« 地震、その後 | トップページ | We shall never surrender! »

2011年3月15日 (火)

やる援助、やらない援助

今回の地震でまだまだ全容もわかりかねる状況が続いています。特に、津波の被害が出ている地域については、街殆どが破壊されていたり、想像も付かないことが起きていることしか判りません。仙台から帰宅した息子は、「俺達は被害にあったなんて言っちゃいかんよ、あれ見たらさ。ま、単なる帰宅難民だな」と言っていました。

で、関東地区でも色々と影響が出ているんですね。一つは停電、もう一つはそれに関わるインフラの変化。

計画停電については色々混乱はあります。が、どちらかというと計画が小さくなる方向で進んでいるんで、別に大騒ぎすることは無いんじゃないか、と思っています。「やるかやらないか判らない」と批判されているようですけど、一般家庭で「やる」と言われていて「やらない」になったら儲け物、というので良いんじゃないですか?

で、この計画電源に付随して、都内の電車が非常に混乱しています。間引き運転、運休、運転区間の変更などなど。政府も「出来るだけ通勤通学を自粛して」と言っています。

行かなくていい人は自宅で仕事しましょうよ。

例えば営業の人なんて、今はモバイル持って仕事してるじゃないですか?数日家で仕事しても何ら問題ない人は多いんじゃないかな?逆に例えば保険会社の人などは、データは持ち出せないから会社じゃないと仕事ができない。中小企業の方もどうしても行かなきゃならない人はいらっしゃると思います。これだけインフラが制限されているんだから、特に大企業の自宅で仕事が出来る人たちは率先してインフラに負担をかけないようにしたらどうでしょう?

あと、その停電の影響なのか何なのか、買占め・買いだめが進んでいます。実は今日何のこともない普通の買い物のつもりで行ったらスーパーに外まで長蛇の列が。実はよくわからなかったのですが、物資の買いだめでの待ちでした。

あのさあ、関東の非被災地で何を買い占めてるんだ?

トイレットペーパーやパンなんかは根こそぎ持っていかれているようでした。見ているとどう考えてもそんなに使いそうにない人が山ほど物を買って帰っている。どうもガソリンスタンドも同じようになっているようですが、何をかいわんや。買える立場に居て、必ずしもそれが必要にない人が物を買い、そのために買うことの出来ない、でもそれが必要な人たちに届かない。おかしいですよ。私は普通にいつも通りの買い物をしただけですが、朝はその列には並べませんでした、なんか恥ずかしくて。午後に再度買い物に行ったらあらかた買い占めたいものが無くなったためか、スーパーは空いていました。

都会の安全地帯に居て考える援助、それは「行なう」援助だけじゃなくて「行なわない」援助もあるんじゃないでしょうか?いらないエネルギーや物資は使わずに被災地に回す、その代わり正常な経済活動をして経済を回す、ということを考えなきゃいけないんじゃないですかね?だから変な自粛の空気は必要ないと思うし、じゃあ阪神大震災の時に関東の人は飲んでなかったの?下手すりゃ梅田ですら普通の生活を送っていたはずで、たまたまネットでいろんなことがわかっただけじゃないんでしょうか?私はいつも通り金使っていきますよ。

少なくとも色々なところで善意が優先していると思っています。自分が何かそこに出来ることはないか、しなくていいことは何か、考え続けなきゃならないんですね。

|

« 地震、その後 | トップページ | We shall never surrender! »

コメント

ご家族、無事帰還されたようですね。(笑)
今回、いろんな報道に接して、災害の外でこんなやりとりがされてたのか、と、改めて感じました。
首都圏での買いだめ現象などは、関西の時でも周辺地域で普通に起こっていた事だし、それはそれで仕方がないのかもしれません。
こんな失敗を重ねてこそ、社会は成長してゆくと考えるより他はないのかもですね。
そうそう、民放が今日初めて現地の人達の為になるような事をやってました。
観てて、なんか嬉しいです。

投稿: elmar35 | 2011年3月15日 (火) 23時17分

もう全面的に禿同ですね。

トイレットペーパーもカップラーメンも10000円にしちゃえばいいのですよ。それでも買い占めるってのなら仕方がないです。納得できます。

自宅での仕事は事態が落ち着いたら草の根活動してくしかないですね。技術的には可能で多くの人が望んでるのにできないできないってのは、これはもう文化の問題なのでしょうね。

投稿: amazedkoumei | 2011年3月15日 (火) 23時26分

elmar35さん、

とりあえず良かったです。その間に下の息子とずっとDream Theater談義(笑)。もっと簡単な曲にしてくれって。

ほんと、色んなことが見えますよね。こういうことがないと見えないというのが人間の浅はかさかも知れませんが、少しずつ学習するしかないのでしょう。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月16日 (水) 08時06分

amazedkoumeiさん、

そうですね、それで被災地にタダで配る、っていうのであればいいかも知れません。どこかのバカ社長が「この時期に値上げするのが商売人」と言ってましたが、その値上げ分を被災地に使うっていうのならアリですよ。

これで自宅でも問題なく仕事が出来る、ということになっていけば通勤の苦痛もなくなるんですけどね。うちの会社なんか、もう70以上の顧問みたいなジジイが会社に来ようとしますからね。勘弁してくれ(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月16日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51130232

この記事へのトラックバック一覧です: やる援助、やらない援助:

« 地震、その後 | トップページ | We shall never surrender! »