« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

噂では聞いていたけど「赤羽のロニー」

世の中には、「玄人はだし」という人が何人もいらっしゃいます。でも、それはあくまで「はだし」なんで、やはりそこには「うーん、ちょっとなあ」というところがあるのが普通ですね。

で、日本放送協会というのは最近色々とはじけた企画があるので侮れないわけですが、そこのアナウンサーである松本和也氏、噂で聞いていた「赤羽のロニー」というあだ名。とはいってもロニーですからね、まあなあ、と思っていたわけです。

ところがこれが驚愕。まあ聞いてください(今まで聞いてなかったんですねえ、遅いっていうの、私)。

続きを読む "噂では聞いていたけど「赤羽のロニー」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

大学ってそんなところなのか?

最近電車でよく見かける広告に、大学のオープンキャンパスの広告があります。正直に言えば、「へえ、そんな大学があったんだ」という良く知らない大学もあり、この少子化では大変だろうな、と思います。

が、それはそれとして何が気になるかと言って、その広告の中身。

続きを読む "大学ってそんなところなのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

友人の言葉に誘われて:「マメヒコパートIII」(東京・渋谷)

ちょっと昼飯を食いたいなあ、と思った渋谷なんですが、以前良く行っていたガード下の名店「三裕」がなくなってから、あまり食べていなかったトンカツ。ところが、ここで私の友人である美人フォトグラファーが強烈にプッシュする店があるのを思い出しました。

はっきり言ってこの添付記事で私の記事なんて要らないんですけどね。でも食うぜ!

Dsc_0007

トンカツ屋ではなくて、カフェが前面にありますが、奥がトンカツ屋なんですね。


続きを読む "友人の言葉に誘われて:「マメヒコパートIII」(東京・渋谷)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

何故子供だましをするのか?

今日まで展示会でしたが、いや疲れますねえ。立ちっ放しだし結構歩くんで、新しくした携帯に入っている万歩計が15000歩くらいになってやんの。

まあそれは全然関係ない話題です。今日テレビを見ていて、「夏休み親子の工作特集」みたいな話があり、のこぎりや釘やかなづちが全て樹脂製で出来た工作キットを紹介していました。

安全な玩具はこちら

めまいがしてきました。何を考えてるんだ、と。

続きを読む "何故子供だましをするのか?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

別れと出会い

最近、別れが多くて辛いですね。ずっと寄り添ってくれた友人が離れていく、こんなに悲しいことはないですが、お互いに変わっていくのも必定、仕方ないこととあきらめています。

P7161316

続きを読む "別れと出会い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ブリティッシュの香り再び:「A sudden Impulse」(Stampede)

最近Twitterで知り合った方から色々な音楽を紹介してもらっています。ただ、まだまだ音が追いかけられていないのが実情。だって皆さんとても深く量も半端じゃないから。自分の未熟さを痛感します。

その中でもいくつか凄く懐かしい名前を見つけることがあるんですが、いやあまさかこいつがあるとはね、というのがStampedeの何と28年ぶりの新作です。


続きを読む "ブリティッシュの香り再び:「A sudden Impulse」(Stampede)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

うおおおおお、女神再臨

またLIGHT BRINGERがライブやるんだよおおおおお!!!

「Shock Sound Strings」@渋谷 O-East

平日?会社?休みだ休みだ休み!!

続きを読む "うおおおおお、女神再臨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ミュージシャンの言葉に学ぶ

最近、自分で知識・知恵の上乗せがなく悶々としています。いや、どうにも力が出ないスランプ状態。よくあるんですよ、こういう時期が。

で、何となく見ていた音楽雑誌で見つけた言葉に少しハッとしたのが暑さ続く7月のある日。とあるミュージシャン曰く、

「もし自分がミュージシャンとして向上したいなら、自分より上のミュージシャンと演奏すべきだ」

至言です。

続きを読む "ミュージシャンの言葉に学ぶ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

暑い夏にかこつけて

しかし暑いですな。まあこの程度ならまだ私はスーツの上下着てネクタイ締めて街を歩くくらいのことは全然平気なくらいの暑さへの耐性はあります。が、多分普通の人は無理無理でしょうねえ。というか、こちらが変態か?

で、最近通勤していて、明らかに変わったことがあります。

続きを読む "暑い夏にかこつけて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

バカとの邂逅、こちらもバカ

昨日、業務終了後速攻で新宿へ移動、バカ共の宴に参加で御座いました。ちなみにこの「バカ」は恐らく私自身を含んでいて、私は最上級の褒め言葉で使ってますけど、文句ある?(笑)。

しかもバカ共の宴は二つ連続だったりして。

続きを読む "バカとの邂逅、こちらもバカ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

やっと、やっとLIGHT BRINGERが...

実は、メタル好きといいながらずっとBurrn!は立ち読みで済ませていました。正直古いネタについては大して興味もなく、ザーッとアルバムレビュー見てれば充分かな、という感じです。

でも、久々に買いました。表紙はオジー。
P7061309

でも、本当の理由はこちら。
P7061305 

もうさ、マジに泣けそうになっちゃってさ。どうよ、この健気な笑顔。

続きを読む "やっと、やっとLIGHT BRINGERが..."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

正しい評論とミュージシャンの成長

先日、とある方々と食事をしていて、「ミュージシャンと評価の関係」ということを話していました。その中で色々と考えることが多く、私自身も思うところがありましたねえ。

例えば、最近の音楽雑誌を見てどう思いますかね?

続きを読む "正しい評論とミュージシャンの成長"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

ロックが綺麗過ぎないか?

この辺りのネタについては、皆さんの意見も聞きたいんですけどね。

最近のロック、特にHR/HM界隈の技術向上というのは凄いです。もう人間の技術とは思えないもののオンパレードだし、とてもじゃないけど届かないものばかりになっています。

でも、それだけでいいのかいな?という気もしてましてね。

続きを読む "ロックが綺麗過ぎないか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »