« をい、こんなことをしている場合か! | トップページ | 掘り出したもの »

2012年7月13日 (金)

いじめと実名暴露に思う

(これは恐らく批判もあることだろうと思いますが、あえて自分の分からなさを含めて残してしておきたいと思います)

昨年あったいじめによる自殺について、まず亡くなった中学生はどれほど辛かったか。お子様を亡くされたご両親はどれほど悔しかったか。これは「いじめ」ではなく「殺人」だと考えた方が良いような話ではないか、とさえ思います。私が親という当事者になっていれば、恐らくはっきりした相手に殴りこみに行っているでしょう。

更に言えば、「加害者側にも人権はある」ということで一時調査をしなかった教育委員会などは、何を寝言言っているのかわからん、ということでしょう。

という、私の立場を言った上で、「それでもそれはおかしいんじゃないか?」と思うことがあります。

それはネット上で繰り広げられた「加害者であると思われる」人たちとその親の実名の暴露。実は私はそこを見ていないのですが、更にとある有名人までそれを拡大するということになり、それに「すばらしい」「賛同します」という感想が並べられたそうです。

ちょっと待って欲しい

「こんなことで加害者が何も罰せられないのか」という感情、物凄く良く分かる。上にも書いた通り、私が当事者になったらそうでしょう。でも、それを拡散している人たち、その人たちはその加害者であると思われる人が当事者である、という確認を取ったのでしょうか?「ここで誰かが声を上げなければ」という話はありますが、それを拡散した人のかなりの人は「声を上げる」ことにかこつけて自分の感情のはけ口にしているだけじゃないですか?それが人違いだった場合、貴方達は責任を取るんですか?

もう少し言うと、起こった後で義憤に駆られるのであれば、そうならないように事前に何も出来なかったことを少しは反省すべきでしょう?よくあるじゃないですか、「あそこの家からはよく虐待と思われる声が聞こえて、やっぱりね、と思った」って、それって何もしなかったってこと、というような後出し行為。

我々は警察じゃない。少なくとも法治国家で生きている。最悪当事者達が行動を起こすことについては裁判という方法を含めあるでしょう。赤の他人がまだ分かりもしない対象にあたかも犯人のように情報を出すのは「やるべきではない」ことではなくて「やってはいけない」ことなんですよ。

感情としての義憤は分かる、自分もそうだし、少なくとも私自身が過去にいじめを受けた経験も持っているので、その間のキツさたるや、経験のない人には想像できないと思う。加害者への人権とかということも「そんなもん無くて良いじゃないか」とさえ思う。思うけれど、今のネットでの拡大って、やっている人の感覚は芸能人を追っかけているレポーターと何ら変わらないんじゃないか?これでいじめはなくなると思いますか?

言っておくと、教育委員会なり学校なり警察なりの対応は本当にあり得ないくらい酷いものだし、もし加害者が特定されて未成年保護で刑罰を与えられないのなら法律改正しても当事者か保護者が処罰できるようにすべき。そこに話を持っていくべきじゃないのか?もう少し言えば、これは「殺人事件」として関係者を捜査すべきだと思う。それなら「加害者の人権」なるものの意味は大きく変わってくるわけで、「だから捜査しない」ということはありえなくなるはずです。「犯罪者」としての責任を取るようにするべきで、もし未成年に責任が無いのならその親なり舞台を放置した学校の先生なりが「殺人」に関わった者としての責任を取るべきです。

重ねて言います、この被害者を自殺に追いやったもの、許せないです。同等以上の罰を与えるべきだと思う。ですが、そのことと、赤の他人がその加害者と思われる人の情報を無責任に拡大することが許されるとは思えないんです。「自分の身に起こったらどうなのだ?」という疑問もあるでしょう。が、それは「自分が無責任な噂で被害に遭う」ということも「自分の身に起こる」ことの想定に入れるべきです。同じ力は法改正や教育機関への批判に使うべきでしょう。

この事が正しいことだと言える自信はありません。ありませんが、それでも危ういものを感じるのも事実です。

|

« をい、こんなことをしている場合か! | トップページ | 掘り出したもの »

コメント

こんばんは。初めてコメントします。
まったくもって同感です。
件の有名人は某巨大掲示板などから材料を持ってきて晒したようですね。

確かにネットの力によって世の中の流れが変わることもあるでしょう。しかし、ネット、ネットを使う我々は人を裁いたり、社会的制裁を与える立場ではないはずですし、そうなってはいけないはずです。

こうしたことが嵩じると、ネットによる社会的制裁が当たり前のようになってしまう…私はそちらのほうに強い危惧を感じます。本来、自由性に富むはずのネットによって、逆に自由性が失われてしまっては本末転倒ではないかと。

件の有名人は単なる功名心から、あんなことをしでかしたのでしょうか。

投稿: 奇天烈音楽士 | 2012年7月13日 (金) 01時41分

奇天烈音楽士さん、あちらではお世話になっております。

同意頂き感謝です。コメントの後半にある、自由性の喪失というのが更に危ういことだと思っています。使う側のリテラシーが問われることであり、それを失うと必ず逆の力が働くと。

有名人については、特に考えもなく反射的にやったとしか思えませんねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年7月14日 (土) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55179851

この記事へのトラックバック一覧です: いじめと実名暴露に思う:

« をい、こんなことをしている場合か! | トップページ | 掘り出したもの »