« 有り得ん組み合わせ:「嘉文」(愛知県刈谷市) | トップページ | ネタ枯れの昨今で御座います »

2012年2月20日 (月)

少しの毒気:「Lien」(Tears of Tragedy)

何かすげー後悔してるぞおおおお

いやね、先日Tears of Tragedyを含む5バンドのライブがあったんですよ。で、私ってぼさっとしてるから、「ま、当日ふらっと行って入るかあ」なんて思っていたら

ソールドアウト

って。。。。。。

まあ当日券待ってたんですが、少し咳がぶり返しやがりまして、ちょっとまずいと思い退散せざるをえなかったわけですよ。で、実はライブハウスまで行くとリハの音が聞えてきて何とTears of Tragedyの「It Like Snow・・・」で。いや、聞えてきたHaruka嬢の声が音源より太い!更に成長しているのか?いや、体型じゃなくて(笑)。それで少しまたアルバムにない音を聴いていたわけです。それが、コンピレーションの「Samurai Metal」に入っている「Lien」。

いや、改めて聴いてみると、実はクリアボイス的に捉えていたHaruka嬢の声が、結構引っ掛かりのあるものを持っているのに気付きました。ハスキーというと語弊があるんだけど、少しざらりとしたものが入っている。ヴィブラートも朗々と掛けるタイプじゃなくてもう少し振るわせる感じ。それも凄く曲の中で引っ掛かりになっている。でも、自分としてはこの感覚って不思議に気持ち良いんだよね。凄く表に出る個性じゃないんだけど、ちょっとした添加剤のような色付けで、好き嫌いは分かれるだろうな。ある種の毒気と言って良いかもしれないですね。まあ私は好きだから書いてるんだけど。

こういう音楽のちょっとしたことって結構重要で、あるフレーズの息の抜き方が好き、とか、ホンのちょっとだけどしゃくるのが嫌い、とかで好き嫌いが分かれたりする。そこに怖さや面白さがあるわけですけど、でもこのバンドはカッコいいよなあ。ま、ちょっと歌詞の英語が良く分からんが(うーん、意味的にはわかるんだけど、定冠詞と不定冠詞の不一致がどうもしっくり来ないw)。

しかしさあ、私がいけなかったライブの後に「暫くライブやらない」って、悔しいったらないよね。あのリハで聞えていたのは間違いなくグレードアップしていたからなあ、ガンガンライブやってくれっていうのも勝手な要望かも。でも、この「Lien」という曲も上質なスピードメタルだし、更に化けて欲しいんだよなあ。で、「Lien」は無かったけど、1stの「Elusive Moment」のサンプル音源が上がっていました。

ここではフェードアウトしているけど、「Anfillia」の最後、「落ちていく街と共に眠ろう」という歌詞が結構好きで。いや、特に理由は無いんだけど。

という悔し紛れのエントリーであったw。

|

« 有り得ん組み合わせ:「嘉文」(愛知県刈谷市) | トップページ | ネタ枯れの昨今で御座います »

コメント

気管支炎、まだ完治しませんか…。

私も土曜日行こうかとも思ってましたが、ソールドアウトということで諦めました。特派員さん(とスナッキーさん)にご挨拶したかったのですが(涙)…。
現地着いてもお顔を存じ上げないので無理かも、ですが。
Twitter始めるべきかなぁ…

Tears of Tragedy、素晴らしい新曲を携えて戻ってきてほしいですね。

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年2月21日 (火) 20時07分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

いや、殆ど治ってるんですけど、まだツボに入ると咳き込むんですね。で、どうも当日も出なかったんでもとより無理だったわけで(涙)。次はひな祭りに渋谷ですよ。

ですね、TOTはほんとに質が高い音楽やっているし、かなり独特の位置だから楽しみです。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年2月21日 (火) 22時49分

その日のライブがyou tubeにあがっていますよね

投稿: matrock | 2012年3月 2日 (金) 18時45分

matrockさん、

先ほど見たら削除されていました。やはり隠し撮りだったのでしょうか?かなりの曲数をこなしたと聞いています。うーん、行きたかったですねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年3月 3日 (土) 07時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54035971

この記事へのトラックバック一覧です: 少しの毒気:「Lien」(Tears of Tragedy):

« 有り得ん組み合わせ:「嘉文」(愛知県刈谷市) | トップページ | ネタ枯れの昨今で御座います »