« 下町トンカツとはこういうもの:「冨貴」(東京・秋葉原) | トップページ | 銀座でこのパフォーマンス恐るべし:「とんかつにし邑」 »

2011年6月 7日 (火)

スイス人の友人も出来ました!

P6061101

この、針があるスイス人は誰かな?

......やっちまいました。

いや、前から欲しかったんですよ、自動巻きの時計。で、Tag HeuerかBreitlingで迷っていて、バンドメンバーの時計好きに聞いたりしていて、ちょこっとネットで探したらこのCarreraがあったんですね。で、何はともあれ現物を、ということでこの休みに店に行ったわけです。

で行ってみたら、すげー美人でメガネ掛けてスーツ着た女性店員が接客、その場で撃沈(笑)。ということでもないんですが、元々はこのCarreraの黒バージョンかBreitlingの24時間式コスモノートにしよう、と思っていたんです。で、価格がかなり違ったこともあり、「じゃあこのCarreraの黒で」と殆ど決済、というところでこいつが更に2万円安くあるのを発見、速攻でこちらに。

P6061104

多分2004年製だろう、とのこと。どうせメーカー保証は切れてるんで気にしても仕方ないです。自動巻きは初めてですが、やっぱり重いですねえ。まあこの重さが癖になるといいますし、そんなに不快ではないです。で、スポーティーですけど普通のビジネスにでも使えるかな、と自画自賛。

大体男って時計とかのメカメカしたものには弱いわけで、何処まで続く悪の道という感じです。金が無いくせにこういうのを衝動買いで買っちまうわけでして、いつまで経っても金が貯まらないわけだ(涙)。時計雑誌で「どの時計をするともてるか」なんてアンケート取っていますが、真性男子は絶対そんなことを考えていないと思います。試しに女の子が回りにいて、そこに時計好きの男を二人入れてみて御覧なさい、女の子なんかそっちのけで話しているはずですから。男子なんて幾つになってもそんなもんです。

明日から昼食抜きか(涙)。

|

« 下町トンカツとはこういうもの:「冨貴」(東京・秋葉原) | トップページ | 銀座でこのパフォーマンス恐るべし:「とんかつにし邑」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/51876868

この記事へのトラックバック一覧です: スイス人の友人も出来ました!:

« 下町トンカツとはこういうもの:「冨貴」(東京・秋葉原) | トップページ | 銀座でこのパフォーマンス恐るべし:「とんかつにし邑」 »