« 勤務先外資系雑感:一つの例として | トップページ | ギターの可能性:Tim Donahue&伊谷希ライブ »

2011年5月30日 (月)

Light Bringerがメジャーに行く:さ、寂しくなんかないぞ!

違うんだよ、男は行かなきゃならないときがあるんだよ…。

昨日はPure Rock Japan、愛するLight Bringerを含め、北の狂獣Saber Tigerや既にベテランのGalneryus、更にはヴィジュアルメタルとでも言うべきVersaillesという実力派が揃ったイベント。私を知る人は皆「当然参戦でしょ?」途言っていましたが、この日は実は別の超絶ユニットのライブがあるもんで(それは別にブログにアップします)、泣く泣くライトブリンガーを断念しました。

で、遅すぎるというか遂にというか、この秋にKing NexusからメジャーからデビューするLight Bringer。

まあ「Midnight Circus」の出来自体がインディーだメジャーだを超えていたわけで、後は流通経路がどうなのか?というだけですね。結局のところはどれだけ金を掛けて売り出すか、ということですから、今後のアルバム製作にしても、自分達でやっていた販促活動をしなくていいわけだから集中して出来るんだと思います。

でも、これからが勝負なんですよ。

私なんかもうン10年ロックを聴き続けていて、メジャーに行ってそのまま活動を続けたバンドが殆ど無いことを知っています。音楽性を弄られる、メンバー交代、金銭的な行き詰まり、時代の変化、色々なことがあります。ロックミュージックといえ所詮はある種の商品なわけで、その価値を何処に持って行くか。昔からのコアなファンを取るのか、大きな一般ファンを取り込むのか。例えばコアなファンは途中で音楽性が変わって離れてしまうとか。一つのイメージを固めるために色々な制限が入ると聞いたこともあります。そりゃライブが終わってアフターアワーズにバンドメンバーが出てきて交流、なんてことも無くなるでしょうしね。「Heartful Message」に付いていた「ハートフルマッサージ券」を使うなんてもう無くなったわけで(笑)。

おい、これは寂しがってるじゃないか、デブ中年が(笑)。

元々直接知ってもらいたいとか全然無かったわけで(こんな記事)、壁から「チラッ」っとファンをやっていたわけですが、更にそうなるでしょうねえ。色んな人がドンドンCD買ってレビュー書いてライブ行ってバンドが大きくなる、それを横目で見ながら「初期から知ってたもんねえ(にやにや)」という感じで見守ることになるでしょうねえ。

とにかくですね、おかしないじくりをして欲しくないんですよ。音質とかは色々あるでしょうが(実は「Midnight Circus」でも気になるところはある)、要は「他のバンドでも出来ること」をやらせて欲しくないんですよ。今のある意味唯一無二な個性をそのまま伸ばして欲しい。そんなことになりそうになったときがファンの出番なんですけどね。あ、女神Fuki様だけを売り出すとか、整形や豊胸させるとかは止めてね(爆)。Fuki様はバンドでこそ歌姫なんでね。

とにかくさ、デカくなってよね(豊胸は駄目よw)

|

« 勤務先外資系雑感:一つの例として | トップページ | ギターの可能性:Tim Donahue&伊谷希ライブ »

コメント

嬉しいことじゃないですか♪
これでプロダクションにも個性が出てきたら過去作品も再録音してより一層迫力ある音になるし、音圧も変わるでしょ。

投稿: フレ | 2011年5月30日 (月) 17時45分

フレさん、判ってるくせに(笑)。

でも再録とかで一気にいいアルバムになったらそれは凄いと思いますよ。後は「Continue!?」のアルバム化ですなあ。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年5月30日 (月) 22時49分

Pure Rock Japan、各バンドそれぞれ素晴らしかったです。さすがの安定感のGalneryus、メタルライブかくあるべしのSaber Tiger(新曲イイ!)、自分たちの流儀に則りながらもメタラーにアピールしたVersailles。
で、ラブリーですが、ちょっと音のバランスが悪く、メンバーの動きもやや固かったような…。先輩方を前に緊張したか?
とは言え、もともとステージングには華がありますし選曲も硬軟揃えていて、他バンドのファンにも十分アピールできたのではないでしょうか?
※ちょっと自信なさげなのは私が前方で興奮し過ぎてて会場全体の雰囲気がまるで掴めていないからですι(´Д`υ)アセアセ

キングレコード、良いと思います。
ふっきー大好き(私も大好き)陰陽座とレーベルメイトですね。
メジャーデビュー時から式神やってますが、陰陽座は非常に順調に活動してると思います。ファンの贔屓目かもしれませんが。バンドの長所を伸ばすサポートをレコード会社側がしてくれているというか…
もちろんリーダー瞬火の確固たるヴィジョンと信念あってのものだと思いますが。

らぶりーも「プログレメタルにポップなメロディのっけて」「親しみやすいヘヴィメタル」等々、コンセプト/強み/個性はしっかりしてるので、まるで心配してはいません。このまままっすぐ伸びていってほしいです。
これからますます楽しみになってきましたヽ(´▽`)/

投稿: キャプテン髭 | 2011年5月30日 (月) 23時23分

キャプテン髭さん、

よかったようですね、PRJ。いいじゃないですか、最前列で暴れているなんて。最高ですよ。

Nexusというのもジャパメタ系としては一番いいかも知れないですね。上手く進んでほしいと思う親心ですw。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年6月 2日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51806699

この記事へのトラックバック一覧です: Light Bringerがメジャーに行く:さ、寂しくなんかないぞ!:

« 勤務先外資系雑感:一つの例として | トップページ | ギターの可能性:Tim Donahue&伊谷希ライブ »