« ちょっと突っ込み:レアアース問題(研磨剤CeO2)記事について | トップページ | 役割を変える発見 »

2011年9月 6日 (火)

何故そんなに会社が個人に立ち入るのかな?

大体週の初めは伊藤洋一の一週間をまとめたPodcastを聞くのですが、その中でこんなことに触れていました。

ファーストリテイリング 就業時間を二時間前倒し

うーん、なんだろうなあ。

何でそんなに会社が仕事時間の後まで指示して縛るんだろう?そんなにして行く先ってなんだろう?

自分の性格かも知れませんが、そんなに会社って偉いのか?って思ってしまう。確かに英語を勉強するのは大事ですしそれは否定しない。でも、それを会社が強要するようなやり方、ましてや就業時間を変更してまで拘束を増やすようなやり方を労組が無い会社が社長の一声で導入してしまう、私には物凄く不気味に思えてしまいます。更に、「どうせその分残業するんでしょ?」というのが見えてしまうわけですなあ。

「ユニクロ帝国の光と影」で書かれた内容に対して、「こういう会社がもっと出てくるべき」などという意見があるそうですが、そりゃ自分が働かないなら好きなことを言えますね。精神的にぼろぼろになって社員が辞めていく会社が増えた方が良いんですかね?何言っているんだかさっぱり分からない。

だから、

要は実力つけるのは、会社に縛られないようにするため、というのもあるんですよね。例えば自分で英語が出来れば就業後はそこには縛られないし、もうちょっと言えば嫌ならそれで止めることも出来る。会社が海外に出てもまあ何とかなるだろうという気もする。

ただ、そんなことよりもやはり会社の比率を低くする必要があると思います。そうすればもっともっともっと自由になるんじゃないか?楽しくなるんじゃないか?それがひいては仕事も楽しくするんじゃないか?

こんな会社が増えたらたまりませんよ。

|

« ちょっと突っ込み:レアアース問題(研磨剤CeO2)記事について | トップページ | 役割を変える発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/52665091

この記事へのトラックバック一覧です: 何故そんなに会社が個人に立ち入るのかな?:

« ちょっと突っ込み:レアアース問題(研磨剤CeO2)記事について | トップページ | 役割を変える発見 »