through the Fire」(HSAS) »

2011年3月 6日 (日)

嬉しいリンク

最近少しTwitterでの遊びが過ぎていてブログがおろそかになっている気がします。ま、それほどすげー事も書いていないんでそれはそれなんですが、少しTwitter、ブログ、Facebookとどう分けるか現在検討中です。基本的にはTwitterではそこで知り合った方とのお遊び的な情報交換と自分の備忘録として、ブログは今まで通り自分の言いたい事の吐き出しとして、で、Facebookをどうしようかな?という状態。

Facebookの場合は、実際に顔や経歴が出るのでリアルなお付き合いのネット版という感じで考えています。で、そうではないのがTwitterとブログ。これは経歴や素性がかなり隠れますし、それが判ってもあまりそれを意識しない部分が多いと思います。

で、そのTwitterで新しい繋がりが。

実は私のフォロワーの方で18歳の方がいらっしゃいます。ハイテクギターミュージックに造詣が深く、自身もかなりのギター弾き。で、切っ掛けは忘れたんですが、何故かフォローフォロワーの関係になっていたんですね。ちなみに私の息子と同じ年ですが、とても同じとは思えない文章の構成。うちの息子なんかまだたまに「ポケモン」見てますからね(苦笑)。それで、その方がブログを始めるということで、「どうですか?」と私が言うと、「ブログにリンクさせて下さい!」というありがたいお話。もちろん直ぐにOKですね。そのブログはここです。

顔が見えない、素性がわからないというのは確かに悪いことでもあるんですが、先入観を取り除くこともできると思うんですよ。普通親子ほど離れた年代の人が対等に趣味を語る、なんてことは少ないでしょ?しかもこちらもそのレビューを読んで、「お、聴いてみよう」って思いますから。正直、この年でこんな風に息子くらいの年齢の方からの情報や知識を素直に受けられるようになるとは思ってもみませんでした。そういう意味では今まで色んな世の中の常識に囚われていたんだなあ(まだ相当囚われているけど)と反省します。

以前から、性別・国籍・年齢・地位なんてのを取り去って話したいとずっと思っていました。逆にそれをカサに着たりする奴が大嫌いだったんで、ブログやTwitterなどが切っ掛けでそういう話ができるようになってきているのは凄くありがたい。逆にそういう立場で言えることはあると思うんで、それは人の礼儀をわきまえて言えば良いんですが、なかなか(自分も含め)そうじゃないことが多いんですね。

一度お会いしてギター談義をしたいと思っています。ギター教えてもらわなきゃ。

|

« 本日、散財 | トップページ | ニールショーンはハードロッカーである:「Through the Fire」(HSAS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51050906

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいリンク:

« 本日、散財 | トップページ | ニールショーンはハードロッカーである:「Through the Fire」(HSAS) »