« 中国語を始めてみた | トップページ | 女神が笑った…:Light Bringerワンマンライブ »

2011年4月14日 (木)

中国語、やっぱり難しいですねえ

毎週水曜日を基本的な中国語レッスンの日として設定、昨日が二回目で御座いました。

それにしても難しいのが最初にやる発音。これで挫折する人が多いんじゃないか?と想像します。

私も挫折しそう(涙)。

前の回で宿題が出ていたので、一週間暗記しようと必死だったわけですよ。例えば数字。何やったかというと、街で車が走るじゃないですか、そのナンバープレートを見て中国語の数字に脳内変換してたわけですね。でもね、変換する前に車がどっかに言っちゃうんですよ(涙、涙)。自分の名前も覚えられないんですねえ、これが(爆)。

で、授業。頭から出てこない…。

まあねえ、もう年が年だし、元々単語やらの記憶力が異常に悪いのは判っていたんですが、まさかここまでとは自分でも悪い意味でびっくりです。特に中国語は発音で意味が全く変わるんで、適当な発音だと意味が通じない。自分の名前さえ相手にわかってもらえないという事態が起きるわけです。

日本語というのはかなり母音・子音が少ない言語で、外国の人が多少へんちくりんな発音で話してもそれが「何の単語について発音しているか」は割とわかります(似た発音の選択候補が少ないから)。ところが中国語は発音+声調で決まるんで、声調を間違えると発音が正しくても意味が通じない。こんなことは中国語の基礎の基礎の基礎の基礎ではあるんですが、それにしても慣れるまでは大変ですなあ。

で、先生が厳しいもんだからおじさんとっても疲れる訳です。いや、この疲れって別に悪い意味じゃなくて、「ああ、頭を使うというのはこういうことか」と久々に再認識した次第。頭に入っているはずのことを必死で引き出そうとしたり、一生懸命予想したり。受験勉強ってこんな感じでしたかね。自分の子供の年齢に近かろうが先生ですから、ちゃんと言うことは聞いてますよ。それにしてもその先生、日本語が滅茶苦茶に上手い。多分普通にちょっと話した限りは直ぐに非日本人とは判らないんじゃないかな?

それにしても回りはどう見えてますかね?こういうレッスンってその辺の喫茶店やコーヒーショップでやるんですよ。おじさんが娘くらいの人に何か絞られてるなあ、という面白い光景ですね。やってるこっちはそれどころじゃないんですが。

おっさんの苦闘は続くわけです。

|

« 中国語を始めてみた | トップページ | 女神が笑った…:Light Bringerワンマンライブ »

コメント

中国語は発音が半分,というのは大袈裟じゃないんですね.相原茂もドイツの孔子学院の中国語の先生も同じこと言ってました.でもあれ,中国に行くと,いわゆる欧米人でけっこういい加減な発音,声調で,喋りまくってる人いますよね〜.日本人は中国語に関しては彼らより耳がいいから,微妙な違いがかえって分かってし,それが厳しい自己評価になり,ネガティヴ・フィードバックになっちゃうのかも知れないです.

投稿: タガ | 2011年4月16日 (土) 17時11分

タガさん、

あれは本当に発音の言葉ですね。梅棹忠夫に言わせれば、「言葉は耳から」ということですが、なかなか、ねえ。確かに言葉によって微妙さが判る判らないがあるのかもしれません。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年4月17日 (日) 13時14分

skype cloud_hu@hotmail.com


日本人に日本語を勉強すると思っています。。。

投稿: 胡贇 | 2011年7月19日 (火) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51383925

この記事へのトラックバック一覧です: 中国語、やっぱり難しいですねえ:

« 中国語を始めてみた | トップページ | 女神が笑った…:Light Bringerワンマンライブ »