« W杯の日本代表にまつわる思い | トップページ | ルールが変わったと思うこと »

2014年7月 1日 (火)

このギターが欲しい、欲しい、欲しいったら欲しい

ちょっと最近音楽の嗜好が変わってきたせいか、ギターの好みも変化しています。

一番大きいのは音。とにかくリアのトーンが欲しい。トーンなんて要らない、という人も多いですが、私はどうしても欲しくて。
あと、とにかく軽くて弾き易いギターがいいな、という。「当たり前じゃないか?」という声もあろうと思いますが、意外に「弾きにくいギターを弾きこなす」というのが私の世代では優勢だった気もします。
なーんてことを考えていると、ちょっとガツンと来るギターが。

このストランドベルグギター、実は日本の楽器店に展示しているのを見て「こ、これは。。。」と入ってきたという奴です。形はスタインバーガー系とも言えるヘッドレスタイプですね。

Bd6ill1
で、見て分かるとおり真っ直ぐフレットを打っていない。これ、「ファンフレット」ってやつで、低音弦側が広がっていて、テンション感を失わないように、ということらしいです。
Endurneckill300x1024
更にユニークなのがネックの形状。Endurneckというらしいのですが、親指が置かれるところが低音から高音に掛けてカーブが掛けてあるんですね。
PUはパッシブ・アクティブとも選べるみたいですが、問題はお値段で、直接頼むと3250ドル。日本で買うと45万くらいということで、どっちにしても高い。今は生産能力の関係で、普通のラインでも注文を受けて順番に作る形になっています。ちなみに工場はアメリカのウォッシュバーンだそうです。
元々はヴィンテージライクなギターが好きだったんですが、最近はむしろこれくらい尖がったギターが面白いかな?と思っています。これも自分の指向の変化だと思いますが、その辺は流れに乗って、なんて思ってますが、
買えるのか?をい!w

|

« W杯の日本代表にまつわる思い | トップページ | ルールが変わったと思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104193/59913127

この記事へのトラックバック一覧です: このギターが欲しい、欲しい、欲しいったら欲しい:

« W杯の日本代表にまつわる思い | トップページ | ルールが変わったと思うこと »