« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

庶民の社交所:「荒木屋」(東京都渋谷区)

2月の寒い外回り、やっぱり何を食うってトンカツになるわけで。

たまたま、いつも通る渋谷で昼飯、ということになりました。ここ、通るばかりで昼は行くことも少ないんですが、ずっと気になっていたトンカツ屋があって、今回挑戦することに。

Dsc_0300

色々書いていて少し怪しげですが。


続きを読む "庶民の社交所:「荒木屋」(東京都渋谷区)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルピーダ破綻に思う

今日、日本で唯一のDRAM製造会社であるエルピーダメモリが会社更生法を申請しました。

エルピーダが会社更生法の適用申請へ、「日の丸半導体」が破たん

個人的には一時頻繁に訪問していたこともあり、非常に思うところがありますね。

続きを読む "エルピーダ破綻に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

ネタ枯れの昨今で御座います

ということでもないんですが、ここのところ体調不良も手伝い、中々腰をすえて何かを考えるということが出来ていないですねえ。ま、元々それほど考えていないというのもあるんですけど。

続きを読む "ネタ枯れの昨今で御座います"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

少しの毒気:「Lien」(Tears of Tragedy)

何かすげー後悔してるぞおおおお

いやね、先日Tears of Tragedyを含む5バンドのライブがあったんですよ。で、私ってぼさっとしてるから、「ま、当日ふらっと行って入るかあ」なんて思っていたら

ソールドアウト

って。。。。。。

まあ当日券待ってたんですが、少し咳がぶり返しやがりまして、ちょっとまずいと思い退散せざるをえなかったわけですよ。で、実はライブハウスまで行くとリハの音が聞えてきて何とTears of Tragedyの「It Like Snow・・・」で。いや、聞えてきたHaruka嬢の声が音源より太い!更に成長しているのか?いや、体型じゃなくて(笑)。それで少しまたアルバムにない音を聴いていたわけです。それが、コンピレーションの「Samurai Metal」に入っている「Lien」。

続きを読む "少しの毒気:「Lien」(Tears of Tragedy)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

有り得ん組み合わせ:「嘉文」(愛知県刈谷市)

先日は名古屋方面に出張、夜はお約束の如く名古屋メシで手羽先に溺れておりました。

が、昼はやはりトンカツしかないだろ?ということで捜していた刈谷。が、中々見つからないトンカツ屋。普通駅前には何軒か専門店があるだろう!と怒りながら、「ま、ここに行こうか」と入ったのがここ。正に刈谷駅のビルの中。

Dsc_0310

魚料理じゃねえか!


続きを読む "有り得ん組み合わせ:「嘉文」(愛知県刈谷市)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

やっちまった・・・・

モノには寿命があります。が、それにしてもどうしてこんなに寿命が短いのか?

イヤホン・・・・

で、やっちまいました。

41cjmvja2kl_sl500_aa300_


続きを読む "やっちまった・・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

やっぱりこれしかないのかな、この人は(日本電産・永守社長)

ちょっと会社で色々と記事を検索していて、たまたま昨年末に出ていた日本電産の社長の記事が目に入って来ました。

よいお手本は韓国のサムスン・LGにあり

表題はいいとして、何かこの人も人の子なんだねえ、と妙に感心してしまいました。

続きを読む "やっぱりこれしかないのかな、この人は(日本電産・永守社長)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

居心地の悪さを感じる記事

(言い訳すると、凄く直情的に書いてますから、まだ理屈が成り立っていないところも結構あるんですがお許しを)

最近、やたらと「専門性」「グローバル」という単語を目にするようになったと思います。例えば、

ウェブが変革をもたらした新しい世界では ゼネラリストはいらず専門家だけが生き残る

『平均的な労働者』はどん底に落ちる

確かにトーマスフリードマンが言う「フラット化する社会」の縮図なのかも知れません。

でも、何か釈然としない。本当か?本当にそうか?

続きを読む "居心地の悪さを感じる記事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »