« 大切な「友」のライブ:R.J. x TIAバンド(青山 月見ル君想フ) | トップページ | ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) »

2012年9月30日 (日)

映像の力は強い:「Memory of genesis」

何のかんの言って一番今愛しているバンドであるLIGHT BRINGERのDVDでありますから、当然文句垂れても買うわけですよ。しかも世に言う「フラゲ」という奴で、一日早く買ってやんの。

41d0myk9ghl

やっぱりさ、見ちゃうのよ。


曲はこんな感じです。

<第一部:genesis再現>
1. 創世
2. ark
3. noah
4. merrymaker
5. Babel
6. カルンシュタインの系譜
7. Just kidding!
8. 光の王女
9. espoir
10. 風
11. Love you ♡
<第二部>
12. 開幕 -Instrumental-
13. Resistance
14. Le Cirque de Minuit ~真夜中のサーカス~
15. Diamond
16. BURNED 07

第一部はもうコンサートそのまんま、なんだけど、やっぱり堅いなあ、最初は。当時のレビューでも似たこと書いてますが、そんなに間違ってないなと思います。特に「Ark」なんて難曲だし、かなり演奏に集中というか、他に気が回らないというか。で、音はかなり整理してますね。当時は相当低音域が効いていた、少しブーミーとでも言える音像でしたが、今回はその辺を相当カットしているんじゃないかな?で、反面我が姫Fuki様の声はかなり太くなってる。これが録音し直しかイコライジングかはわかりません(明らかに録音しなおしているところもある)。実を言うと、私はそんなにライブ音源をいじることには否定的じゃないんですよ。何処まで、という線引きは難しいと思いますけど、作品で残すわけで、それに耐えるものにするのならそれはありじゃないかな、と思ってます。現場に居た人間として言っておくと、歌に問題を感じたところは殆どないです。ちなみに第二部での「Diamond」ではハウリングとは残していますけど、私はこれは別の意図かな?と穿った見方してますけどね(笑)。割と生々しく残しているのは「Burned 07」ですね。結構ヴォーカル疲れてますもん(笑)。

演奏についてはまあ安定の域ですよね。以前は少しSatoruのドラムがばたついたりしたことがありましたが、多分今回は殆ど修正していないと思います。音量バランスは取っているでしょうから、ちょっと綺麗過ぎるかも知れないですけどね。クールに決めるMaoは相変わらず。JaYは当然水準以上の上手さなんですけど、まだ音がなじんでないかな?これからでしょうね、その辺の融合が更に進むのは。Seiyaのヴィブラートは強烈に泣いていて、これは相当練習したのは良くわかります。

第一部はそんな感じでもう再現に入っていて、殆ど煽りはないんですけど、やっぱり映像がついているというのは強いなあ、と思います。これだとやっぱり見入りますもんね。で、割とプレイヤー目線で写しているから、特にギタリストは楽しいんじゃないかな。もう少しKeyのMaoの手元がアップならかなり均等にプレイヤーに注目できると思う。それにしても本当に上手いバンド。プレイヤーが自己主張しながら固まりも作れるという、今の日本のメタルだとやっぱり図抜けてるなあ。その上でやっぱり女神Fuki様、どう見ても麗しいと思うぞ。ま、もう少しリバウンドしたほうが好みではありますが。でも完全にメタルヴォーカルですよねえ。可愛い感じを意識したところよりそちらが印象に残る。あと、やっぱりHibikiってメタル好きなんだなあ、と改めて思いましたな。ダイブはお約束だけどね。

で、その中でもやっぱり「noah」「Merrymaker」「カルンシュタインの系譜」「Just Kidding!」というのは良い曲だなあ、と思う。だから、「Babel」のように重い曲(この曲でSeiyaは7弦のCrews弾いてるのに初めて気付いた)や、J-Popバラードのような「風」なんかが凄く生きる。結構この曲順は重要だなあ。で、なんて淡々と行きながら、やっぱり最後の秒殺キラーチューンの「Love You♡」。

すげえええええ

もう正に秒殺、最初のバースでもう名曲。こういう曲のこういう歌い方で初めて「女神で姫で天使で妖精のFuki様」になれるわけですよ。ま、投げキッスを自分にされた、と思っている野郎が私の知っているだけで23人くらいは居ます(嘘w)。

で、第二部に直ぐ入るんですけどね。うーん、演奏も歌も素晴らしいんだけど、やっぱり中途半端に感じるなあ。あの場にいた人間なら、「こんなもんじゃないよ、もっともっともっともっと楽しいんだよ!!」と言いたいと思う。前も言ったKAZUの生んだ比類なき名曲である「Upstream Children」「Hearn's Heaven」「Dream!」が外れているだけじゃなくて、多分DVDだけ見た人は何かちょっと構成にちぐはぐな印象を受けると思う。まあ収録している曲も水準を超えた素晴らしさなんだけど、これらの曲が入って初めて完全なLIGHT BRINGERなんだよなあ。あの「Diamond」での掛け合いが二部全体にあった、という感じでしょうか。

これからSatoruとSeiyaが脱退します。でも、Satoruにはちゃんと最後叩かせてあげたかったな。彼が結構バンドの接着剤みたいな位置付けだったんじゃないか、と思っていて。どこかでちゃんと「お疲れ様、待ってるぞ」という場を作ってあげたいな。次のライブではスーパーSeiyaタイムを更に盛り上げてやりましょう!

これからのLIGHT BRINGERへの期待は、次のライブを見てから考えたいと思います。行くぜ!!

|

« 大切な「友」のライブ:R.J. x TIAバンド(青山 月見ル君想フ) | トップページ | ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) »

コメント

さすが、冷静且つ愛のある分析♪
ほぼ同じ意見で、生ライブ見てないから二部の曲順入れ替えなんぞはちょいとちぐはぐ感ありましたね、実際。ただ、もうライブの楽しさとかこなれ感が半端じゃないからやっぱこっちが本領ってのは一発。だから故にその3曲必須だったかもしれないけど、新人バンドの最初のライブDVDとしちゃ相当良い出来映えでしょ。次からも期待しますよ〜♪

投稿: フレ | 2012年10月 1日 (月) 00時16分

ほんと、私とは全然違う視点で冷静に分析していただいてるので感謝です。なんせ私まだ見てませんからね(汗)参考にさせていただきます(笑)

特派員さんが熱い分析をしてくれたおかげで、私は思う存分“壊れる”ことができるってもんで(笑)
役割分担w

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年10月 1日 (月) 19時44分

フレさん、

これ、新人の初DVDと考えれば凄く水準は高いと思いますよ。だからこそその三曲、って考えちゃいますけどね。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月 1日 (月) 21時01分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、23人の一人ですなw。

何かいつも冷静みたいです。どっかでそういう視点も持ちたいと思ってるからかも知れませんが、でも、ヒゲさんの壊れ芸(笑)も愛あってですからね。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月 1日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55784571

この記事へのトラックバック一覧です: 映像の力は強い:「Memory of genesis」:

« 大切な「友」のライブ:R.J. x TIAバンド(青山 月見ル君想フ) | トップページ | ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) »