« 来たよ来たよ来たよ来たよ!!!:「noah」(Light Bringer) | トップページ | 凡庸と普遍の間:「noah」(LIGHT BRINGER) »

2011年11月19日 (土)

人事異動で少し考えた

今回のベルギー滞在で、実は自分の居る組織でかなり大きな人事異動がありました。丁度関係者がアメリカやアジア(私です)から一同に介していたので、直ぐにその話が広がったわけです。

で、ちょっと面白いなと思ったことが。

光景が日本と同じw。

「彼が何であいつの下になるんだ?」「え、何でそういうReport Lineになるんだ?」「政治力学が変わったのか?」「で、あいつが来るとどうなるんだ?」「何処を気にしたらいいんだ?」とまあ色んな話が飛び交うこと飛び交うこと。何か見てて「何処の連中も同じなんだなあ」と安心すると言うか笑っちゃうというか。「お前どう思う?」と言われて、本当にナンも思うことがなくて、「別に、今まで通り仕事するしかないじゃない?」と言ったら「お前はpoliticalじゃないなあ」って言われて。

(ちなみにReport Lineというのは外国の会社では上下関係を示す一番重要な指標です。Report to~というのでその人のボスが分かります)

今時「外資は実力だけ主義」と思っている人は少ないとは思いますが、かなりいろんな人(10社以上の人+5社以上の外資系リクルートコンサル)に聞いても、ゴマすりやらそういう気遣いはどうも日本以上なんですよ。特にアメリカの金融系はかなりざくっと人を切っちゃうんで、その生殺与奪権を持っている上司には相当気を使う人が多いと聞きました。私もそうですが、職種で会社に入っているから、他の部署に異動するというのが日本の企業より少ないんですな。また、終身雇用でないことも身を守る行動に繋がっているという話も聞いたことがあります。「日本は解雇規定が無いから活力が出ない」という話もありますが、逆に解雇規定でびくつく人も居るわけで、この辺は一概に言い切ることは出来ないですよね。

で、逆に考えたんですが、だとすれば終身雇用の利点を目一杯使ったらいいじゃないか、って思うんですよ。法に触れなきゃ何やってもよっぽどのことが無い限り首切られないんだから、がんがんやりたいようにやる、というのもありなんじゃないかな?私も前の会社やその業界で、「よくこんな奴が生きていけるよな」みたいな人が結構居るじゃないですか。それでも生きていけるわけだから、その点を利用しない手はない。会社なんて利用してなんぼですからね。

私ですか?そりゃ会社にしがみついて生きていきますよ、社畜ですからw。

|

« 来たよ来たよ来たよ来たよ!!!:「noah」(Light Bringer) | トップページ | 凡庸と普遍の間:「noah」(LIGHT BRINGER) »

コメント

ぶっ 社蓄って! たしかに、ITでもけっこうポリティカルな感じでした。上司に気を使って、というよりは、本部長とか役員レベルのポリティカルなあれこれ。。(刺し合いとか。 怖っ) とつぜんHQからガイコツジン役員がやってきてそれまでの前提がぜんぶひっくり返って梯子はずされる人とか、、ドラマ多いかも^^

アピール下手だけど地道に努力して認められるタイプの人には、外資ってキツイんだなーと思いました。

投稿: y/mode | 2011年11月19日 (土) 11時12分

y/modeさん、何でそこで笑う?w

ポリティカルという単語は凄く出てきますね。まあそれを言葉に出すのも凄いな、って思いますけど。確かに上が変わると、前職のやってたことをひっくり返すのが目的みたいに動くことが多いかも。

存在するシステムを旨く使えばいいんですけどね。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年11月19日 (土) 14時38分

今話題のオリンパスの前社長だったウッドフォード氏が『「貴方は誰のために働いているのですか?」と聞いた答えに「菊川(元社長)のために働いている。』と聞いて驚いたと話したことに対して、そのVTRを見ていた評論家(コメンテイター?タレント?売名に長けた輩?)が口を揃えて「だから日本はだめなんだ」的な発言していたのが、とても奇異に感じました。私個人の認識ではイエスマンは日本より海外企業の方に多くいると感じていたからです。ドイツ特派員さんも書かれていますが、かの国では上が変わると仕事内容がガラッと変わります。自分が誰について行くかが死活問題になると言っても過言ではないと考えます。確かに言葉だけ捉えれば「○○のため」との言葉は奇異かもしれませんが、それを発言した役員は「○○のため」に働くことは「会社のため」に繋がると信じていたのかもしれません。その辺りを抜きにして、海外は素晴らしい、日本は駄目なんて短絡的に議論することの方が滑稽です。そんなに自分の住んでいる国を卑下して楽しいんでしょうか?そんなに不満なんだったらとっとと出て行けばいいのに。でも海外でまともな生活を得るには日本以上に厳しいですよ。スキル(実力)とキャリア(学歴)の両方を求められます。いくら日本では売名に長けた方々でも難しいでしょう。不満だけを言うのではなく、改善策を提示して前向きな議論をする人が本当に少ない。ま、大衆は後ろ向きの議論につきやすいですから仕方ないのでしょう。

投稿: hirosz | 2011年11月19日 (土) 17時31分

hiroszさん、久し振りに熱いじゃないですか(笑)。

当然日本企業で居心地の悪い人はいるでしょうが、それが本当に「日本企業」と括れるだけの性格なのか、その辺を曖昧にして話しているんですよね。だから「日本は駄目だ、こうでこうでこうだから」じゃなくて、「日本はここをこうすりゃあもっと凄くなるよね」としたいんですよ。全く持って同意でございます。

投稿: ドイツ特派員 | 2011年11月20日 (日) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/53278073

この記事へのトラックバック一覧です: 人事異動で少し考えた:

« 来たよ来たよ来たよ来たよ!!!:「noah」(Light Bringer) | トップページ | 凡庸と普遍の間:「noah」(LIGHT BRINGER) »