« 庶民の社交所:「荒木屋」(東京都渋谷区) | トップページ | 出張するらしい »

2012年3月 4日 (日)

高みへ:LIGHT BRINGERワンマンファイナル@渋谷 Boxx

3月3日のひな祭り、ということでもなく、ついに初ワンマンツアーのファイナルを迎えた愛するLIGHT BRINGER、当然の如く参加してきましたよ。場所は前回のワンマンと同じShibuya BOXX、キャパは300人ですね。

で、その前にブログ仲間になってもらっている髭・スカイウォーカーさんとご挨拶。凄く礼儀正しい方でこちらが恐縮するというか。それでもラブリーに関してはやはり殆ど意見があるのが面白いですねえ。

で、いよいよ参加。

80’sHRが流れて最後にY&Tの「Keep on Runnin'」だったかな、そこから幕が下りてメンバーは既にスタンバイ、真ん中にLEDレーザーの檻に入る形で女神Fuki様。

や、やっぱり美しいです。。。。

演出も素晴らしいんですが、彼女の全体の雰囲気なんですよね、その華麗さっていうのは。で、SEの「創世」で開始、そのままアルバム「genesis」の通り「ark」に。

うわ、こんなに前押しで行っちゃうの?

というくらい約82%の男性(推定)がずーっとステージに突進。私は割りと後ろで音のバランス見ながら聴くのが好きなんですが、あっという間に周りにスペースができちゃった。そこからはもういつも以上に低域に音をずらしたように思えるメタルバンドとしてのラブリーワールド。特にHibikiのBが凄く出てた。その分MaoのKeyが少し引っ込み気味だったかな?

前半は「genesis」の曲主体にアルバムに忠実に再現していました。女神Fuki様、更に髪も盛って少し赤色まで入ってゴージャスに。ま、カッコだけやってもしょうがないんですけど、何しろ歌が凄い。以前ちょっと話していた「細さ」みたいなものはもう全く無くて、完全なメタルボーカリストですよ。特に高音の伸びが凄すぎ。「カルンシュタインの系譜」なんてもう涙モノ。あれだけ乱れないヴォーカルって中々いない。でもMCは相変わらずのグダグダさ、まあ可愛いから全て許す(笑)。ほんと、これだけ可愛さと強さと華麗さを持ったフロントって貴重、しかもライブで映える。付いていきます、ずっと。

演奏陣はサポートのギタリスト以外は今まで通り。Seiyaのギターの音が抜けるようになったなあ。ただ、音のまとまりは前回のミニライブの方があったと思う。今回は重さに重点を置いたんじゃないかな?サポートのギターJaYの音が多少シンセっぽい感じで独特だったのが印象的、ちなみにサポートのJay君、少しウェンツに似たイケメンです。

それにしても高水準の曲と演奏がこれだけ出せるバンドって本当に凄い。特にリズム隊のテクが凄いんですよね。途中で「It's Showdown」やったけどこれも相当な出来(ちょっとドラムが走るけどw)。

すんません、中盤からのセトリは全然順番は覚えていません。とにかく凄かったのは「Upstream Children」以降の後半の盛り上がり。これから私、夢中で腕振り上げていました。もう楽しくてさ、こんなときに楽しまなくてどうする、って感じで。以前以上にメジャー感というか、普遍性が出てきたんですよ。「Continue!?」の時のステージングの楽しさなんかは、このバンドの生命線だと思う。そう、そういう楽しさとキュートさ(というと少し語弊があるけど)があるハイテクなメタルバンドって、世界捜しても無いんじゃないかな?その個性の強烈さがこのバンドの立ち位置を決めていると思う。だから、「genesis」は少しそのメタル世界が薄かったのかも。で、この「Upstream Children」の時、天使Fuki様乗りすぎてマイクを飛ばして観客にぶつけるということが。そのときに初めてFuki様が人に謝っている姿を見たwww。でもねえ、この後半からのFuki様のMC、ニコニコ笑って舌をペロっと出して、また失神してますた。でも、この楽しさがあるのは凄く良い。

なんて言いながら、「あれやってねえだろ?新譜から」ということで、「genesis」の個人的キラーチューンであるこいつが来ましたよ。

Love You♡

この♡に私は完全に最初騙されていた、とんでもない名曲。スピードメタルの速さをキープしつつ、キュートで強い歌、汚れのない日本語を使った歌詞、どう考えてもLIGHT BRINGERしか出来ないハードチューン。この最後でもFuki様、歌の力が落ちないんだよなあ。何だろう、声が怪しいところが無いわけじゃないんだけど、そんなのが二の次になるくらいの強さ。この辺は半分頭振ってたから良く分からないけど(笑)。でもこの曲聴きながら涙腺が緩んでくるのは何でだろう?

