« 中国の高速鉄道~夢のあとさき~ | トップページ | ギターは辞めない »

2011年8月14日 (日)

思わぬ出会い:「Dominate the overground」(Another Stream)

まあ、未だに私の中ではFuki様Fuki様の「Fukiちゃ祭り」は続いているわけですが、そんな中でも、新しい音と出会うことはあるわけです。で、我がFuki様同好会の同志から、「このバンド良いですよ」と勧められたのがこれ。

いやあ、最近の若手バンドってこんなにみんな質が高いんですか?これがファーストフルアルバムだそうです。

バイオなどは全然知らなくて、ちょっと調べて見ると福岡出身のバンドで、

REINO(Vo)
KIM(Gu)
MOTSU(Ba)
TOME (Gu,Vo)
YOSUKE(Dr)
YOSHI(Key)

Member2

という編成だそうです。で、何の先入観も無く聴いたんですが、

こりゃ良いわ

の一言です。何というかな、「重心の低いSiam Shade」というか。かなり重めで暗めのメロディーにJ-PopチックなVoが乗るというパターン。何か否定的に聴こえたら申し訳ないんですが、全然そんな意図はなくて、超絶では無くても充分に上手いVoだと思う。で、デス声を交えてスクリーム感も出していますが、そこは味付けで本筋ではなくて、やはりこのVoのメロディーが主軸ですね。

イントロとしてもM1「When Dawn awakening」から少しスラッシュっぽいM2「Unstable」へ。で、暫くデス声なんですが、すっとクリーンヴォイスがサビとして入ってくる感じ。というか、サビとメインが逆転してるんだな、これ。で、M3「End of Days」はスピーディーなリフから王道メタル展開ですね。バックのクラシカルフレーズもお約束ながらカッコいい。で、シャウトも出来るしデスも出来るというのがよくわかる曲。次のM4「Truth in your Heart」なんかもそうですが、デス声はある意味クリーンヴォイスの効果向上に使っている効果音的な気がします。M5「Fall to the Darkness」なんて、マジにSiam Shadeの「夢のなかへ」になるか、と思うアルペジオからやはりスラッシーなドラムにメロデスへなだれ込むのがカッコいい。M6「Lost Her Voice」は、割とポップな曲調ですが、やはり重みがあって独特。M7「Die with Me」は少し浮遊感のあるメロディー。とにかくこのVo、はっきり歌っていて動く判りやすい。好き嫌いは分かれるVoでしょうが、私は全然問題ない、というか結構好き。M8「Bloody Nightmare」もそのはっきりしたVoと少し哀愁のある暗いメロディーが不思議にマッチしています。で、最後の最後にM9「Lie」で唯一のメジャーキーでポップに締める。この曲は一番好きかも知れないな。開放感が素晴らしい。

バックはもうこういうバンドは水準以上ですから、おじさん何もいえません。上手いよなあ、皆。どの程度レコーディングでいじっているか判りませんが、元の技術がちゃんとしていないといじりようは無いですからね。

いやあ楽しいじゃないですか。去年からのLight BringerのFukiちゃ祭りも最高ですが、こんなバンドが出てくるなんて、どんどん色んなバンドが出て活性化すれば良いんですよ。で、ベテランも若手も関係なくいい音楽で埋まればこんなにいいことは無いじゃないですか。ということでアルバムダイジェストのYouTubeでも。

|

« 中国の高速鉄道~夢のあとさき~ | トップページ | ギターは辞めない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/52474305

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ出会い:「Dominate the overground」(Another Stream):

« 中国の高速鉄道~夢のあとさき~ | トップページ | ギターは辞めない »