« 「全て自分である」ということ | トップページ | 乱世の時代を生き抜くには »

2013年1月19日 (土)

日本製造業の復活へ

シャープやパナソニック、ソニーに代表される製造業の苦境が伝えられる日本。ですが、私はまだまだ日本の製造業には底力があると信じています。大事なことは「欲しいモノ」を提供できるか、ということだろうと思います。

Dsc_1115

ええ、ええ、買いましたよ、買・い・ま・し・た!

と、性懲りもなく買ってしまいました、Perfettoのスエードチャッカブーツと、一緒に使おうと買ったスエードベルト。どちらもめでたくMade in Japan。
Perfettoの靴、実は昔一度持っていたのですがどうもロングノーズが合わず、手放したんです。が、作りは非常にしっかりしているし、良い靴であることは感じていたんですよ。で、ブーツ系の靴が欲しいな、と思っていたときにオークションで数回使用のモノが1万円ちょいで出ていたので思わず、ということです。23.5cmという靴の大きさも私にはほぼOK。ちょっと小さめですが、20年以上前に履いていたRegalの履き心地に似ていて嫌いじゃないです。
Dsc_1113
ちょっと不思議なのはこの内側の釣り糸。Perfettoはグッドイヤー製法を謳っているんですが、この釣り糸はマッケイ製法で見えるものです。もしかしたらマッケイとグッドイヤーとの混合かもしれません。
で、スエードのベルトがない、ということで、このバーゲン時期にうろうろしていたら見つけたのがこのベルト。5000円で非常に綺麗な色です。全く同じ、という色ではないですが、靴との距離があるのでまあ良い所かな、ということで。
日本製って、味とかというと少し違うのですが、とにかく丁寧に作っていますよね。外国製の材料の良さとか色気とかは凄く魅力があるのですが、
本当はこれに更に合わせたいアイテムが一つあるのですが、それはまだ決め切れていないので今回は見送っていますがね。
更に財布が軽くなる今日この頃です(号泣)。

|

« 「全て自分である」ということ | トップページ | 乱世の時代を生き抜くには »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/56577038

この記事へのトラックバック一覧です: 日本製造業の復活へ:

« 「全て自分である」ということ | トップページ | 乱世の時代を生き抜くには »