« 何とかならないかな、ニュージーランド地震の報道陣 | トップページ | 嬉しいリンク »

2011年3月 5日 (土)

本日、散財

やはり、どう考えても街に出るもんじゃないです…。

冬から春への気配も少しずつ出てきて、気候も良くなりかけている弥生三月の土曜日、行ってしまいました新宿Disk Unionの決算バーゲン。

P3050931

気が付くと諭吉様が二枚無くなってました(涙、でも本当はクレジットカード使ったんだけど)。


左下から時計回りに。

HSAS「Through the Fire」:サミーヘイガーとニールショーンが作ったプロジェクトで、ずっと聴けてなかったんですよ。ニール関係ではあとヤンハマーとの奴が欲しいんですが、今回はこれ。

Mitch Perry「Wire to Wire」:MSGやTalasでも凄腕を出してましたが、これが確か初ソロ。いや、音源は持っているんですが、やっぱり実物が欲しいな、ということで。

Dancer「Memorial」:今回一番欲しかったCD。ずっとオークションとかでも探しているんですが中々出てこなかったんですよ。「Best of Taiji Fujimoto」での音源しか持って無かったんですが、これでOKです。

Ebony Eyes「Hard rock Renaissance」:本当は藤本朗(X-Ray)参加の「Final Fight」が欲しかったんですが見つからず。ま、見つかっても下手すりゃ諭吉様一枚は飛ぶんじゃないかな?で、同じ「あきら」でも田中明Voのこちらを。とはいえ聴いたことが無いから楽しみですな。

The Snakes「Live in Europe」:元WhitesnakeのG二人、ミッキームーディーとバーニーマースデンが超絶Voであるヨルンランデと組んでやったセルフカバーライブ。これも音源はあるんですけど、ランデのカバーディルそっくり振りは相当笑えますし楽しめます。

藤本泰司「My Quest」:で、そのDancerの凄腕Gだった藤本が作ったソロアルバムがコレ。こいつもオークションで出ては消え出ては消えで手に入りませんでした。それにしても「My Quest」のソロ当てクイズ、実際にESPのギターを当てたのは誰だろう?

本当はもう一枚、安かったんで買ったDream Theaterの「Systematic Chaos」(DVD入り)があるんですが、下の息子がさっさと部屋に持っていって聴いています(笑)。買わなかったんですが、ローレンスアーチャーの「LA」正規盤が2.1万円であったり、あとHellenの「Taron of the King」が3000円だったかな?「LA」は音源持ってるしそこまで出せないし、「Taron of the King」も少し好みと外れるのでパスしました。あと少しBred GarsedのCDは心が動いたな。

で、今回バーゲンに行って感じたのは、「こういう実物でのCDを買う人というのはもう若い人が少ないな」ということ。いきなり列が出来ていた開店前ですが、本当に若い人が少なく、自分も含め40代が中心じゃないか?という気がします。若い人と話していても、音源があるのに更にCDを買う、という行為は殆ど理解不能のようですね。ま、マニアはどこに行ってもそういう行動を平気でしますが、それでも一歩踏み込んだ層というのは確実に減っている気がします。

あと、やはりこういう専門ショップは我々のように踏み込んだ趣味に対しては強い。アマゾンなんかでは殆ど捕捉出来ないCDがごろごろありますから。で、こういうところでの出会いは一期一会ですから、「迷ったら買う」で行かないと駄目でしょうね、何が駄目かはよくわかりませんが(笑)。

しかしなあ、色んな方からお借りしている音源も聞けてないのにどうしたもんかなあ?

|

« 何とかならないかな、ニュージーランド地震の報道陣 | トップページ | 嬉しいリンク »

コメント

ドイツ特派員様
今日の午後、展示即売のあるゴルフ用品のショーに行く予定です。

去年、同僚に eBay で落札したドライバーを10本ほどくれてやったのですが、まだ地下室には5本以上ドライバーがあります。

何かアドバイスを求めるつもりでしたが、火に油を注ぐ一言がでそうなので、止めときます。

投稿: ysjournal | 2011年3月 6日 (日) 21時14分

 ひぇ~っ…くわばらくわばら。恐るべし専門店の引力ですねえ。

 iPodで音楽聴いてると、何百曲も入ってても、好きな曲だけどんどん飛ばして聴けるんですよね。好きなアルバムでも通しで聴くと、やっぱり退屈な曲もあるので。

 昔、アナログレコードの頃はたいていアルバムは通し
で1枚聴いたものだし、カセットに落として聴いてる時も曲をちょいちょい飛ばすのは面倒だったので、やっぱり通しで聴いてた。
 でも、通しで聴くと、やっぱりアルバム全体の構成というか、流れというか、そういうのにだんだん気がついてくる楽しさもあったんじゃないですかねえ。

 だんだんそういう仕事も減っていくんじゃないかなあ、などと便利なiPodを使いながらふと思います。

投稿: しまうま | 2011年3月 6日 (日) 22時35分

ysjournalさん、

間違いなく火に油を注ぐと思います。しかしながら、こうやって道具だモノだに色々と理由をつけて凝るのは男の習性みたいですね。女性のコレクターというのはあまり聞いたことがありません。

もう少し散財をしてみてください(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月 7日 (月) 22時08分

しまうまさん、お待ちしておりました。

我々がアルバムを通して聞く、ということをする最後の世代かも知れません。もうかなり飛ばし聴きが多いのですが、それでもいくつかのアルバムでは儀式として通して聴く、ということをやっていますね。

で、魔の巣窟へ行きましょうよ、また(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月 7日 (月) 22時10分

うわあ、懐かしい!
藤本泰司のソロは相当聴きましたよ(笑)
YOU参加のM1(だったような?)大好きでした。
ギターソロクイズに真剣に挑もうとした私はただの馬鹿かも(笑)
あれはわからないっす(笑)
ミッチペリーのこれもいいアルバムですし。
あ、ブレット・ガースドのソロは仕入れた方が良いですよ、ふふふ。(笑)

投稿: sorapapa | 2011年3月 9日 (水) 00時42分

Sorapapaさん、

そうですね、あれは判りませんねえ。何となくレイブンかな?とか橘高かな?は判るんですけどねえ。藤本泰司はもっと知られて良いギタリストなんですけどね。

そうか、ブレッドガーストは次回だな。こうやって金がなくなります(涙)。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年3月11日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51037507

この記事へのトラックバック一覧です: 本日、散財:

« 何とかならないかな、ニュージーランド地震の報道陣 | トップページ | 嬉しいリンク »