« ミュージシャンとファンが近いからこそ | トップページ | 30年の希望:Journey@日本武道館 »

2013年3月11日 (月)

新体制LIGHT BRINGERライブ@横浜7thAvenue

ずっと体制が固まらず、私をヤキモキさせているLIGHT BRINGERですが、久々にライブということで、今回参加してまいりました。

Dsc_1216
Ark Storm・Vrainとのカップリングですな。

まずオープニングアクトのVrain、実はYouTubeで聞いた限りは、あまりピンと来るものが無かったんで特に何も考えず聴き始めたんですが、これが中々というか、凄くライブ映えするバンドなんですね。フロントでVo兼KeyのHiroに寄る所が大きいんですが、ファストナンバーも凄く明るい感じのステージングなんですね。けっこう儲けモンかもしれません。ちょっと気にして音源を聴いてみようと思います。

順番は前後しますがトリのArk Storm、とにかく演奏はさすがです。多分その辺の凄腕さはGalneryusと双璧ではないかな?曲としては完全に様式美系のモノなので好き嫌いは分かれるかもしれない。で、特に太田カツなんですが、もう弾きまくりの泣かせまくり。隙があればヴィブラートを入れて揺らす揺らす。が、意外な程バッキングは集中していて、当人としては楽曲を考えているんだな、と。これもちょっとした発見でした。

で、ラブリー行きます♪


まずはセットはこんな感じ。
1.開幕~Resistance
2.noah
3.Burned 07
4.奇跡
5.Just Kidding!
6.Tales of Promise(新曲)
7.Upstream Children

いつものSEである「開幕」に続いての「Resistance」、とにかくドラムが重い!で、サビの「思い出せ~」からのツーバス連打で一層メタル感の強い音になってます。もう一つ、JaYのギターが良くなってるのは特筆。CD完コピとかではないのですが、以前よりしっかり弾いているのが良く分かります。で、この曲の女神Fuki様、ちょっと危なっかしかったなあ。全体を壊すようなものではありませんが。

で、やはり重さが加わった「noah」からちょこっとMC。今回はMC少なめなんで変な発言もなし(笑)。ちなみに新譜が5月22日発売、その後全米もとい全国もとい東名阪+αツアーが計画されているそうです。また楽しみじゃ。

そのままメタリックな「Burned 07」へ行きますが、新ドラマーの弓田、こういう曲での畳み込みは凄く良いと思う。HIBIKIがやりたかったのはこの路線なのかな?という気もします。だから過去の「Tales of Almanac」からはかなり変貌してますね。良い悪いは別なんですが。更に「奇跡」に行くんですが、ここはちょっと今までとのドラムの違いが際立ちます。後ノリというか、すこし後ろに引いてくるドラムなんですね。この次の「Just Kidding!」も元は軽快な曲なのでやはりその違いが目立ちます。この辺はもう少し軽快さに力点を置いてもいいんじゃないかな?

ちょっとあとJaYのギターについて、今まで結構シミュレーター系の音だな、と思っていたんですが、今日はかなりその辺が有機的になったなあと感じました。アナログディレイだと思うんですが、単音で少し音が濁るのもそれは良しだと思いますし、何より以前より丁寧に確実に弾いている。ヴィブラートもかなりしっかりした感じになってきて、それは楽しみですねえ。

女神で姫で天使で妖精のFuki様ですが、2曲目くらいまで少し中音がふらついてて「大丈夫か?」と思ったんですが、その後は特に高音の出が過去最高と思えるくらい絶好調。「Burned 07」の最後のシャウトなんて、曲順もあるのでしょうが、今まで聴いた中で一番良く出てた。その声が最高に生きていたのが新曲の「Tales of Promise」。前回の原宿ライブでも披露されていましたが、とにかく「これだよ、これがラブリーで女神Fuki様だろ?」と言いたくなる曲と演奏と歌。これで新譜を期待しないわけには行かないでしょ?という出来ですな。


最後は定番の「Upstream Children」で。この曲でもJaYの頑張りが光るなあ。最後のアカペラでも彼のGと絶好調Fuki様のVoが上手い具合に絡むからもうたまらん。たまらんといえばFuki様、ちょっと戻ったかな?それは世の中で一般的に言う「リバウンド」という奴かな?いや、どちらでも歓迎ですがね♪。


次の新譜は相当ヘヴィーな曲が並ぶんじゃないかな?と想像していますが、とにかくいつ行ったってLIGHT BRINGERは楽しいんだよね。特に今日のライブはちょっとKeyが小さかった以外は音のバランスもよかったし、何より新曲の殺傷力が非常に高いことが嬉しいことなわけで。

それにしてもArk Stormとのカップリングとはいえ、つい2年半前にはガラガラのライブハウスでやっていたわけで、何か嬉しいというかびっくりするというか。だからもっともっとライブやってくれ!

|

« ミュージシャンとファンが近いからこそ | トップページ | 30年の希望:Journey@日本武道館 »

コメント

JaYは良かったですね。以前は少し自信無さげなところがありましたが、この日は堂々と確信を持ってプレイしているようでした。それは他のメンバーもそうで、各々の貢献が明瞭になってきたように思います。

あ、VRAIN全音源注文しました(笑)

投稿: ヒゲ・スカイウォーカー | 2013年3月12日 (火) 23時17分

高崎行けたら行こうと思ったのですが平日でさすがに無理でした。VRAINは昔は凄く好きだったのですが昨年末のライブを見た時にはなんとなくソツ亡いような感じであまりライブはのめりこめませんでした。

lightbringer新作楽しみですね。今回は曲作りの際にDARK MOORの影響を受けたという噂も(それはそれで楽しみですが)

投稿: matrocl | 2013年3月13日 (水) 00時34分

ヒゲ・スカイウォーカーさん、

ほんと、バンドとしてのまとまりは上がってきてると思います。こうでなきゃ駄目ですよね。

Vrainはちょっと興味ありますねえ。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年3月16日 (土) 11時26分

matroclさん、

Vrainは華がありましたよ。ちょっと音源聴いてみようと思います。

ラブリー、ほんと楽しみです。ちょっとダークでヘヴィーな面も出したら面白いかな、とも。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年3月16日 (土) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/56931285

この記事へのトラックバック一覧です: 新体制LIGHT BRINGERライブ@横浜7thAvenue:

« ミュージシャンとファンが近いからこそ | トップページ | 30年の希望:Journey@日本武道館 »