« 当然飛んでいきました:イスタンブール観光編 | トップページ | 韓国出張:この時期に行くこと »

2012年9月 5日 (水)

トルコ四方山話

さて、帰国してから色々と思ったトルコ紀行、だらだらと書き連ねていこうかな、と思います。

しかし、面白かったなあ、トルコ。

<タバコが安い>
町で子供が売ってたタバコが3-5リラですから(150-300円)って感じでしょうか。私はタバコを吸いませんからどうでも良いんですけど、何でこんなに安いんだろう?

<昼間からつりをしている人が何で多いんだ?>
P8292830
ガラタ橋の夕暮れ

何でしょう、それなりに働いているであろう年齢の人が割と真昼間っからフラフラしていることが多い気がします。ここで釣りをしている人も鈴なりなんですよね。で、ちょっと調べてみると今のトルコの失業率が12%くらい。日本の3-4倍という感じでしょうか。

<怪しい話その一>
イスタンブール最初の日、ブルーモスクの前に座ってさてどこに行こうか、と思っていたら年のころ50歳くらいの女性が私の横に座って、「何処から来たのか?」と。で、「日本から」と言ったらその後こんな話に。

「私はオーストラリア人なんだけど、今は色々世界を回るジュエリーデザイナーとして働いている。実は日本にも北海道に別宅を持っていて年に二回は行く。トルコは契約している宝石店があるんだけど、どう、そこに一緒に行かないか?」


まあ言ったら体の良い客引きですわな。で、適当に話をしながら「ま、興味あったら行くよ」ということで別れたんですけどね。

<怪しい話その二>
同じ日の夕方、ブルーモスクの夜景を取るぜ、ということで同じ場所に来たら、男が「写真を撮ってくれ」という。で、一枚取ってやって、じゃあね、と言おうとしたら、「お前何処から来た?」という話になってやっぱり「日本だよ」と答えたら、その後こんな話に。

「私はドバイから出張で来ているんだが、明日にはスイスに行く。で、これから少し夕食でも、と思うんだけど、どう、一緒に行かないか?」

午前の話以上にあからさまに怪しいw。

大体自分からボロ出してるんだけど、「明日はもう一つの空港からスイス行くんだけどさ」って、足下らはそんな国際線は出てないんだって。予定は?と言われたんで「いやあ、ホテルに友人待たせてるからさ、残念だけどじゃあ」ということで別れたわけで。で、ちょっとどうなってるか遠巻きに見てたんだけど、同じ辺りでうろうろカモになりそうな奴を探している感じでした。

まあ、こんなのも旅の面白さなわけで、また飛んで行きたいイスタンブールと言うことでございます。

|

« 当然飛んでいきました:イスタンブール観光編 | トップページ | 韓国出張:この時期に行くこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55589937

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ四方山話:

« 当然飛んでいきました:イスタンブール観光編 | トップページ | 韓国出張:この時期に行くこと »