« KAZUへ | トップページ | 大きなことは出来ないけれど »

2012年4月22日 (日)

そんなにフリーになりたいならば

最近、フリーだのノマドだのというキーワードで、「如何に組織に縛られずに生活するか、仕事するか」ということが出て来ている気がします。で、まあせまーいWebの世界ではあるのですが、

フリーランスを目指します!

ノマドで何処でも生きるようにします!

会社なんかに頼らないようにします!

というのを目指す人が出てきているようですね。

でも、その前にちょっと考えてみようよ、という話で。

いや、そういうあり方はあって良いと思います。でも、かなり厳しいことだ、というのはわかってるのかなあ?という疑問があるんですね。

大体、一人で徒手空拳で生きるわけでしょ?他の人と相当差別化できるウリがないと厳しいのは分かりますよね。ある意味職人として生きていくわけで、その手にある職がどの程度人に利益を与えることができて、その一部を自分の利益に出来るか、ということを考える必要があります。

あとね、「しがらみのある会社員生活は厳しいから」というのもあるでしょう。ある程度は理解できますし、私もそういうしがらみは嫌です。ただ、少し考えれば判りますけど、どうしても人と関わることで世の中は回っているわけで、そのしがらみを断ち切るのは相当な労力が必要です。

今、会社勤めをしているのであれば、会社の中で独立した仕事を目指す、というのはどうなんだろう、と思います。例えばプロジェクト立ち上げに手を上げて成功させるとか、例えば管理部門であれば、自分にどれだけ要望や仕事が入るようにするか考えるとか。営業であれば、自分だけのネットワークを構築して成果を上げるとか。会社に行かないでモバイル中心で仕事するように宣言するとか。

「いやあ、会社の中でそれをやるのは難しいよ」というあなた、多分自分で独立して仕事するなんてまだ早いんじゃないかな?

私の親は職人の自営業でしたから、組織に属して仕事するか自分でやるか、どちらが大変かはある程度分かるつっもりです。そりゃ自分でやるほうが大変。要は一人で会社なわけで、その上責任は全部自分。それで最低自分を養うわけですよ。できます?そこまで行かなくても、誰も頼れない、もしかすると敵を作るかもしれない仕事を社内ですらできないのであれば、その実力は自分でやろう、なんていうところには到達していない。頭下げる必要のない人ならまだしも、ね。その会社のしがらみを切る何処呂じゃない大変さがあると思いますよ。

会社組織であってもラインから外れて一人で仕事するのだって結構辛いわけで、それが出来ないうちからやれノマドだフリーだなんて、バンド他のアンサンブルでカバーできる環境でもちゃんとギターも弾けないのに「俺はルカサー並みのスタジオミュージシャンになる!」って言ってるようなもんで(この喩えが分かる人は少ないがw)。やはりある程度段階を踏んだほうが良いだろうし、出来る人はそこを目指すんじゃなくて、それが自然に出来るようになるんじゃないかな?

いや、別にそういう個人としての行き方が悪い、って言っているわけじゃなくて、会社にはそれなりに守られていることもあるわけで、特に日本の終身雇用制度の下では、それを最大限に利用してスキルをつける、ということを考えるのも個人の戦略ではありだと思うんですよ。犯罪でも犯さない限りそうそう首になることのない大企業のサラリーマンがわざわざ危険だけ冒してやることでもないわけで、かなり好きなようにやったら良いんじゃないかなあ、と思うわけですな。寧ろアメリカの企業なんか首が怖いから上ばっかり見ている人も少なくないわけで、日本の制度の方が暴れようと思えば暴れられる、とも思う。

そういうところはいいとこ取りしてもバチは当たらないと思いますね。

|

« KAZUへ | トップページ | 大きなことは出来ないけれど »

コメント

ノマド万歳

投稿: ふじいさん | 2012年4月22日 (日) 18時55分

ふじいさん、

実際、そういう自由な生活は憧れますけどね。そればっかり言っても駄目な訳で。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年4月22日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54534861

この記事へのトラックバック一覧です: そんなにフリーになりたいならば:

« KAZUへ | トップページ | 大きなことは出来ないけれど »