« 想いは届く:アテナフェスティバルVol1@大塚Deepa | トップページ | トルコ放浪その1:イズミールへ »

2013年7月15日 (月)

最強のライブ:LIGHT BRINGER@渋谷www

えー、本日東西の橋渡しであるトルコから帰国しました。

で、即LIGHT BRINGERライブ参加♪
いや、別にこのために日程を調整したわけじゃないかもしれないかもしれないかもねw。帰国して家帰ってシャワー浴びて直ぐに出てくるという、時差ぼけの暇もないですなあ。
Dsc_1428

この渋谷www、元は映画館だったそうで、かなり後ろにスロープが付いています。今までで一番見やすいライブハウスかも知れません。

何しろ、とにかく満員。

ほんとね、もっと古いファンがいることを承知で失礼ながら言えば、2010年の7月に出会い、「これはとんでもないバンドだ」と確信し、今までやったこともないライブハウスへの参戦、新譜、そりゃメンバーチェンジもあったけど、その動員の少なさに、「こんな凄いバンド無いぞ、もっと聴いてくれよ!!!」と言い続けて3年、ここまで来たか、という感慨が勝手にありましたね。そりゃバンドメンバーはそれどころではない苦労や感慨があるのは承知の上で、ですが。

で、暗転してSEから「Hyperion」でスタート。バンド、絶好調、我が姫で女神で天使で妖精のFuki様、もうシャウト一発!!!でガッチリ。もう若干プリンの黒髪が見える金髪をばっさばっさしてヘドバン、

萌え萌えに決まっとる!!w

やっぱりこのバンドの華だよなあ、と思う。特にさ、「Venus」でのはっちゃけっぷりはもうワシ掴みも大概にしろ、この小悪魔!!w。ただ、以前よりも他のバンドメンバーの存在感が増していると思いますね。特にJaYは、完全に弄られキャラとして確立したようで、おめでとうございます(笑)。後はYumiの存在感がいいな、と思います。バックでしっかり重いドラムを叩きつつ、バンドの一員としてのピースになっているから、バンド感が増していますね。Maoはもう今のサウンドの肝となっていますねえ。


もう正直セトリなんぞは順番は覚えていません。で、「Scenes of Infinity」は全曲やり、本編ではそれに加えて「ark」「merrymaker」「Just kidding!」「風」「noah」「Hearn's Heaven」とやりましたね。これで「Continue!?」なんてやってくれたら更に、ということでしょうが、流石に贅沢は言えないなあ。


演奏はもう鉄壁に近くなってますね。ツアー初日で色々細かくやらかしてましたが、今回はそれもなし、特に「Eau Rouge」でのJaYのギターが凄い。運指一つ見ても、本当に練習しまくったと思いますね、それくらい変わってる。音色的にはKeyに近いもので、ここは賛否分かれるところでしょうが、好意的に見ればツインリードからKeyとのハモリに移行したわけで、音色をある程度そろえたい、ということでは、と思います。またこっちの真正面でJaYと目が合うんだ、これがw。今回は各自のソロパートもありましたが、特にYumiのドラムソロの時に手拍子が入ったのはビックリした。普通ないでしょ?それだけ客に向かってドラムソロをやっているということだと思います。


で、Fuki様、シャウト系の歌が並んだ後半はもう圧巻。気になったのは少し抜きの魅力がある「Hydrangea」「風」で不安定だったことかなあ?あの辺は課題かも。が、そんなことは小さい小さい♪。とにかくこれだけメタルシャウト系で歌えるヴォーカルって本当に少ないんじゃない?日本とか男女とか無く、物凄い武器ですよ。しかも妖精で華麗だしさ、相変わらず気絶できるよねえw。
とにかく全体に「楽しい」ライブだったんですよ。Hibikiの物販ダラダラトークもJaYの落ち無しトークも全て許す。Fuki様に至っては殆ど意味がないが全くOK。何か凄く肯定的な空気が充満していたライブでした。正直それが何か分からなかったんですが、それが「バンドの肯定的な空気」というものだと気付きました。そう、楽しそうにやっているんですよ、お互いに。以前からそれはあったんですが、ステージの上の楽しさが一つになっている気がしました。


