« ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) | トップページ | 覚悟:LIGHT BRINGERライブ@原宿アストロホール »

2012年10月 7日 (日)

期待の成長:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo

このところ日本のメタル・ロックを良く聞くようになったのですが、その中でもイチオシと自分で思っているバンドの一つがTears of Tragedy(以下TOT)。以前レビューも書きましたが、まだまだ整理の余地があるものの、凄く潜在能力を感じるんですね。一度LIGHT BRINGERの対バンで出た時に見ているんですが、その時は全然意識がなかったわけで。

で、以前行こうとして行けなかったライブのリベンジではないのですが、今回二度目のライブ、実際には意識して行った初めてのライブです。

Dsc_0864

今回は諸般の事情でTOTまで参加です。レビューはTOTのみ。

アルバムの入りと同じピアノイントロの「Vorspiel」から。今はメンバーはVoのHaruka、GのToru、KeyのHayatoの三人で、DrとBはサポートですね。
Index_2
(左からToru、Haruka、Hayato)

Vo以外がまず出てきて、そのままやはりアルバムと同じ「Silence Ocean」へ、ここでHaruka嬢登場。
うーん、ちょっと固いかな?

以前の音源を動画で聞いたりしていて、それに比べるとずっと安定感は増しているんですけど、ちょっと低域が苦しそう。煽りの声が物凄く普通なのもその辺の影響かも。でも、凄く面白い声で、音量ががーんとあるタイプでもないはずなんだけど、ちゃんと通ってくる。知っている曲と言うのを差し引いても、歌詞の聞き取れ具合はしっかりしているよなあ。で、そのままアルバム通り「Anfillia」へ。それにしてもToruのギター、上手いなあ。ここでも「通り」という言葉を使いますけど、しっかり音が通ってくる。彼のギターって、きっちり作ってそれを弾くというタイプで、Saber Tigerの木下さんに近い。少なくともアドリブでギターソロを埋めるタイプじゃない。ちなみに私は別にインプロが偉い!と思っていないので、こういうギターでスリルを作る方が好きですね。それにしてもこの曲、ほんとにカッコいいし、歌詞の「落ちていく町と共に眠ろう」というところが凄く良くてね。で、ここでHaruka嬢のMCですが、
ちゃんと喋れ(笑)。

ここまで噛めるか?と言うぐらい喋れずやり直し(苦笑)。ま、可愛いから許しますがね。何かね、彼女の立ち居振る舞いが「可愛い」感じで、やってる音楽とえらくギャップがあるのが面白いというか。大体見た目が完全にミッキーマウス意識だしなあ。ということでさっさと次に行くことになりw、「The invisible World of the Moon」、TOTではミドルテンポと言っていいポップチューンですね。この辺からHaruka嬢のヴォーカルが暖まってきた気がします。しかし聴けば聴くほど不思議な声ですね。ハスキーだけどしゃがれていないし、ハイトーンじゃないけどしっかり高音も出るし。あと、バックがいい音量バランスだと思います。Keyが出過ぎると興ざめなんですけど、かなりその辺を押さえながらのバランスにしていたと。リズム隊は流石にこういう音楽をサポートするだけあって上手い。それからToruへのバースデイタイムを挟んで(もしかしたらもう一曲後かも)、またスピードチューンの「Own Crime」、この辺になるとバンド全体がタイトになって来てますな。で、次に私にとっては新曲が来ましてね。
これがいい!文句なくいい!

以前上げた「It Like Snow・・・」路線の哀愁系ナンバーで、サビが悶絶。あとね、ライブハウスで知らない曲を聴いて、曲自体が訳判らないことって多くないですか?でも、流石にその辺も整理されてて、上手く聴かせていたと思う。この路線と今までのスピード路線を上手く組み合わせたらかなり期待できるんじゃないかな?で、最後にやはりTOTにとってはミディアムでポップな「The Arclight of the Sky」でお開きとなりました。
来年にはセカンドを出す「予定」だそうですけど、この声とバックのギャップって、物凄く個性的だと思うんですよ、だからその部分を上手く消化した曲を組み合わせて行って欲しいな、と思うんですなあ。あと、私が次のアルバムに期待するとすれば、一つは歌詞の完成度。以前も書いてるんですけど、徹底して日本語の方が良いと思う。その場合でも音節の切り方とかに注意したら凄く印象が良くなるんじゃないかな?あとはライブを重ねることですかねえ。認知はまだ当然低いままだと思いますから、もっとガンガン認知を上げればなあ、と。で、軽くメンバーのうちHaruka嬢とHayato氏と挨拶して退散しました。Haruka嬢は一度お会いしたことがあって覚えていてくれてましたね。まあ父親世代ですがw。
で、最後に一つ、
Haruka嬢は実物もっと可愛いんだから、Twitterアイコンとかは変えた方が良いと思いますです。

|

« ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) | トップページ | 覚悟:LIGHT BRINGERライブ@原宿アストロホール »

コメント

声って不思議ですねぇ。HARUKAさんとかMAHATMAのNaNaさんもそうですけど何故か埋もれない。
ここ最近でしょうか、メタル演奏とVoの上手い住み分けがなされてきたのって。以前はもっと演奏に対抗するようなVoだったようにも感じます。しかし、誰もがふっきーみたいに正面から演奏にぶつかっていって負けないわけじゃないので。「埋もれない」というのは声質もそうですけど、曲の作り方も少し広がってきてると感じます。

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年10月 7日 (日) 10時31分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

確かに色んな音楽が混合されてきていて、ヴォーカルにしてもかなりクロスした状態になってますね。ここからまた新しい形態が出てくるようになれば、それは面白いことだろうと思います。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月 7日 (日) 17時51分

私もこの日は参戦しておりました
ご挨拶できず残念です。
11月のライブは行きたかったのですが、仕事が重なってしまったため断念。12月のHARUKA祭に参戦を密かに画策しております

投稿: matrock | 2012年10月28日 (日) 13時11分

matrockさん、

そうでしたか、また次回!ですね。私も次回11月は参加できません。Haruka祭、いいですねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年10月28日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/55833767

この記事へのトラックバック一覧です: 期待の成長:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo:

« ブティック系トンカツ:「赤月」(東京都港区) | トップページ | 覚悟:LIGHT BRINGERライブ@原宿アストロホール »