« 出張するらしい | トップページ | 次回の追加公演で盛り上がる演出を考えてみた »

2012年3月 6日 (火)

何だか変だと中国で考えてみた:大前研一の教育論を肴に

大体ですね、The 21とPresidentとBig Tomorrowをいっぺんに読むと眩暈がするわけでね(笑)。

ほんとこの三冊、お笑いのネタに欠く事がないですねえ。まあPHPなんてサラリーマン洗脳会社みたいなもんだから当然なんですが。で、今回たまたま手にしたのがこの本。

5760

どうでも良いけどこのイラストが好きじゃない。私は揶揄を込めて「前向き君」と言ってますが。で、大前研一先生が子育てについて書いているんですけどね。曰く
・子供の成績が良ければ危機感を抱け
・教師の言うことを聞くな
・ドロップアウトは文科省への見切り、大いに喜べ
ということで、大前家のお二人の息子はドロップアウトしても立派な今がある、ということだそうです。この例から、無理に枠に収めずにやれば子供は上手くやる、と。

あのなあ・・・・

いや、今の教育が良いとはそりゃ思わない。でも、だから「日本だけの教育」が悪いのか、と言われればそうじゃなくて、大量のドロップアウトを生んでそれが貧困になっているアメリカはどうなのか?中学で行き先を固定されるドイツはどうなのか、受験競争でそれこそ枠にはめた教育を行なう韓国の躍進はどうなのか、全くわからん。多分ドロップアウトの定義が全然違うのは分かるんだけど。

(凄く個人的な感覚をいえば、今日本に生まれて住んでいるというのは、世界から見たら相当に幸運な国だと思う。餓死も相当少ない、犯罪も少ない、そこは現時点では確実だと思うんですよ、将来は別ですが)

それより何より、因果関係が逆じゃないか?ドロップアウトしたら良くなるんじゃなくて、優秀な奴は学校教育なんざに関わることなくドロップアウトしても大丈夫、ってだけでしょ?まあそういう奴を型にはめた教育で縛るのは良くないと思うけど、もう少しいえば本当に優秀な奴ってそれを軽く超えていくんじゃないのかな?「超える」という意識すらない気がするな。この例で言えば「あんたの息子はそうだとして、じゃあ世の中のドロップアウトは皆幸せなのか?」という話で、余りに我田引水が酷いな、と思う。ドロップアウトで言えば、例えばこんな記事を見つけました。

ドキュメント高校中退

だから、彼が言っているのはあくまで「中退しても大丈夫な頭のいい奴は中退しても大丈夫」という、実は何の意味もない言葉でしょう。まさか数も数えられないドロップアウトが「文科省に良く逆らった、お前は偉い!」というわけじゃなく、正に彼が言う所の「一人で生きる力」のない人間なわけで。もうちょっと言えば、「学校教育に絡んだ連中はみんながみんな生きる力無くすのか?」ということでね。

更に彼は、家庭内で利権を作って(例えば手伝いを金銭に換算して)相場を教えよ、と言っている。で、「ユダヤ人の家庭ではみなこういうことをやっている」らしい。確かにやっている家は日本より多いでしょう、彼らは自分の身しかないわけだから。じゃあユダヤ人は皆貧乏じゃないのか?この「皆やっている」というのはマユにつばでしょうねえ。寧ろこれなんて「家庭内教育の枠」に押し込んでいるともいえるわけで。てか、そんなうざい家庭は嫌だ(笑)。

これって、例えば「元暴走族の弁護士」とか「ヤンキーだった先生」とかを持ち上げるのと同じですよね。もしそれが普通ならみんな暴走族入って弁護士になるし、先生になりたきゃヤンキーになるし。そんなのが普通な世界があるのなら本当に教えて欲しい。まあ暴走族は今や高齢化集団らしいけどw。

要は一部の物凄く特殊な例をとって全体を語るのはおかしい、ってことなんですよ。事の是非は別です(だから、今の教育が良いとは言わない)が、本当にその確率がどうかはちゃんと検証したほうがいい。例えば「大企業もいつ倒産するか分からない、だから大企業は安泰じゃない」という話があって、「山一證券も拓銀も倒産した」という話が出るんですけど、それは実は特殊な部類で、逆にじゃあライブドアは潰されてオリンパスが残ってるのは寧ろ大企業が良いよね、という話かもしれない。だからと言って大企業が良い、という意味じゃなくて、そこからの結論が余りに飛躍しすぎてるんですよ。

まさかこんな記事読んで「よし、子供をドロップアウトさせよう」と思うバカはいないと思いますがね。

|

« 出張するらしい | トップページ | 次回の追加公演で盛り上がる演出を考えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54142023

この記事へのトラックバック一覧です: 何だか変だと中国で考えてみた:大前研一の教育論を肴に:

« 出張するらしい | トップページ | 次回の追加公演で盛り上がる演出を考えてみた »