« 愛読書 | トップページ | KAZUへ »

2012年4月15日 (日)

次への「開幕」:LIGHT BRINGER追加公演@渋谷BOXX

ライブは、バンドは生き物なんですよ。

我が愛するLIGHT BRINGER、東名阪ツアーを終えて、更に今回渋谷にて追加公演、しかもDVDシューティングが入るということ、その上に私の周りでも賛否両論(私は「否」ですが)の「genesis」再現とそれ以外の二部構成という、今までにないライブです。

色々あるが、とにかく行ける時は行ってやるぜ!ということですが、いつも通り後ろでまったり観戦です。

今回、例えばIron Maidenの「戦記」ツアーのように先に完全再現をしてからその他に行くのか、それともIt Bitesの「Once around the World」のようにまず色々とやってから再現するのかの予想がつきませんでしたが、まず「genesis」再現から始まりました。開始は、前回と同じ演出で、レーザーの籠に入った女神で姫で天使のFuki様が出てきて歌う、というもの。「創世」~「Ark」ということで、その後はMCも全く入れず、「genesis」の曲順そのままに進行していきます。「カルンシュタインの系譜」の前、「espoir」の前、「風」の前もかな、少しインストパートが拡張されましたが、それ以外は全くアルバムのままです。

いや、凄く演奏力が高いし再現力もある、非の打ち所がないんですけど、何か鑑賞モードなんですよね。バンド側もとにかくきっちりやることで進めている感じが強かった。そう、「DVDシューティングレコーディング」といった趣き。私自身、少し乗り遅れたところがあったのかも知れないなあ、と思いながらも、最後の「Love You♡」で「愛してる~」と歌って投げキッスしたときのFuki様の照れた顔を私は見逃さなかった(笑)。ここはいつも観客に歌わしていたからなあ。それでも、やはりこれだけの曲を一気に演奏するのは凄いな。

で、私としては淡々とこなした感があった一部が終わり、しばしそのままお待ち状態。で、始まった二部は「開幕~Resistance」と「真夜中のサーカス」という「Midnight Circus」の初っ端と同じ曲から。女神Fuki様は「Midnight Circus」の衣装でお色直し。もう磐石の美しさで麗しさ。

ええ?何この熱気の違い???

いや、何かもう気合が違うんですよ。「気」が入っているというか。そのあと、正直カメラが入っていることに浮かれポンチのFuki様のMC(「みんな気にしないでね?」とか言ってたけどあんたが一番気にしてるww)が入って、通常のラブリーモードに。で、「Diamond」「Upstream Children」と続いて、それからは1stの「Tales of Almanac」から「Rain」「Frothy Summer」「Closed Sister」と続きます。

正直、この辺の歌はかなり厳しかった。前半の再現の疲れもあったんだろうけど、冷静に聴けばFuki様は器用なヴォーカルじゃないわけで、今の歌い方では過去の曲が厳しいんだと思う。以前のライブではそれなりにこなしてたと思ったんだけど、やっぱりファルセットとかが厳しいのかな?あと、どうしてもずれる「Diamond」のAメロ、これは改善して欲しいんだけどな。ただ、厳しかったけど、それを超えたバンドの一体感が出てきていて、そこが気にならないというかね。「そんな細かいことはどうでも良いや」と思えたのが実際。特に今回は前回以上にSeiyaのギターの音がクリーンになったと思う。あと、やはりヴィブラートは練習したんじゃないかな?

あと、前半と後半でかなり位置を替えたんですが、前半気になったベースのブーミーさが後半の位置(少し左にずれた)では解消されました。これが立ち位置の関係なのか、音の調整の結果なのかは分かりませんが、後半の音の方がバランスが良かったと思います。

で、この後だったと思うんですが、JaYの正式メンバー発表がありました。これまで他のバンドからのサポートではなく、一番長くやっていたわけで、まあ既定路線だろうと思っていましたし、納得感はあります。Kazu以上に頑張ってくれ!

更にFuki様、もう何言ってるのかよく分からなくなってきた単なるファミレスでのダベりのようなMCが続き、ここからが更に凄かった「Burned 07」~「Dream!」~「Hearn's Heaven」のハードチューン畳みかけ。

凄いよ、もう有無も言わさず凄いよ。。。

もう最後のフルスロットルという感じ、それまでのキツいと感じたヴォーカルもやっぱりこういうファストナンバーでは本当に映える。「Dream!」のイントロは既に皆があるはずの無いメロディーを歌うというIron Maidenの「Fear of the Dark」状態だし、最後のシャウト、その前の歌い方を変えたところで予想していたんですが、初めてCDと同じキーのフェイク無しで生で聴いた。いや、高さだけではない歌としての声が素晴らしい。更に、余りに感動的なイントロのキーボードに続いて、久々に聴けた「Hearn's Heaven」、もうこれで充分、という感じでした。

今回、冒頭で言ったように、やはりバンドは生き物なんですね。同じ演奏陣が同じ日にやり、しかも演奏としての善し悪しを逆転させるほどの力が出たときの迫力。前から強調していますが、「キュートさ」というメタルバンドにはある種禁じ手のテイストを完全に取り込んだ楽曲と歌、その上で全てがミュージシャンシップを持った演奏、こんなバンドは世界に無いでしょ?本当にこの日本の宝ですよ、LIGHT BRINGERは。まだまだ向上するところはあるし、Fuki様の歌の幅をどうするのか、とかあるんだけど、まだ上を目指すところがあるのが凄いところだし、求めたいところだし。

今でも完全再現というのはまだ違う、と思っているし、DVDシューティングだとしても二部の構成に上手く「genesis」を入れたほうが良かった、という感は消えません。もっと女性ファンが増えるべきだとも思うし。でも、メンバー交代もあり、これから次の展開に繋がるということでは、期待が高まるライブでした。

やっぱさ、色々あるからライブは生で見たほうがいいね(笑)。

|

« 愛読書 | トップページ | KAZUへ »

コメント

お疲れ様でした&お世話になりましたm(_ _)m

「Rain」はちょい厳しかったですね。まぁ、ふっきーは吸収してる最中の発展途上だと思うので、黒猫あたりからしっとりナンバーの極意を盗んでいただきたいですね。

仰る通り「Dream!」のラスト・シャウト、今までで最高でした。そしてそこからの「Hearn's Heaven」への流れですよね!

ラブリーの魅力って「既に完成してるところ」じゃなくて「高いレベルにありながらも、まだ先を期待させるポテンシャル」っていう部分もあるのかな、と思いました。あと、少しの不安定さ(笑)

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年4月15日 (日) 21時20分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

そうですね、裏声の使い方なんだと思うんですけど、まだ幅は広がると思うんですよ。あと、確かにその不安定さはありますねえ、Satoruのドラムとかも。でもそれもFunに繋げられるキャラがあるから、その間に修正して欲しいですね、こじんまり纏まるんじゃなくて。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年4月15日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54479648

この記事へのトラックバック一覧です: 次への「開幕」:LIGHT BRINGER追加公演@渋谷BOXX:

« 愛読書 | トップページ | KAZUへ »