« 少しトルコ料理でも | トップページ | トルコ四方山話 »

2012年9月 4日 (火)

当然飛んでいきました:イスタンブール観光編

奇岩群カッパドキアはかなり堪能しましたが、まだまだ見ていない地下都市なんかがあるんですよ。ですが、日程も限られている以上涙のお別れ(嘘)。ということで一路大都市イスタンブールへ向かいます。

これがまた深夜の到着ということで、不安倍層。どうやって公共機関を最大に使うかに悩みます。

空港からはシャトルバスが飛行機発着ある限り市内中心には出ています。そこからはどうしてもタクシーになるんですが、12時を回って捕まるのかが不安でしたが、ホテルに電話すると、「全然問題ないよ」とのこと。で、実際に移動すると本当に鈴なりにタクシーがいて問題はなかったですね。ちなみにタクシーは初乗りが100円くらいで結構安いです。

実はホテルから最初、「予約有難う、でもうちのホテルは小さくて狭いから覚悟してね」というようなメールが来てたんですよ。で、行ってみると、何のことはない、極めて普通の広さ。一泊6千円くらいでしたが、もう充分で市内のど真ん中だし。

P8282683
P8282687
P8282692

朝っぱらということでグランバザールに。まあ観光地化されているわけですが、色は鮮やかですね。なんだろうな、ケバケバしさと少し違う色彩感ですね、私には。いや、やっぱりけばけばしいか。

イスタンブールというのは大きく湾を挟んでヨーロッパ側とアジア側に分かれていて、更にヨーロッパ側が旧市街と新市街に別れています。私が泊まったのはヨーロッパ側旧市街という観光ど真ん中。

Istan02jpgda1

ということで、徒歩範囲を回ろう、ということで有名なブルーモスク近辺を。まずは地下宮殿遺跡。

P8282711
P8282727

ここは見たものを蛇にするというメデューサ像で有名。二枚目がそうですね。で、「宮殿」とついてますが、実際は貯水池として使われていて、今は世界遺産の一部です。

P8282781
P8292857

一枚目がソフィアと言われるモスク、二枚目がブルーモスクと月。やはりイスラムは月でしょ?ということで。しかし露出長くしたからカメラの安定に苦労しました。ちなみに色々鮮やかな色合いが多いので、持っているカメラの「ポップアートモード」というのが手軽で役に立ちましたね。

で、どうしても撮りたかったボスポラス海の朝日。

P8292900
P8292914

やっぱり朝日とか夕日ってそれだけでそれなりのサマになるから楽ですよね。かなり色的には嘘もありますが。

ほんとに駆け足で、しかもトプカプ宮殿というでかい宮殿は休みだったし、本当にちょこっと触っただけではありますが、とても面白く、また来たいと思いますねえ。

で、あとはちょっと気付いたことなんかを追記していきたいな、と思います。

|

« 少しトルコ料理でも | トップページ | トルコ四方山話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55563819

この記事へのトラックバック一覧です: 当然飛んでいきました:イスタンブール観光編:

« 少しトルコ料理でも | トップページ | トルコ四方山話 »