« トリオバンドの選曲が決まった、が。。。。 | トップページ | 定番を持ち使い倒す、ということ »

2013年9月22日 (日)

進化と強固さ:Mahatmaライブ@両国サンライズ

両国と言えば普通は相撲、日本人なら相撲です。絶対的に相撲な筈なんですが、何故かそこは殆どスッ飛ばかして誰もわからないような場所にあるライブハウスへ行ってまいりました。

Dsc_1522
久々の群馬の怪物バンド(と勝手に言っている)、Mahatmaです。この日は3バンドの対バンです。   

少し対バンの2バンドについて、最初のTHE STROBE OUT STRINGS、元気の良い日本のロックバンド、という感じがしました。まだリズム隊が合ってなかったりスコンと隙間があったりで、改善の余地はありますけど、もっと練ってきたら良いバンドになるんじゃないかな?で、ちょっとビックリしたのが最後のUlma Sound Junction、これはかなり凄いです。B兼Voが何しろ歌が上手い。バンドも演奏能力高いし、ヘヴィーなんだけど叙情性はあるし。ちょっと気になります。

で、お目当てのMahatma。一年振りですね。リストは以下の通り(覚えてないから他の方から拝借w)。

Dream
Vacant
Moon & Dance(新曲)
Passion
Clap!!
一曲目から感じたのは、「ロックな強さ」。前回見たときのMahatmaって、演奏能力が恐ろしく高くて曲が複雑(なんだけどポップさもある)で、非常に「演奏を見せる」という感じがあったんですね。ところが一年経っての今回、凄くハードさ、動きを意識してるなあ、と思いましたね。演奏隊はもう恐ろしいまでの水準ですから、そんなことが増えて破綻するわけもなく、完全に新しく(私にとってはですが)加わった好材料。特にVoのNanaの歌い方がまた力強くなっていて、正直CDよりも良いんじゃないかなあ?ってくらい。

あと、それに付け加わるのが、「楽しさ」っていう部分。別にMCで笑わせるとかではなくてそっちどちらかというと単に喋っているグダグダなんですけど(笑)、音楽を聞かせる中で、「この音楽を聴いていて楽しいねえ」と感じさせるものが増えた。それは良く動くようになったGのTsubasaだったり、ショルキーで前に出てくるKeyのRiekoだったり(あの、ちなみに言いますが、Riekoさん、以前よりとてもセクシーになられて私は大好きで御座います)

もう演奏は言わずもがな。今回の新曲であるMoon & Dance、1920年代のパリ、という趣のおしゃれな曲ですが、引き出しの多さに脱帽ですね。それにしても最後のTsubasaの弾きまくり、ここまで弾いたのは今回が初めてなんじゃないかな?それにしてもこんだけ弾ける人がどうしてまだ無名なの?ギターかじっている私から見たら本当に不思議なくらい。まあメンバー皆(サポートのBも何やってるの?ってくらいの恐ろしいテク)物凄いテクだし、それが楽曲の中で「見せびらかし」になってないんですよね。基本は「分かりやすいメロ」があるからだと思いますけど、このバランスを含め、メンバーが言う「群馬共和国」だけにいるのは余りに勿体無いです、正直群馬ベースは変えて欲しくないですけどね。

その中でのこのバンドの優しき怪物、DrのHideki、通称ひでじい。

どう考えてもあなたおかしいでしょ?

なんですかあの訳の分からんドラム、しかもニコニコしながらやってますよねあーた。凄いのは、繰り返しになりますが歌メロのところで出しゃばるわけじゃないんですよ、すげーことしてるのに。でもドラムソロの鬼神の如き叩きまくり。ジャズやフュージョンとは違う、ロック感満載なんだけど繊細な部分も持ち合わせた叩きっぷり。ちょっと比較するものがないです。

音のバランスの良さ(最初ハウってたけど)も含め、良い意味で押しが出てきましたし、楽曲も充実してきた。だから一つ要望は、ミニアルバムを連続させるんじゃなくて、フルアルバムを出して欲しい。それは今までのものを再録、というのもありでしょう。今のMahatmaを総括する形でもいいから、フルの形でもっとアピールして欲しいな、と思います。

また次のライブが楽しみになってきました♪

|

« トリオバンドの選曲が決まった、が。。。。 | トップページ | 定番を持ち使い倒す、ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/58242055

この記事へのトラックバック一覧です: 進化と強固さ:Mahatmaライブ@両国サンライズ:

« トリオバンドの選曲が決まった、が。。。。 | トップページ | 定番を持ち使い倒す、ということ »