« 少し新しいバンド形態で | トップページ | 少し仕事で参ってましてね »

2013年8月14日 (水)

知られざる怪物:「生きとし生けるもの」(Mahatma)

そういえば、書こう書こうと思って忘れていたCDがありました。正確にはCD-Rというアマチュア仕様。

20130711231706038
ミニシングル、「生きとし生けるもの」です。ライブ会場限定だったのですが、我が盟友の一人から購入です。

何度か取り上げたMahatmaですが、基本は割りと普遍的なメロディーがあって、そこに楽器隊が絡みながら、しかも出しゃばらずに盛り上がる、という形だと思っています。ただ、メタルとかジャズとか明確なバックが分からないという意味で、凄く「ミクスチャー」だと思います。

で、今回は2曲入りシングルですが、M1「生きとし生けるもの」は、かなりメタルサイドの音作りだと思います。ただ、最近のメタルより少し前のメタルという色を感じます。相変わらず真ん中にNanaのヴォーカルを置いて、バックは変態技をチョコチョコ入れながらも、脇役的主役(変なんだけどそうとしか言えない)で絡んでいくんですよね。しかし上手いバンドですよ、特にリズム隊、ドラムのHidekiはおかしなパターン叩いてるし、ギターのはずのベース弾いているTsubasaはブインブイン鳴らしてるし。特にギタリストがベース弾くと変にランニング系になるんですが、彼は恐ろしいほど「ベース」のプレーなんですね。で、彼にして珍しくギターソロも熱く弾いてる。Nanaのヴォーカルは、前作の「DREAM/ヒカリとカゲリ」から押しを強調するようになっていましたが、この歌もかなり「強さ」を意識してますね。ちょっと裏返っちゃうんだけど。
で、M2「久遠桜」、綺麗なバラードです。Riekoのピアノから入り、バックが徐々に盛り上げるんですが、少し癖はありますが、割とすんなりと入るバラードだと思います。ギターもそんなに高度な技を使っているわけじゃないし、メロディーを重視した少し抑え目(充分上手さは分かる)の構築美が素晴らしいですね。



なんてね、騙しやがってこいつらw




いや、この曲の白眉はアウトロに向かうところ。このドラムとベースのなだれ込むような絡み、慟哭ですね、慟哭。特に「泣き」というのすら甘い、ドラムHidekiの鬼のような叩きっぷり。でも、それはやっぱり機械的じゃなくて「歌」があるんですよ。ある種の「意思」を感じるというか。
まさに「群馬の怪物」ですよ、このMahatma。あまり知られてなかったでしょうし、今回のCDもCD-Rでしかも限定。それじゃ勿体無さ過ぎますな。ただ、あの「Burrn!」の編集部員のお薦めコーナーで出たらしいし、もっと知られるべきバンドです。

オマケ、ギターのTsubasaのマルチっぷりがわかるのがこの動画。このドラムはありえないでしょ?何でもドラムマガジンのコンテストで2位取ったらしく、その時の1位はHidekiだったらしいw。

|

« 少し新しいバンド形態で | トップページ | 少し仕事で参ってましてね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/57993067

この記事へのトラックバック一覧です: 知られざる怪物:「生きとし生けるもの」(Mahatma):

« 少し新しいバンド形態で | トップページ | 少し仕事で参ってましてね »