« 原点進化:「Scenes of Infinity」(LIGHT BRINGER) | トップページ | トルコに行くことに »

2013年6月 3日 (月)

再起動:LIGHT BRINGERライブ@下北沢Garden

さて、先日発売された「Scenes of Infinity」に合わせて、遂に久々の東名阪+仙台+札幌のワンマンツアーが始まったLIGHT BRINGER、ということで初日に行ってまいりました。

Dsc_1246
下北沢Garden、去年Noizのライブで行ったところです。

しかしつい数年前には10人とか20人の前でやっていたセミプロみたいなバンドが、今回は恐らく300人くらいの観客。本当の初期から見ているわけではないですが、ある意味感無量なことです。さてこのライブハウス、途中に一段高いところでフロアが仕切られていること、ステージが比較的高いことがあり、ライブハウスとしてはかなり見やすい、初老に優しい(笑)ところだと思います。

定刻6時、ちょっと過ぎたところで暗転です。ちなみに曲は以下の通りです(某盟友からの拝借です、有難うございます!)。

Hyperion Fallen Angel BURNED 07 真夜中のサーカス Hydrangea 人形が見た夢 孔雀とカナリア JaY Guitar solo espoir
Eau Rouge Mao Keyboard solo 風 if Just Kidding! Yumi Drum solo Venus
Hearn's Heaven
Tales of Promise <アンコール> 開幕〜Resistance Diamond
ということで、新譜からはSE的な「Infinite Fantasy」以外は全て演奏しました。全体で約2時間、かなりボリュームのあるコンサートだったと思います。
まず何よりサウンドバランスが素晴らしかったと思います。ちょっとKeyが小さいところはありましたが、JaYのギターの抜け、リズム隊の大きすぎない支え方、凄くクリアだったと感じました。これは立っている位置にもよるのですが、少なくとも真ん中より少し後ろの私にはそう聴こえましたね。

で、今までと一番違うのがJaYのギタープレイ。サウンド的にはかなりKeyに近い音作りで、タッピングを使うフレーズなどでは一瞬どちらか分からないこともありました。で、以前よりしっかり弾いているし、少なくとも以前より見た目の運指も落ち着いていました。かなり練習したんだろうなあ、というのは直ぐに判りました。

ということで、演奏は鉄壁、と言いたい所ですが、これは初日ということもあるでしょうか、かなり乱れていて、実は今までで一番粗が目立ったライブかも知れません。上に書いたように、サウンドがクリアになった分だけ、どうしても間違ったところまでクリアに出てきてしまうと言う。まあこの辺はメンバー自身がよく分かっているでしょうし、ツアーを重ねる毎にまとまってくる、と期待したいと思います。

さて、さてさて、さてさてさて、

あんなにヘドバンしたら萌え気絶♪

というのが姫で女神で天使で妖精のFuki様。いや、ステージの華は今まで通り、それが更に髪をバッサバッサしてヘドバンかまして相変わらず訳分からんMCしたらそりゃ麗しくて死にます(大バカw)。やっぱりステージで華があってナンボですからね、やっぱり素晴らしいわけですよ。特にパーティーソングの「Venus」でのはっちゃけっぷりの可愛いこと可愛いこと、あれは確かに楽しいわな。

ただ、歌に関してはまだ歌えてないなあ、というか、意外にポップな曲の歌い方がしんどそうだったなあ、という印象。シャウト系の方はまだ良いんですが、押さえ系の歌がかなり不安定で危なっかしいなあ、という。いや、ライブということを考えたらこれだけ歌えりゃ素晴らしいかも知れないけど、求めるものは高いから。

じゃあ、ダメなライブだったのか、といえば全然そんなことはない!

何よりバンドの雰囲気が良かったな、というのが一番でしたね。何故かいじられて客からも愛され始めているJaYが良いですなあ。前も言った「謎の浮浪者風」から、「イケメンお洒落系」に変えてるし、今回JaYへのコールが一番多かったんじゃないかな?あと、恐らく年長であろうYumiの加入が少し気分的な重心をもたらしてるのかもしれないですね。最後に渡されたバースデーメッセージが書かれたスネアヘッドタムヘッド(間違えてました)貰って本当に嬉しそうだったのも凄く雰囲気を良くしてました。Fuki様は恐らくペース配分間違えて後半はばててましたけど、それだけ突っ走っていたわけで、ライブなんてそれを楽しまなきゃ、というね。何かトラブルも楽しいっていうか。

