« 北海道旅行その1:北の知性を見る | トップページ | 北海道旅行その3:北の観光を見る »

2013年10月 7日 (月)

北海道旅行その2:北の嗜好を探る

さて、北海道一日目をアカデミックに終えたわけですが、旅はやはり食事!ということで、「名物に旨いものなし」とは言うもののやはり外せないご当地グルメ。

Dsc_1537 Dsc_1536
お約束ですな。ジンギスカン♪いやあ厚手の肉で旨かったですな。

で、ここから一気に北海道の嗜好品を探る旅(何ていいながら只の偶然w)に変わります。

翌日は札幌近郊の小樽をスッ飛ばかして余市に行ってきました。余市は積丹半島の付け根ですが、ニッカウヰスキーの蒸留所がありまして、そこを見学に。
Pa034416
駅の横と言ってもいい立地です。
とにかくここ、工場なんですが中が凄く広々としていて気持ちいいんですよ。北大のキャンパスもそうでしたが、とにかくいいなあ。
Pa034390
蒸留塔、中でぐつぐつと液体が動いていました。
Pa034401
ウイスキー樽。
Pa034403
まるでキャンパスのような工場。
Pa034397Pa034398
歴史を感じます。
当然中にはバーカウンターがあり、そこで樽だしのヴィンテージモノを(有料ですが)飲ませてくれます。
Pa034408
渋いおじさまがやっておられます。
Pa034413
ニッカ歴代のCMキャラクター。これまた渋い。
知らなかったのですが、ここの創業者は戦前スコットランドでウイスキーを学んでいるときに出会ったスコットランド人の女性と結婚(これが美人なんだな)、そのまま日本でずっと生活していたそうです。敵国人としてどうしていたのか、どうご主人が守ったのか、少し想像してしまいますね。
正直あまり期待していなかったのですが、凄く雰囲気があり、天気の良い日に歩くのは気持ちがよく落ち着くところですね。私は呑めないから匂いはちょっときついところがありますが、それでも行って損はないな、と思います。
で、余市というのは海岸にあるわけで、当然海鮮モノが名物なわけで。
Dsc_1542
貝の丼、1200円だったかな?非常にプリプリしていて美味しゅうございました。
この後、札幌近郊最大の観光地、小樽に向かいます。

|

« 北海道旅行その1:北の知性を見る | トップページ | 北海道旅行その3:北の観光を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/58340733

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行その2:北の嗜好を探る:

« 北海道旅行その1:北の知性を見る | トップページ | 北海道旅行その3:北の観光を見る »