で、これで終わり、なわけねえよなあ。

ということで、アンコールがまず「開幕~Resistance」というかつてのオープニングナンバー。もう安定で磐石、という奴です。ほんとに凄いバンドだなあ。で、「みんなで歌ってください」というFuki様のMCで、ついにセトリに復活した

Dream!

もうさ、この曲って日本のロック史上畢竟の名曲だと思う。それどころか歌詞を訳していけば世界でも充分ポピュラリティー持てるんじゃないかな?それぐらいの曲だと信じている。それにしても「歌って!」で、CDにはないコーラスを観客が歌えるって何だよ?で、ブリッジのKAZUパート、完全に観客歌ってやんの(笑)。ちなみにこの曲、以前はCDとの歌いまわしの違いが結構気になってたんだけど、それがなくなってきました。いや、凄く素直に凄い声を出してる。

良いライブを堪能できました。特に後半の盛り上げ方、色々な指摘を受けてやっていってると思いますけど、演奏力という基本でそれができるわけで、基本ではあるんですが凄いことで。今にして思えば、去年に歌が少し変わったことがあったんだけど、それは試行錯誤していたのかも知れない。結局、(あくまで私が、だけど)一番良い形のヴォーカルになってきたわけで、これでドンドン進んで欲しいと思う。

まだまだ改善するところはあると思う。例えば「Diamond」の歌はいつも通り何故か合わないし、もっともっと若いファンが増えて欲しいし(特に女性)。あと、あえて言えばKAZUの抜けた穴、それは音ではなくバンドの重心としてなんだけど、をどうするのかな?というのはいつも感じる。多分バンドが一番悩んでいると思うんだけど。

まだ、まだまだ、高みはあるから。それで、一人でも一度はライブを体験して欲しい。本当に楽しいから、高質なヘヴィーメタルが経験できるから。

<追記>
セットリストを某所から拝借しました。
SE 創世
01. ark
02. espoir
03. Just kidding!
04. merrymaker
05. 奇跡
06. カルンシュタインの系譜
JaY Guitar Solo
07. Babel
08. In Disguise
Mao Keyboard Solo
09. 風
Seiya Guitar Solo
10. Upstream Children
Satoru Drum Solo & Hibiki Bass Solo (Session)
11. IT'S SHOWDOWN
12. 光の王女
13. noah
14. Continue!?
15. Diamond
16. Love you♡

EN
17. 開幕 (生演奏)
18. Resistance
19. Dream!

|

« 庶民の社交所:「荒木屋」(東京都渋谷区) | トップページ | 出張するらしい »

コメント

大変お世話になりましたm(_ _)m
私のBlog紹介っぽいリンクまでしていただいて恐縮です。

しかしめちゃめちゃ速いですね、エントリまとめるの。さすがです。

今回、バンドのアンサンブル(特にリズム隊)のおかげで「genesis」のあまり“メタル”っぽくない曲でもライブで聴くと“メタル”してるな、と思いました。ギアがハマった時の「推進力」が凄いというか。

これでgenesisツアーは終わりなので、4/14はもっと色々奏るかもしれませんね。Hearn's HeavenもBurned 07もいいなぁ。ライブ録るならWe're All In This Togetherとかも。

いずれにせよ楽しいライブでした。お疲れ様でした!

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年3月 4日 (日) 02時37分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、昨日は有難うございました。

そうですね、そういうところで曲の姿が変わるのがライブの楽しさですね。次のシューティング、どういう曲をやるのかそれはそれで楽しみが増えました。

またよろしくです!

投稿: ドイツ特派員 | 2012年3月 4日 (日) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54134375

この記事へのトラックバック一覧です: 高みへ:LIGHT BRINGERワンマンファイナル@渋谷 Boxx:

« 庶民の社交所:「荒木屋」(東京都渋谷区) | トップページ | 出張するらしい »