で、当然「Tales of Promise」で締まるわけもなくアンコールで、「Diamond」をやってから、まさか、まさかの
Love You 

まさかねえ、これが来るとは思わなかった。前回やったアストロホールではまさかの失敗で投げキッスが出来ないという失態でライブの38人程度はショックだったわけですが、今回はそこも決まり、89人は自分に投げキッスされたと思っている野郎ドモw。で、バックにエンディングが流れてるんですけど、またアンコールとなって、更にまさかといえばまさかの
Upstream Children

です。何故か?今までは「Diamond」か「Upstream Children」のどちらかがアンコールだったりで、二つを一つのライブでやったことは無かったんですよ。その意味での「まさか」。
Hibikiが「やっとLIGHT BRINGERでやりたいことをやれるようになった」という発言は、過去の曲も含めて、今の状態で更に高みに出来るようになったという風に思いたい。あくまで過去を否定しているのではない、夫々の高みが更に高くなっているのだと。そこには色々な思いもあるし、セトリから希望したいものもある。であっても、今日のような「重箱の隅をつつくのもアホらしい」くらい素晴らしいライブを見せてくれるのであれば、ドンドン進んで欲しい。今までのラブリーライブで一番楽しいライブだったかもしれないなあ。


いつもながらに殴り書きですが、それでも、これだけロックを聴き続けてきて、これだけ夢中にしてくれるバンドなんです。もっと、もっと、もっと凄いバンドになってくれ!!
Dsc_1429
何故か私に飛んできたYumiのスティックです。

|

« 想いは届く:アテナフェスティバルVol1@大塚Deepa | トップページ | トルコ放浪その1:イズミールへ »

コメント

お久しぶりです。parurikoです。昨日のwww参戦しました。盛り上がりましたね!私は運良く最前列のフッキー前が取れまして、かなり幸せの中拳を振り上げていました。間違いなく今までで一番楽しかったなぁ・・・。残念ながらフッキーとは目が合わなかった(涙)けど他のメンバーとはかなりコンタクトが取れましたよ!!特にJaY。最後にJaY!と声をかけたらぺットボトルを投げてくれました・・・。嬉しいけど、これどうしたらいいか判りません(笑) LIVEの中身は書いてたらキリがないかと思いますので今日は止めときますね(笑)

投稿: paruriko | 2013年7月15日 (月) 16時43分

parurikoさん、参戦でしたか!ご挨拶できればよかったですが、また何処かで会えるでしょう♪。いやあ凄かったですねえ。その位置だと姫の足が上がるたびに目のやり場に困ったのではないでしょうか?でも本当に良く戻してきた、と思いますね。ちなみに私の友人は最後姫が投げそこなったペットボトルをゲットしていましたww。

投稿: ドイツ特派員 | 2013年7月15日 (月) 20時21分

ども。ドイツ特派員さん。次回のLIVEの時は連絡しますね。今ガチャピン終わりました。な、なんとフッキー乱入!!ブラックサバイバルのイントロが流れた瞬間金髪の女神が現れましたよ!!狂気乱舞の盛り上がりでした!まさか2日連続で女神様に会えるとは・・・。俺帰り死ぬんじゃね~か(笑) そしてDOLL$BOXXとしてLoud Twin Starsをやるサプライズ・・・。最高でした。 ガチャピンも過去最高の熱狂LIVE!DVD出ますよょ。多分写ってると思います(笑)

投稿: paruriko | 2013年7月15日 (月) 22時06分

Parurikoさん、な、何と!そういう流れは見えていたといえば見えてましたが、そうですか(遠い目w)。ああいう曲は彼女が合いますよね、イントロのシャウト一発ですから♪

投稿: ドイツ特派員 | 2013年7月15日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/57792566

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のライブ:LIGHT BRINGER@渋谷www:

« 想いは届く:アテナフェスティバルVol1@大塚Deepa | トップページ | トルコ放浪その1:イズミールへ »