« ライブ用楽曲:「Dolls Apartment」(DOLL$BOXX) | トップページ | トップ外交症候群 »

2012年12月23日 (日)

何故か書けなかったライブ評:DOLL$BOXXライブ

ということで、この金曜日が仕事納めで怒涛の13連休(笑)に入ります。で、この一週間は激動の一週間だったわけですが、その中でも個人的にはやはり

DOLL$BOXXのライブ
だったんですな。あ、当然選挙は行ってから行きましたよ。
なんだけど、いつもと違ってどうもライブレポートを書く気になれませんでした。

いや、翌日が健康診断だったとか、その週に仕事が立て込んでたとかもあるんですけど、どうにもこう盛り上がれなかったんですね。

まずは曲については、某ブログから拝借いたしました。
01.Loud Twin Stars
02.monopoly
03.ロールプレイング・ライフ
04.fragrance
05.Who's Crying Now (JOURNEYカバー)
06.おもちゃの兵隊
【ビデオメッセージ:LIGHT BRINGER & METALLIC SPIN】
07.Return To Myself (浜田麻里カバー)
08.LosT AngeL (Gacharic Spinカバー)
09.ハンティングサマー (Gacharic Spin、インストver)~ソロ・タイム
10.Run To The Hills (IRON MAIDENカバー)
11.Take My Chance
12.KARAKURI TOWN
13.Merrily High Go Round
ENCORE
14.Doll’s Box
15.ヌーディリズム($ヴァージョン)
で、何ゆえに書けなかったか、というとこのライブの直前にあったDOLL$BOXX結成の経緯を流したビデオ。正直私にはここは要らないというか、むしろちょっと萎えました。二つあって、「別に音楽聞かせてくれれば良い」というのと「そんなに脱退したメンバーを責めることないじゃない?」ということ。これ、駄目なんですよ、私。やっぱりそこには少なくとも片方からだけの説明を流して欲しくなかったな、今まで一緒にやってきたわけだし。ちなみに「大物外タレのビデオレター」でのMetallic Spinはありw。あれはショーとして楽しいから良いんですよ(Fuki様は「何よあいつ等、人のライブまでしゃしゃり出てきて」とおかんむりでしたがww)
全体に演奏はしっかりしてました。と言う言い方が失礼なレベルですよね。もうとにかく一番最高なのがDrのはな兄さん。見せるためとはいえシンバルを高いところにおいて叩く叩く、その姿のかっちょいいこと。音に関して言えば、かなり不評なCDよりも寧ろよく聞き取れたくらい。特にKOGA先生のベース音はこちらの方が明瞭だったんですね。後半はかなりぐちゃっとしてたけどまあ許容範囲かな?と。
あ、姫で天使で女神で妖精のFuki様はいつも通り磐石、と言いたかったんですが、ちょっと化粧が濃かったかな?あと、歌は絶好調とは言えない気がしました。特にIron Maidenのカバーはあからさまに合ってない(苦笑)。まああれは「Iron MaidenをカバーしたMetallic Spinのカバー」らしいですから。Gary MooreがカバーしたFreeのカバーをしたJohn Norumみたいなもんだな。あと浜田麻里ももうちょっとはまるのかなあ、と思ったら意外としっくりこなかった。
その辺はある程度ライブパーティーバンド的に捉えていればOKかも知れません。途中のオレオ様独壇場みたいなのもショーとしては楽しいし(Fuki様突っ込みもあるし)、そういうプロジェクトとしてみれば目くじら立てることはないんだと思うんですけどね、何しろ本ちゃんのバンドが今ごたごたしてるからその辺が引っかかっちゃうんだよなあ。
ちょっと難しいな、と思うのは、Gacharic SpinにFuki様がいるという、通常のプロジェクトではないフォーマットなんですよね。そうするとどうしてもGacharic Spin(というかはな兄さん+オレオ様)の音楽性が色濃くなる。そこにどう彼女の声が合うのか?というのが曲によってかなりばらついていると思うんです。例えば「Merrily High Go Round」とか「おもちゃの兵隊」はもうばっちり噛み合っていると思うんですが、「monopoly」とか「KARAKURI TOWN」や「Take my Chance」は違うように感じるんですよ。どうもその辺がしっくり来ない原因なのかなあ、という。
とは言え、音楽の水準というか、演奏とか質ではこれだけのものを出せる(しかも短期間で)バンドは本当に少ないと思うので、上手く活動して欲しいと思います。ということで、あまりにふざけたPVである「Take my Chance」です。
Take my Chance (ニコ動です)
いや、Fuki様のメイド姿で死にそうになったことは秘密ですw。

|

« ライブ用楽曲:「Dolls Apartment」(DOLL$BOXX) | トップページ | トップ外交症候群 »

コメント

え~、某ブログの管理人です(笑)
記事、ようやく来ましたね。お待ちしておりました。

Run To The Hillsはキーフも合っていませんでしたね。これは弾むDrが肝でしょう。と。
因みに「はな」って名前、ブログ書くときに厄介じゃないですか?地の文と混じりそうになって(笑)。私はいつも苦労してます、そこのところ(笑)

全PVを披露した後はサクッと切り替えて本業に向かって欲しいものです。で、2ndはゆっくり時間かけて作ってほしいなぁと思います。外部ライターもっと入れていいから。

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2012年12月23日 (日) 22時23分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、リンク頂きました。

まああの辺のカバーは客層の中心であるオッサンへのサービスですな。あの合わなさと妙にコピーしているアクションを楽しむのが本道かもしれません。私もこれは外部ライターの方が良いと思うんですよ。

はな、わかりますw。だから「はな兄さん」と入れて一応分けているつもりです。

投稿: ドイツ特派員 | 2012年12月23日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/56379444

この記事へのトラックバック一覧です: 何故か書けなかったライブ評:DOLL$BOXXライブ:

« ライブ用楽曲:「Dolls Apartment」(DOLL$BOXX) | トップページ | トップ外交症候群 »