« 繋がり続けますよね、Oさん | トップページ | またライブに出ることになりました »

2013年4月10日 (水)

浮遊感:「Maniac Love Station」(足立”You”祐二)

ここのところ非常に日本のバンドが良いアルバムを出していて、私も嬉しい限りなんですが、ここでこんなアルバムが出て参りました。嬉しい驚きです。

そう、Dead Endの足立祐二のソロアルバムです。

私はDead Endのデビュー時代が丁度大学で大阪にいて、「どうもすげーバンドが居る」というのを知ってました。で、聴いてみてもうカッコいいの何の、ということで、特に足立祐二のマイケルシェンカー直系のミッドブーストで音列としてはウリロート直系のフレーズに正に夢中になりましたね。

で、その後ソロアルバムを二枚でして居て、最初が「Psychical Island」、次に「You's Alien」となっていますが、今回のアルバムはその「You's Alien」からの続編的な位置付けの様です。
バンドとしては足立がギターとプログラム、ベースがIKUO(元Siam Shadeの淳士とバンド活動の他、セッション多数)、ドラムがShuji(Janne Da Arc)となっています。Dead Endの影響から言えば孫世代、という感じでしょうか。

聴いてみると、意外な程バックはシンプルにして、ギターが全面に出ています。いや、ギタリストのインストアルバムだから当たり前といえばそうなんですけど、それでも相当思い切った音作りだな、と。更に言えば足立のギターも割りとシンプルな構成になっていると思います。無茶苦茶に音を重ねている感じではないですね。実際にはダブル・トリプルで弾いているでしょうが、メロディーとバッキングという意味では凄くシンプル。それにしても余りリバーブやディレイも効かせず、太い音で押してくるのは壮快ですねえ。

音楽としては、今までのソロでは一番まとまった「音楽の形態」ではないか、と思います。割と一枚目なんかは「切り取られた音をちりばめた」感じを持っていたのですが、今回は曲の構造がしっかりしているというか。

ギタープレイに関しては、彼の場合物凄く早弾きが出るとか技があるとか、そういうギターではないですね(M5「Crush Man」のブリッジのアルペジオなんかはさすがですけど)。フレーズは結構手の形から入るへんちくりんな音列はあるんですけど、基本はオーソドックスなプレイです。ただ、それだからこそメロディーで聞かせる必要があるわけで、その点の別の難しさというか、その作りこみが素晴らしいと思います。ただ、一回聴いた限りでは少しとっつきにくいところもあるかも知れないですね。美旋律があるとかとは少し違う、ちょっとインダストリアルな雰囲気も感じますから。これは彼の凄くきっちりしたリズム、バックのクールな演奏によるところも大きいでしょう。

で、そのメロディーと構造から思ったのは、彼の音楽のキーワードは「浮遊感」じゃないかな?ということ。音としての浮遊感であれば、リバーブたっぷり効かせて、という印象だと思うのですが、そういう音でもないんですよね。むしろフレーズとメロディーがふわりとした感じなんですよ。少し着地点がなくてルートに戻らずフラフラしている感じというか。アームの多用もそれに効果を加えてるのかな?昔のマイケルシェンカー風味が無いわけじゃないですが、音楽としてはもう別の所に移動していますね。

音楽嗜好と合わせて、かなり異次元を感じさせる音楽ですが、どうも中毒性は高そうです。どこかに解放感を感じさせる音楽、いやあやはり良いギタリストで作曲家ですね。一つだけ注文があるとすれば、あのかつての左手の激烈泣き泣きヴィブラートをもっと出して欲しいなあ、と。アームとは違うんですよね、掛かりが。

|

« 繋がり続けますよね、Oさん | トップページ | またライブに出ることになりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/57146999

この記事へのトラックバック一覧です: 浮遊感:「Maniac Love Station」(足立”You”祐二):

« 繋がり続けますよね、Oさん | トップページ | またライブに出ることになりました »