« ライブ終了いたしました! | トップページ | 英国というブランドを利用して景気高揚としての消費について »

2012年12月 1日 (土)

Jリーグ、この天国と地獄

ここでは余り記事にしていないんですが、実は毎週土曜日は殆どテレビを占領してJリーグ見てます。多分昔の子供がドリフターズとか見たいのに親父は巨人戦見てる、みたいなもんだろうと思いますけど、まあ好きだから仕方ない。

で、今回はJ1残留争いが熾烈を極めていて、何とガンバ大阪が降格圏に居ると言う信じられない事態。主力が抜けたセレッソはまあ有り得るとして、大型補強の神戸までが巻き込まれているという状態でした。
で、結果は皆さんご存知の通りです。

うーん、ガンバのJ2降格は流石に相当信じられないですね。とは言え、Jリーグできた当時はお荷物に近い存在でしたから、まだこの数年なんですよね、強豪になったのは。まあ個人的にはフォワード三銃士と言われた大黒・アラウージョ・フェンルナジーニョが居た頃が凄かったなあ。神戸はもしかすると嘉人の「ガンバやばいんじゃないの」発言が悪かったか。言ったからには逃げるなよ、柏に居たフランサや広島の佐藤寿人を見習えよ。札幌はまた一から建て直ししかないですね。

それにしても自分が涙もろくなっているなあ、と思うのは、サポーターの姿を見るときですね。前から本当に思うんですけど、サポーターって何も物理的に見返りのない存在ですよね。お金を払ってチケット買って、勝って払い戻しがあるわけでなく、負けたら金払った上に気分も良くなくなる。それでも雨が降ろうが暑かろうが応援に声を枯らすわけで、無償、と言う意味でこんな凄いことは少ないんじゃないかなあ?勝つことに泣き、残ることに泣き、落ちることに泣き、去る選手に泣き...。これで選手がサポーターのこと考えてないんならそれは本当に駄目だと思う。
セルジオ越後なんかは文句のアラを捜して色々言っているみたいですけど、私はやっぱりJリーグはそんなにおかしな方向に行っているとは思わない。色んなサッカーがあっていいし、混戦の方が面白いに越したことはない。ちなみにセルジオ氏、凄く的確なこともいうんだけど、混戦でもぶっちぎりでも「リーグの質の低さの証明」って言い方するんですよね。どっちなんだ?w
ということで、来年もまたこんなヒヤヒヤするような展開が見たいです(サポーターにはたまったもんじゃないでしょうけど)。という本当に雑感でした。

|

« ライブ終了いたしました! | トップページ | 英国というブランドを利用して景気高揚としての消費について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/56232430

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ、この天国と地獄:

« ライブ終了いたしました! | トップページ | 英国というブランドを利用して景気高揚としての消費について »