« 責任の難しさ | トップページ | またまた中国人に囲まれてグローバルって何なんだ? »

2013年2月17日 (日)

待望の曲:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo

昼間っから初老がライブハウスに行く異様な行動でござる。。。

ということで、昨年10月以来のTears of Tragedy(TOT)ライブです。今回は何でも8バンドほど出るので、スタートが15時半という、とても明るい時間でした。まあ夕方別件があったのと、TOTの出番が二番目だったということが上手く組み合わさったので今回のライブとなりました。
前回のライブでサポートだったメンバーが正式メンバーになり、バンドとしてどの程度タイトになっているか、楽しみでした。ということで、一番目のAfterzeroが終わってから20分ほどしてスタート、辛口で行きますよ!

遼嬢(Vo)可愛いなあ(はあと)......

いや、まあとりあえずね。実際可愛いと思いますよ、ほんと。
が、最初の「Own Crime」、どうも曲の音像が掴めない。要はコード感が出てないんですよ。何だろう、Keyの音が小さかったからかな?あれれ?という感じでギターソロでやっと「おお!」という、コードが付いてきたという。まあそこからは問題は無し。ドラムとベースは非常に安定してるし、ギターは全くもって素晴らしいプレイ。インタープレイは無いんですが、非常に丁寧で音像もはっきりしている。

2曲目が未発表曲の「Rebirth」。これ、前回のライブでやった曲ですが、いやあやっぱりいいわ。この曲なんかは全く知らなくても曲がちゃんと通ってくるわけで、やっぱり一曲目の途中まではトラブルって感じなんでしょう。しかしこの曲、サビの最後でスッとメジャーに移行していくところなんてたまりません。で、遼嬢は前回より身体を大きく使ったパフォーマンスで、ステージ映えは前回より素晴らしく、ライブを更に考えてるな、と思いますね。

ここで素晴らしくスピーディーなナンバーの「Anfillia」。それにしても何時聴いても「Anfillia」の「落ちていく街と共に眠ろう」というフレーズは好きだな。素晴らしい歌詞だと思うし、こういう日本語詩をドンドン増やして欲しい。
あれ、ここでMCだっけかな?前回と違いちゃんと話してました(笑)。暫くライブは無く、「音源製作で地下活動」という。そうか、最近はそういう表現なんだな、と妙に納得。で、4曲目でメンバーが皆後ろに向いて、「?」と思ってたら、

来ましたよ、来ましたよ


ついに来ました、「It Like Snow...」!


これねえ、去年の初めに行こうとして行けなかったやはり吉祥寺のライブのリハで聴こえてきて、「何時聴けるんだ?」と思っていたんですが、やっと念願叶った感じです。今出ているTOTの曲でもいい意味での殺傷力が最高に高い哀愁キラーチューン。演奏も歌もこの曲は素晴らしい!の一言。少しかすれた遼嬢の高音がもう最高に素晴らしい。この曲が聴けただけでこの日はもう良いや、とは言わないけど、それくらい良い曲です。

その後は、「Silence Ocean」~「The Arclight of the Sky」でした。「Silence Ocean」の時だったかな、サビのヴォーカルが半音近くずれちゃったんで、この辺は更に改善できるところだなあ。いや、やっぱり色々求めちゃうしね。

細かく言えば色々と改善するところはあったと思う。でも、それはまだまだ上に行けるということだし、ポテンシャルはCDを聴いてもよくわかる高さ。あと、バンドの重心が結構皆均等なんですよ。ヴォーカルだけが出過ぎることがないというか、民主的というか、良い感じがします。KeyのHAYATO氏はもっと弾きまくってもいいかなあ、と思うんですけど、性格なのかな、凄く温和な弾き方です(変な表現ですが)。あとね、「Rebirth」と「It Like Snow...」は曲順をもっと離した方がいいと思う。その方が緩急がはっきりするんじゃないかなあ?まあ6曲だし贅沢は言えないなあ。

秋頃までは音沙汰がなくなるというTOT、それでも期待大です、寧ろあっと言わせるアルバムを作って欲しい。ガッツポーズしたり、ガーッと泣ける曲満載でね。


ということで、「It Like Snow...」、再度です。

|

« 責任の難しさ | トップページ | またまた中国人に囲まれてグローバルって何なんだ? »

コメント

お久しぶりです。10,11月吉祥寺1月大塚は行けたのですが、2月は行けませんでした。(あのイベント見に行くと途中で帰るわけにはいかなくなってしまうので)もちろん見たいバンドばかりだったのですが。
rebirthは素晴らしいですよね。やはり日本語詞の曲の方がしっくりきますね。次のアルバムは音質の改善と曲のバラエティに期待しております。現時点での2曲は必ず期待に応えてくれそうですし、It like snowと対比をなすような曲があるとかないとか・・・・とにかく楽しみです。今月はとーるさん参加のメロデスバンドのCDが発売されるので、暫くはそちらを楽しむこととします

投稿: matrock | 2013年3月 6日 (水) 23時51分

matrockさん、コメントありがとうございます。

確かに歌詞は日本語が良いと思うんです。あの歌い方だと日本語の語感が上手く載るんじゃないかな、と。RebirthとIt like Snow...はポップサイドとしてキラーチューンでしょうから、確かに対比となるメタルチューンをどうするか、楽しみです。

それにしてもとーる氏のギターは上手いですねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年3月 8日 (金) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/56787206

この記事へのトラックバック一覧です: 待望の曲:Tears of Tragedyライブ@吉祥寺Crescendo:

« 責任の難しさ | トップページ | またまた中国人に囲まれてグローバルって何なんだ? »