« 地震でわかったこと | トップページ | やる援助、やらない援助 »

2011年3月14日 (月)

地震、その後

既に地震から3日経っていますが、経てば経つほど酷い状況が見えてきます。街がごっそりなくなっている、逃げる間も無くなくなっているというのは、例えば先日のニュージーランドの地震で閉じ込められているのとはまた違う非常に恐ろしいことだと思います。未だに妻・長男は東北に居るのですが、とりあえず寝る所と帰宅するルートは何とか確保できそうです。

今回更に、色々なことを経験しました。一番のことは、

テレビで民放は駄目、NHKが一番信用できる

ということでしょうか。何ゆえこの時期にバラエティーの延長のようなことをやるのか私には理解できない。あるテレビ局なんて、流れた家の子供を捕まえて、「どうですか、今は」と聞いていて、正直即テレビを切りました。うちの中二の息子でさえ、「何で今こんなこと聞くんだ?有り得ないよ」と怒っていました。で、充分ではないにせよ、できるだけ連絡などの手段を流していたのはNHKでした。あとは安否伝言。民放は、ほんとに少し皆考えたほうがいいです。結局殆どNHKになっていました。

あと、前のエントリーでも書きましたが、Twitterのオンタイム感というのはこういう時に非常に役に立ちました。上のNHKでも流していないのは、「ではどう移動すれば東北に居る人が東京に出てこれるか?」ということ。東北新幹線、東北本線、東北道と縦のラインが軒並み寸断されていて、移動手段がないのかあるのかすら分からない状態です。で、途方に暮れていたのですが、ふと思い立ち、「仙台 移動」とか「仙台 東京」とか入れてTwitter検索すると、いくつかの情報が入っていました。その情報自体は使わなかったのですが、「あ、移動できるんだ」とか「こういう方法があるのか」というのは非常に短時間に入手できたと思います。更に、Twitterでは色々な方からご教示やら知恵を頂きました。色んな形で役に立ったりしました。

で、一番感じたのは、

みんな善意で動いてくれるし、自分も動く

ということです。確かに初期にはいたずらと思われる書き込みがあったり、この期に及んで金稼ぎを公言するアホが居たりするんですが、基本は皆善意です。だからできるだけ助けたいと自分も思います。

今回日本人の行動が世界で賞賛されています。これは誇っていいことでしょう。と同時に、世界から日本の援助に来てくれています。これも同じように賞賛されるべきことでしょう。だから、「日本は凄い」よりも「日本も凄い」があっているんじゃないかな?と思います。国籍も性別も年齢も関係ないでしょう?その部分はもっとコスモポリタンで居たいと思います。

さて、こっちの状態が整理されれば、もう自分のやり方に戻します。金を正しく使って経済を回さなきゃ東北だって復興できないしね。

|

« 地震でわかったこと | トップページ | やる援助、やらない援助 »

コメント

ご家族が無事に戻られたことを別のルートから伺いました。良かったですね。

で、テレビ報道ですが、私(我家)も全く同感です。素人に毛が生えた人達が勝手なことを言って恐怖心を煽っているとしか思えませんでした。震災をエンターテイメント化しているようで非常に不快です。娘は買い物客でごった返しているスーパーで見知らぬ女性に「マスコミが変に煽っているのが問題」と言われたそうです。民放という性格上仕方ないのかもしれませんが…。某大型掲示板で節電のためにNHK以外は放送休止にした方が良いなんて書き込みを見ました。

投稿: hirosz | 2011年3月15日 (火) 11時30分

hiroszさん、

これだけ節電節電とテレビ局が言うんなら、自分達がやれば良いんですよ。若しくは、安否を確認するために避難所を音声無しで延々映すとか、移動手段を刻々と映すとか、分担しちゃうとかね。買い物に至ってはマスコミも民度も似たりよったりかと思いますが。こんなときは節電で生音でエレキ弾いてアラを見つけるのが良いと思いますよ、真面目に。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月15日 (火) 21時22分

ご家族が無事で良かったです。
まぁ、特派員さんの家族なら這ってでも帰ってきそうですけど(笑)。いや、笑い事じゃないですが…。

テレビの件は、もういいでしょ、見なくて。うんざりしてますね、ほんとに。

投稿: フレ | 2011年3月15日 (火) 22時13分

フレさん、有難う御座います。

いやあ、特に長男がしれっとして「仙台?行くよ」と言ったのは我が息子ながら呆れるそのアホさ加減。いや、滅茶苦茶褒めております。

そうなんですよね、テレビ。ところが停電情報とか電車運行とかやっていて、さすがにネットだけだと良くわからないんで見ちゃうんですね。嫌なんですが。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月15日 (火) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51113398

この記事へのトラックバック一覧です: 地震、その後:

« 地震でわかったこと | トップページ | やる援助、やらない援助 »