« ライブの詳細が決まりました | トップページ | ライブ終わりました! »

2012年6月19日 (火)

久々に上海を歩いてみた

私が初めて中国に足を踏み入れたのは確か2002年だったと思います。まだ新しい浦東空港が出来てそれほど経っておらず、空港の周りは何もなかったという記憶しかありません。で、その時は何故か一日自由な時間があって、市内をぷらぷらしたり、外灘を歩いたりしたわけですが、それ以降市内に行く機会が殆どありませんでした。

で、今回は昔少し歩いた豫園の近くにホテルを取ってもらったんで、ぶらぶらと10年ぶりに歩いてみました。

いや、仕事ですよ、今回の出張も(笑)。

P6192178

豫園というのは、明代に出来た庭園ですが、残念ながら5時までしか開いていません。その回りがみやげ物が並ぶ歩行者天国なわけです。

P6192183

P6192186

こんな感じでぎらぎらに装飾しています(ちょっとシャッタースピードは遅くしてますが)。ある意味中国らしいというか。

まあ当然ながらその向こうの外灘には高層ビルが立ち並んでいるわけです。

P6192205

ところが、その豫園の向かい側にはまだこんな光景が広がっているんですね。

P6192191 P6192193 P6192195
P6192194

正直、「これが庶民のパワーだ」とかとはもう思わないし、そりゃ現地の人だって綺麗な方に行きたがると思う。ただ、まだ事実としてこういうところが恐らくいたるところに残っていて、先端の開発と一緒になっている(共存じゃないでしょうね)というのがその開発のスピードの速さの証明かも知れません。

こういう所は遅かれ早かれ無くなっていくと思います。こういうのをノスタルジーとして有難く思うのは既にこんな状況をなくしてしまった人たちのエゴと思えなくもない。ただ、こういう所にある生活の基礎みたいなものを切り捨てながら発展していることは気持ちのどこかに持っていていいんじゃないか、と思っています。

|

« ライブの詳細が決まりました | トップページ | ライブ終わりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55006417

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に上海を歩いてみた:

« ライブの詳細が決まりました | トップページ | ライブ終わりました! »