« 「どうなる」じゃなくて「どうする」 | トップページ | 素晴らしきかな:「とんかつかつ壱」(東京・目黒) »

2014年1月 7日 (火)

今年の目標に従って:クラシックギター体験レッスンに行ってきた

嫌だよう、なんでこの大寒波のアメリカに出張して、

お前、ミルウォーキーも回ってきて、ついでにロングアイランドもな
って。西海岸だけって言ったじゃないかああああ!
........
と泣き言を言っても始まらないサラリーマンの悲哀は世界共通な訳で。今年も既に一週間が経過しましたが、皆さん、自分の年頭方針覚えてますか?
細かなことは別にして、今年は「やりたいことは極力やる」をテーマに生きていこうと思っています(「今までと変らんがな」という突っ込みはなしでw)。で、そこに従った第一弾が今日ありまして、
クラシックギターのレッスン体験
でした。

実は私、ギターレッスンは10年以上前に受けていて、その時も「やはりプロは違うよね」という思いだったのですが、単身赴任だの転職だのバンドだので暫く遠ざかっていました。で、

こんなことではいかん!!!!

といきなり正月に思ったのが運のつき。で、レッスンやったからと言って凄く速く弾けるとかじゃないんですけど、少しのヒントとかが重要なんですよ。「え?」って思うのが結構あります。

基本的には音楽云々よりも、手の動きのメカニカルな所を上達させたいんですね。楽譜がすらすら読めるわけじゃないし、それはそれでやらなきゃならないんですが、まずは下手な指の動きをどうすればよく出来るか。それよりもまずは自分で一曲は弾けるようにならないと駄目ですな。何というか、「ダイエットしたくて水泳したいけど、そこに行くのに体がみっともないからダイエットの水泳に行けるようにダイエットする」みたいな感じですかねw。

まだ体験レッスンですからどんな先生とかは書きませんが、こうやって書いているわけですからとても楽しかったのは事実です。体験レッスンは30分、って書いてあったんですが、何故か50分くらいやっていたということも、その証拠かな?

そりゃ相手はそういうことのプロですから、お客である我々の気持ちを上手く乗せて生徒にするというのが大事な仕事だと思います。で、それが分かった上で、やはり相性とか直感というのはあると思う。前に習っていた先生も(ドイツ在住の日本人)やはりそういうところの相性が良かったのだと思います。先生も人の子ですから、「こいつ正直辞めてくれないかな」という生徒も居るんだそうで、そうならない先生側からの感情というのも当然あるはず。

恐らくこのまま習いに行くことになると思いますが、どの程度上達するかはよく分からんです。が、こうやって追い込まないとやらない性分なんで、頑張ってみようと思います。

続きはWebで♪

|

« 「どうなる」じゃなくて「どうする」 | トップページ | 素晴らしきかな:「とんかつかつ壱」(東京・目黒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/58903102

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の目標に従って:クラシックギター体験レッスンに行ってきた:

« 「どうなる」じゃなくて「どうする」 | トップページ | 素晴らしきかな:「とんかつかつ壱」(東京・目黒) »