« つわものどもが夢のあと:ヘルシンキ・スオメンリンナ島 | トップページ | 歌うギターとは?:「Bridge to Eternity」(Kazu/Art of Gradation) »

2014年4月17日 (木)

お土産なんぞ探しに:あんなものやこんなものや

さて、ダラダラと過ごしたヘルシンキ、今は「北欧デザイン」と言うのがブームらしいんですが、そこは余り気にせずに行くと、当然この辺りに落ち着くわけです。

P4095521
イッタラのショップディスプレイですね。   

何しろムーミン、前も上げたマグのほかにもこれだけ。買ったのは三個ですがw。

Dsc_2068 Dsc_2054
これの一番下の真ん中、これが前の記事にも上げた100年記念マグ。ちなみにその上の真ん中二つはイッタラのアウトレットで買った新しい奴ですね。その右の写真、その他諸々を詰めてこれを持って日本までw。
あと、雑多に気になったものを今回の欧州出張写真から上げてみますとこんな感じ。
Dsc_2056
ヘルシンキの不動産価格です。余り日本と変わらないと思いますね。ちょっと現地の人と話したんですが、やはり物価は上がっていて生活はきつい、と言うことらしいです。
Dsc_2075 Dsc_2076
デュッセルドルフ小景。最初は二部に落ちてしまったフォルトゥナデュッセルドルフ、去年まで清水にいる大前元紀がプレイしていました。その次は、デュッセルドルフの地ビール、アルトの数々。実際にはもう少しあるはずですが、全部そろえたいですねえ。
Dsc_2079
何ぞ?と思いましたが、これもデュッセルドルフ。ヨーロッパでもコスプレする奴はいて、そういう中でもコアで近郊に居る連中は、日本文化が比較的容易に入手できるデュッセルドルフを目指すらしいです。言っておくと左から二人目は、断じて女神で姫で天使で妖精のFuki様ではない、断じてないw。
Dsc_2058
ヘルシンキに戻って、このあわびのような食べ物はパン。カレリアンピーラッカっていうそうで、下がパイになっていて、中には米が混ぜてあります。ライスプディングみたいですが、ちょっと甘い。
Dsc_2062 Dsc_2065
帰国の時のフィンエアーラウンジ。流石に陶器はイッタラでしたね。
さて、そろそろ現場復帰と行きましょうか(遅いってさw)。

|

« つわものどもが夢のあと:ヘルシンキ・スオメンリンナ島 | トップページ | 歌うギターとは?:「Bridge to Eternity」(Kazu/Art of Gradation) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/59481851

この記事へのトラックバック一覧です: お土産なんぞ探しに:あんなものやこんなものや:

« つわものどもが夢のあと:ヘルシンキ・スオメンリンナ島 | トップページ | 歌うギターとは?:「Bridge to Eternity」(Kazu/Art of Gradation) »