« 事実と真実の間 | トップページ | 「何が」でなく「誰が」が重要なわけです »

2012年5月13日 (日)

知り合うという幸運

この下のエントリーでも少し触れてますが、先日、とある方と食事をしていました。私より二回り近く年下の方なんですが、「今度食事しましょうよ」と誘っていただいて。いや、誘われて行かないなんて無粋なことは出来るはずも無く、かつて住んでいた駅の懐かしさもあり、とても楽しい食事となりました。

で、その方から「Halestormのカバーがカッコいいよ」と教えてもらい、聴いて見てぶったまげたのがこのSkid Rowのカバー、「Slave to the Grind」。

(オフィシャルで音声だけです)

何じゃあ?このハイパーさは?

いや、Halestormは2010年のLoudparkにも来日しているし、「いい」という話を良く聴いていたんですけど、ちょろっと聴いて少し触れるものが無かったんですね。ところが今回これを聴いたらなんちゅう凄い声。Lzzyという女性なんですが、性別関係ないですね、これは。他も改めてYouTubeで聴いてみたんですがヘヴィーメタルじゃなくてハードロックなんですよね。この辺の微妙さは言っている本人も明確に判っているわけじゃないんですけど。

最近、こんな感じで自分よりずっと若い人から新しい音楽を教えてもらうことが多くて、本当に助かっているというか楽しいというか。多分、「まあオッサンだけど寂しそうだから相手してやるか」という敬老精神(笑)もあるのかな?とは思いますけど、こちらは何しろ未発達なもんで初老な見かけと精神年齢が追いついてない(汗)。だからなのか、割と面白がって話していただけるんだろうか、とも思います。

自分自身、今まで年齢やら経歴やらを必要以上に気にしていたと思いますね(いや、それは実際に今でも凄くあって落ち込むことも多い。これはまた別にエントリーしたい暗い内容なんですが)。で、私がSNSやブログをやっていて、そんな前提条件でフィルターせずに色々な人と出会えるという意味で、とても私には重要なツールになっています。で、使うのは人間だからそこは今までと変わらないところは多いんですけどね。やっぱり年齢って最初にフィルターの対象になるじゃないですか?でも、それだと詰まらない。年齢に関係なく素晴らしい人は素晴らしいわけで、その意味で凄くありがたい世の中かな、と思います。

例えばFacebookで昔の人を見つけたりして関係が復活するのは凄く楽しいことです。でも、それも新しい何かを上乗せしたい。同窓会じゃなくて「今」を見せたいと思う。いや、見せるほどのものはないし、人間の本質なんてそんなに変わらないと思っているんだけど、それでも新しい上乗せや変化があることを求め続けるのが重要だろう、と思っているんですよ。だからそのために新しい人や環境を求めたい。正にLike a rolling stoneで。

日本人って変化が嫌い、とか、若い人は動いてない、とか言いますけど、そんなことはないと信じたい。いや、大枠での方向はあるかもしれないけど、皆が皆そんなわけはないし、今回お会いした方だって、ちゃんと動いて、何かを動かそうとしている。私なんて何にも手伝いとか助けは出来ないけど、邪魔しないことは出来るし、経験で話すことは出来るだろうし、それは精神安定的なものでも役に立てれば物凄く嬉しいし。

大したことじゃないんだけど、凄く楽しく幸運を感じた今週なのでありました。

|

« 事実と真実の間 | トップページ | 「何が」でなく「誰が」が重要なわけです »

コメント

はじめまして、Halestorm絡みで来ましたww

Halestormはハードロック系の曲はもちろん、今回のセカンドではガールズロック系の曲もあり、それがなかなか良くて今年上半期の中ではトップ5に入ってます。

そうそう
自分は35歳なんですが、やっぱり色々な所からクールな音楽を教えてもらったり、逆にこっちから教えたりっていうのもあって・・・なんかそういうのは年関係なくすごくイイですね!

自分の身近な周りでは、洋楽自体聴いている人がほとんどいなくて寂しかったのですが、最近入社した子が自分とかなり音楽的に似ているものがあってすごくうれしいです。

投稿: sazaby | 2012年5月14日 (月) 22時06分

sazabyさん、どうも有難うございます。

Halestormは良いですねえ、原初的なロックがある感じがします。

これを教えてもらったこともそうですが、色々な前提条件を外して楽しめたらこれほど良い事はない、と痛感しています。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年5月16日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/54702939

この記事へのトラックバック一覧です: 知り合うという幸運:

« 事実と真実の間 | トップページ | 「何が」でなく「誰が」が重要なわけです »