あと、あえて。

「Hearn's Heaven」のイントロが流れてきた時、感無量になりました。バンドがかつてのメンバーであるKAZUの曲を封印していない、ということに、それを今に繋がる「Tales of Promise」と一連で演奏することに(「風」も「Just Kidding!」も、Hibikiとの共作だから少し意味が違う)。私はあえて今回の二人をリーダーとする作品を書くときに、お互いのことを入れずにブログ記事にしていました。でも、今回のこのことについては、一リスナーの勝手な思い入れとして、とてもとても嬉しかった(もしかしたらメンバーは大して考えていないかも知れないけどね)。

まだまだ、まだまだ伸びてもらわなきゃ困るんですよ、LIGHT BRINGERには。今のメタルシーンでも若手ではトップクラスなわけで、ライブももっともっとして欲しいし、広がらなきゃならないバンドなんですよ。前も書きましたが、私のブログなどが検索上位にこないくらいのバンドにならなきゃ。

やっぱりさ、付いて行くしかないだろう?
駄目かなあ?(分かる人は分かる)

|

« 原点進化:「Scenes of Infinity」(LIGHT BRINGER) | トップページ | トルコに行くことに »

コメント

やはり来ていましたか(笑)そうですよね、初日ですし。lovely好きが行かないわけがありません。私は次、渋谷しか行けそうも無いのでここ全力で楽しみました。GARDEN音良かったですね。歌っている時のFuki様はやはり素敵だなぁと改めて思いました。バンドの雰囲気もかなり良かったし本当このまま行って貰いたいなぁ。それとJAYいいですね。ジェイルトンでしたっけ(笑)寂しがり屋で泣き虫みたいですし。あれ私と一緒だ(笑)Fuki様の周りはイケメンしかおらんですねぇ~。でもそれがLIGHT BRINGER!課題は多大有りますが本当に渋谷が楽しみになりました。(渋谷はGacharic Spinと連戦になるので体力が心配です・・・)最後にLIVE前にかかってた陰陽座の次の曲って誰ですかね?なんか気になりまして・・・。

投稿: paruriko | 2013年6月 3日 (月) 16時54分

parurikoさん、

はい、まあ恒例行事ですからねw。ジェイルトンJaY君はスベリ芸を磨いてもらうということですね。Fuki様の麗しさは磐石ですから、あとはちゃんとペース配分すると言うことですね。あれはなんでしょう?Albionかなあ?売り子をやっていたのはAlbionのメンバーだそうです。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年6月 4日 (火) 22時14分

ドイツ特派員さん、ありがとうございます。Albionですか。初めて聞きました。調べてみますね。

投稿: paruriko | 2013年6月 5日 (水) 21時25分

くおおおおおおおおライブうらやましいですねえええ
歌詞カードに挟まってた抽選先行受付見て歯ぎしりしてたくらいですから…

LIGHT BLINGRには伸びてもらわないといけませんよね。
カラオケにもっと入ってもらうためにも(迫真)

投稿: monzip | 2013年6月 6日 (木) 02時26分

parurikoさん、Albionのヴォーカルの方は、Hibikiとセッションもやっています。ただ次のライブが7月6日でArt of Gradationと被ってます。。。。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年6月 6日 (木) 08時38分

monzipさん、

そうです、もっともっと伸びてもらわないと駄目です(キッパリ。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年6月 6日 (木) 08時39分

ドイツ特派員さん、 Albion聞きました!あのボーカルの危うさは間違い無いかと。ありがとうございます。それと、聞いていてあれ?っと思ったんですが、まさかの天狗櫻の歌い手さんじゃないですか!?音源全て持ってますよ(笑)活動停止中だと思ったんですが解散したんですかね?たしか天狗櫻のベースの金髪の娘がHibikiのローディーでしたよね。そして彼女だった気が・・・(笑)

投稿: paruriko | 2013年6月 6日 (木) 21時37分

parurikoさん、そうなんですか、知らなかった。。。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年6月 7日 (金) 07時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/57513793

この記事へのトラックバック一覧です: 再起動:LIGHT BRINGERライブ@下北沢Garden:

« 原点進化:「Scenes of Infinity」(LIGHT BRINGER) | トップページ | トルコに行くことに »