« いざ、初のトルコ上陸へ:カッパドキア大移動編 | トップページ | 少しトルコ料理でも »

2012年8月30日 (木)

高所恐怖が何だ!:カッパドキア気球搭乗記

さて、このカッパドキア、奇岩群の光景をより楽しめるように、気球ツアーというのがあります。日の出を狙って飛び立ち、ご来光を空の上から楽しもう、という企画。

が、

私は極度の高所恐怖で、観覧車すら乗るのをためらうヘタレ。さて、どうするか、と悩み、

ここで死んだら本望だ(大袈裟w)!

という意気込みの元、やってきました気球ツアー、というわけです。

朝5時頃に途中の御茶屋みたいなところに集合、軽くパンとかを食べてから夫々に出発です。

P8272432
こんな感じで火を入れて膨らませます。

P8272436
次々と飛び立つ気球群でございます。

パイロットに聞いたら、カッパドキアでの気球が約90機、この日は約70機飛んでいたそうです。パイロットになるには13ヶ月の訓練が必要で、大体100人ちょいのパイロットがいるとのこと。

P8272465
ふわりふわりと飛んでいる気球群です。

P8272573
こんな感じで奇岩群に近く飛んでいきます。

写真の通り、雲ひとつない晴天で、風も殆どない絶好の日和でした。が、私はもう怖いのと楽しいのがぐちゃぐちゃで何がなんやら判らない(笑)。横のスペイン人団体は身を乗り出して下の光景を撮っていましたが、「気でも狂ってるんじゃないか?」とマジに思いましたから。

P8272577
P8272530
P8272563
で、ついにご来光ですな。初めての経験でしたが、やっぱり意を決した甲斐はあったかな、と。

P8272595
一番高度が上がるのは1000mで、流石に怖い(笑)。ただ、飛行自体は非常に安定していますので、普通の人は別に怖くはないと思います。

P8272616
ちょっとやってみたかったジオラマモードでの撮影。気付くのが遅かった(汗)。

という約50分の飛行、いい経験をしたと思います。奇岩群も楽しめるし、気持ちのいい朝焼けも楽しめる。御代は150ユーロで高いけど、明日から飯を我慢すればいいんだよな(涙)。

更にトルコ旅行は続くわけです。。。。


|

« いざ、初のトルコ上陸へ:カッパドキア大移動編 | トップページ | 少しトルコ料理でも »

コメント

特派員さんとの共通点がまた一つ見つかって喜んでいるワタクシです。
高所恐怖症。
自分の脚で大地に立っていないと安心できません(笑)

しかし、綺麗な写真ですね!トルコ気球特派員様の決死の現場レポート、堪能いたしました(笑)

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年8月31日 (金) 22時31分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

そんなことで喜んでは大きな人になれませんw。でもほんとにいい経験が出来たと思いますね。なんというか人間の小ささというか。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年9月 1日 (土) 12時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55543106

この記事へのトラックバック一覧です: 高所恐怖が何だ!:カッパドキア気球搭乗記:

« いざ、初のトルコ上陸へ:カッパドキア大移動編 | トップページ | 少しトルコ料理でも »