« 期待の成長:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo | トップページ | 梅棹忠夫の対談を自分に照らしてみたりした »

2012年10月12日 (金)

覚悟:LIGHT BRINGERライブ@原宿アストロホール

どうもこうも脱退続きでどうしようもなく不安定な状態にある我が愛するLIGHT BRINGER、で、何故かこの時期に東阪ワンマンということ、しかも脱退を決めたSeiyaのラストライブということもあり、少し逡巡したものの参加を決めた今回のライブです。

391699_346229018806154_1302898934_n
観客は200人強かな?

このアストロホール、結構こじんまりしたところなんですが、ステージが結構高めなんでメンバーは見やすそうだなあ、という作り。で、いつも通り後ろの方でまったり見ていると、正体関にはGacharic Spinのメンバーが。結構対バンしたバンドの人が招待されているみたいですね。

で、このところのオープニングの定番になっている「genesis」のオープニングである「創世」から、メンバーが出てきて、そのままFuki様登場後、やはりアルバム通り「Ark」へ。
HIBIKI、気合入ってる!
流石に今回は、天使Fuki様以上にバンドの全体感を感じたかったんですよ。いや、髪も3割盛り、胸も3割盛りのFuki様、相変わらず磐石の麗しさなんですけどね。ちょっと戻したかな?私の意見を受け入れてくれたかな?(わけないw)。
今回、正直に言えばFuki様のヴォーカルは調子がよくなかった。出したい音に届かない感じで、「Ark」では「まだ硬いのかな?」と思っていたんだけど、「noah」でも同じような感じで、高音で少し無理にシャウトして詰まっているものを取り除きたい、でも取れない、っていう気がしました。あ、別に歌えてないとか、そういうことじゃなくてなんですけど、今までがその辺を感じたことが無かったので。
で、今回はとにかく重めの曲を並べてきた印象。その後「今にも落ちてきそうな空の下で」「Merrymaker」「Just Kidding!」と来るんだけど、やはりメジャー感バリバリのキュートな曲とは少し違う。で、「真夜中のサーカス」でやはりメタルメタルな印象。この辺、HIBIKIがこの後の展開で考えてる路線なのかな?と思いながらも、「これはこれでありだよな」と思っている自分もいたり。で、やっぱりFuki様のヴォーカル、かなり荒っぽい。が、
これもあり
と。いや、ライブで完璧なだけなんてそれは面白くもないし、寧ろ演奏の気合と意外にも合ってたりして。基本はインプロかまして、と言うバンドじゃないからそこは出音全て、というところがあるんですけど、そこが今回はよかった。いや、寧ろ低音なんかは以前より相当抑えてるんですけど、それがサポートドラムのひでじい(Mahatma)と合っていたんじゃないかな?もう少しKeyの音が聞えて来たら最高の音響だったんじゃないかな?少なくとも後ろはそう聞えました。HIBIKIの気合なのか、抑えてもBはちゃんと出てたし。
で、その後懐かしの「Red spider Lily」を挟んで、MCを挟んだかもしれないけど相変わらず内容がないから覚えてない(笑)。ちなみにやたら「生はいいだろ?え?生が最高だろ?」とない胸を張ってエロトークw。更にそこから無茶苦茶スピード上げた「Resistance」、バラードの「風」と続きます。で、この「風」のSeiyaのソロ、
泣き泣き、号泣モノ
もう置き土産のようなプレイだった。ほんと、惜しいなあ。JaYには更に頑張ってもらわないと。これからサポートでいくのか、正式メンバーを入れるのかはまだ判りませんけど、ドラムは選考に入っているようですけどね。
で、もとより荒いヴォーカルが更に荒くある意味ロックだった「Burned 07」を挟み、ここからがラブリーの本領である「キュートだけどハード」な曲、まずは「Continue!?」でいつものダンスタイム、途中でFuki様、動きの指示だけして歌っていない、と。最後、アンサンブルが乱れてスリリング(汗)、でも本当に良い曲だよなあ。で、で、で、ここで秒殺キラーチューンその1の
Hearn's Heaven
が!ほんと、この曲は既に名曲の域だと思う。歌詞の切なさ、KAZU節炸裂の曲のハードさとポップさとキュートさの融合、ありえない水準の曲。そしてもう定番になった「Diamond」の、普段の数倍大きい「Super Seiyaタイム」を挟んで、更に秒殺キラーチューンその2、
Love You
いや、これ連発されたらたまらんだろう、と思ったら、ギターソロから歌に戻れないというありえないミス!これで歌詞の入りが変わってしまい、Fuki様の投げキッスを待っていた推定83人の野郎共が号泣(これも嘘w)。ここまで崩れたのは初めてだな。
ここで本編終了、とにかく全体にHIBIKIが引っ張っていくという気持ちが全面に出たライブです。今までとは表情も違う(あの化粧はどう見ても15年位前の渋谷のガン黒ギャルだけどねw)。今までの整合感とは違う勢いを感じましたね。
で、アンコールで、「半年はライブしない」「来年春にアルバムを出す」宣言を全く意味が判らない例え(単身赴任で待っててくれたら浮気していいからとか、意味が判らんw)でグダグダとFuki様が発表した後、新曲ということで、「Tales of Promise」という曲が。
お、おい、何だこの名曲の予感は。。。。
多分HIBIKI作なんだと思うんですが、今までのLIGHT BRINGERの曲調であるスピード感のあるサビに特徴を持ってきた曲なんですが、何か少し違う。これは凄く肯定的な「違い」なんだけど、これ、すげー曲になるんじゃないかな?この曲で次のバンドの展開を期待できるようになりました。あえてSeiyaを外して演奏したところも「覚悟」なのか?
で、ここでSeiyaが登場、このバンドでは異例とも思える最後の挨拶、よかった。「僕達は後ろの人の声も顔もわかる、だからライブでもみんな応援して欲しい、音楽も辞めない、辞められなくなった」。そりゃそうさ、辞めちゃ駄目だよ。で、最後はそれを振り切るように「Upstream Children」で締め。
私は今回、HIBIKIの「覚悟」を感じました。彼がバンドを存続させる、引っ張る、その意識が強かったと思う。新曲でもそれが出てたんじゃないか、と。ライブなんて勢いでナンボ、と思ってるんで、ミスや細かな問題より、今回のそういう姿勢のほうを肯定的に感じましたね。
まだまだ不安定でどう壊れるかもわからない状態は続いていると思います。それでも、過去の曲、これからの曲、これだけのものが出せるバンドはやはり少ないと思う。その「覚悟」に付き合ってやろう、と思わされた夜です。

