« Siam Shade限定復活!ということで「Siam ShadeII」 | トップページ | バンド仲間との思い出 »

2011年5月 1日 (日)

息子、一人暮らし

震災から50日が経っているんですね。自分では特に生活のあり様に変化がないように、と思っているんですが、やはり色々とそれまでとはやっていることが違ったりしています。

そんな中、我がアホ息子一号、昨日の夜行便にて何の感慨もなく、大学進学のため仙台に去って行きました。

私は常々「子供はある年齢になったら一人暮らしするべきだ」と勝手に思っています。自分自身がそうしたことで楽しくてよかったな、と思うこともあるし、親の知らない世界を堂々と作ることが出来るというのは、責任との裏返しで凄くいいことだと思っているんですね。実際には最初は寂しいもんですが、そんなのは直ぐに慣れるわけで、口で下宿したくない、と言っても実際には巣立ちの時期なんでしょうね。

18年ですからねえ、長いような短いような。

まあ人並みな大学にぐれることなく入ったわけで、これで親の責任として残るのは金銭的なことだけでしょう。もう充分大人だし、自分で何がどうかは判るようになる。親はもう特に口出すことなく勝手に大人になるのを見ていりゃいいかな?と思っています。

この辺は家人とはかなり感覚が違うみたいです。家人は寂しくて仕方がないようです。男親はそんなに息子とは話さないし、もうそれが親父離れですからある意味そんなもの、と思っているところがある。どうせ離れるもんだ、という諦観もあるし、何かを子供に残そうという感覚も特にない。自分で大学選んで下宿するという選択をしたんだからそれで充分何とかなると思っているし、それだけの選択で出て行くくらいめでたいものはないと感じています。この辺で「冷たい」と思われているみたいですけどね。

若い人への色々なメッセージ(海外に出ろ、とか手に職をつけろとか)は確かに重要な事ですが、まずは自分で自分のことを決められることが出来れば、何かそれで充分ではないか、という気がします。

あと一人のアホ息子二号が大学入るまでの後4年、そこが終わればいいんじゃないかな、と思う今日この頃です。

浪人、というのもありますがwww

|

« Siam Shade限定復活!ということで「Siam ShadeII」 | トップページ | バンド仲間との思い出 »

コメント

ウチのが出てゆく時は、多分泣いちゃいます。
溺愛してますから。
幼稚なオヤジなもんで。

投稿: elmar35 | 2011年5月 1日 (日) 20時58分

門出の日ですね。
行き先が仙台というのが、これまた…。こんな言い方したら誤解を招きそうですが、少年から青年に移り変わる多感な時期に、様々なもの(いろいろな意味で)を見聞する機会に恵まれたとも言えますね。息子さんが、実り豊かな青春を過ごされることをお祈りしています。

それにしてもドイツ特派員さん、18歳の男の子のおとうさんとは…。…見えません(もちろん、いい意味でですよ)

投稿: トネリコ | 2011年5月 1日 (日) 22時32分

elmar35さん、

良いじゃないですか、溺愛。それも良いかな、と思うことがあります。もうそんなことは出来ない年齢になっちまった我が息子二人ですが、下はロック教えることで溺愛してやろうか、と思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年5月 2日 (月) 07時44分

トネリコさん、

この経験が彼を大人にしてくれるかな、と思いたいですね。恐らくかなり近いところに被害に遭われた方もいらっしゃると思います。

いや、私はただのおっさんで、まごう事なき大学生の親です。割と早くじいちゃんになったりして(笑)。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年5月 2日 (月) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51543053

この記事へのトラックバック一覧です: 息子、一人暮らし:

« Siam Shade限定復活!ということで「Siam ShadeII」 | トップページ | バンド仲間との思い出 »