しょうがないよね、好きになっちまったんだから。。。。

|

« 期待の成長:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo | トップページ | 梅棹忠夫の対談を自分に照らしてみたりした »

コメント

 昨日見に行ったんですが(割と後方からです)、新旧がうまく混ざり合い、構成的に満足できたライブでしたね。

 新曲は聞きそこないましたが、それを差し引いても良かったと思います。

 今後は、Gを探す(Drが決まりそうということは)だけのようですが、歌えるのを探すのか、そうでないのか、ただ曲を書ける人がいるわけで、軸は変わらずに進んでほしいですね。

 海外で見似たケースがありますが、来月maoが前座のサポートとして出た後のライブをするPRETTY MAIDSや、DEF LEPPARDと状況は似てますね。

 どんな曲を出すのか、楽しみにしたいと思います。

投稿: DD | 2012年10月12日 (金) 19時22分

ライブ、お疲れ様でした!
いや~、特派員さんのこの記事の内容と私が書こうとしてることカブるカブる(笑)
確かにHibikiの決然とした態度に、今までとは違った形のラブリーの未来を垣間見た気がします。

ますます想いは萌えあがっ、いや燃え上ってきましたのであと半年待つのなんて余裕です(笑)

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年10月12日 (金) 21時54分

DDさん、有難うございます。

これからを語るにはまだ不安定な状態ですけど、それでも、これからを語れる要素は今回出てきた、と思います。このライブが無ければそれがなかったんじゃないでしょうか。

まだ、まだまだ、音楽を出してもらわないと。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月13日 (土) 15時08分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

これから新しく質の高いものが出てくれば、今まで、これから、更に別れたKAZUやSeiyaやSatoruのこれからも含め、もっと良い音楽が増える、と思うんです。そうあって欲しいし、そうあることが出来ると思うから。行きますよ、まだまだですよ。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月13日 (土) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55871874

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟:LIGHT BRINGERライブ@原宿アストロホール:

« 期待の成長:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo | トップページ | 梅棹忠夫の対談を自分に照らしてみたりした »